マナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

マナmana)は、太平洋島嶼で見られる原始的な宗教において、神秘的な力の源とされる概念である。魔法超能力といった尋常ならざる特別な力の源とも言われている。

概要[編集]

遍在する超自然的な力で、これを槍や網などの道具類、もしくは病気・疲労などで衰弱した人に注入することによって、より望ましい状態に変化させることができると考えられている。

マナの存在を西洋社会に初めて紹介したのは、イギリス帝国の宣教師であったロバート・ヘンリー・コドリントン英語版(1830-1922)の『メラネシア人』によってである。彼は、メラネシア土人が際立って早く進むカヌーを説明するとき「あのカヌーにはマナが宿っている」という言い方をすることから、マナという非人格的な力の観念が存在することを指摘した。

マルセル・モースは著作『呪術論』の中で、以下のように述べている。

  • 「マナは単に一つの力、存在であるのみならず、一つの作用、資質および状態である。換言すれば、この語は、名詞であると同時に形容詞、動詞でもある」
  • 「我々が妖術使いの力、ある事物の呪術的資質、呪術的事物、呪術的存在、呪術を持つ、まじないをかけられる、呪術的に作用する、といったような言葉で持って示している雑多な観念を包摂している」

つまりマナは資質であり、実体であり、力である。

クロード・レヴィ=ストロースによれば、「通常の能力・状態に宿る神秘的な付加要素」と規定されている[要出典]

マナの登場するファンタジー作品[編集]

神秘的な力の源とされたマナが、ラリー・ニーヴンの小説『魔法の国が消えていく』などにおいて魔法の力の源とされた。「数値化が可能である」[1]ため、その設定が中世風の世界背景を持つファンタジー小説・ロールプレイングゲーム等で使用されることがある。

脚注[編集]

  1. ^ 山北篤監修 『魔法事典』 新紀元社