GA文庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

GA文庫(ジーエーぶんこ)は、SBクリエイティブ(旧社名・ソフトバンククリエイティブ)が刊行するライトノベル系の文庫レーベル。2006年1月14日創刊。

概要[編集]

創刊当初は編集部において作品投稿の受け付けのみを行っていたが2008年2月、公募新人賞としてGA文庫大賞およびGA文庫テーマ大賞を創設。同年8月よりムック『GAマガジン』を発刊している。

主に少年少女向けの作品を取り扱っており、幅広い層にも人気が高く、近年ではメディアミックスの展開も続々と進行している。レーベル名の「GA」が何の略であるか公式の説明は無い。

収録作品はオリジナル作品の他「戦塵外史」シリーズ(初出:角川スニーカー文庫および角川ノベルズ)や「デモンズサモナー」(初出:サークル文庫)、「ここは魔法少年育成センター」(初出:スクウェア・エニックス/EXノベルズ)等の過去に他社から刊行された作品の再録や「ナハトイェーガー」「ジョン平とぼくと」「迷宮街クロニクル」等の創刊当時としては珍しいオンライン小説として発表された作品が比較的多い。他のレーベルに多く見られる漫画アニメコンピュータゲーム小説化作品は創刊から1年ほど主力タイトルである「神曲奏界ポリフォニカ」を除き存在しなかったが、2007年に「アルトネリコ」が刊行されて以降、「ブラックマジック」や「マップス」など漫画原作のシェアード・ワールド作品も刊行、2008年刊の「神曲奏界ポリフォニカRPG」でテーブルトークRPG関連にも対象ジャンルを拡大している。

かつてソフトバンククリエイティブが発売していた漫画単行本レーベル・フレックスコミックスと双方の折り込みチラシへ広告を相互出稿している他、ウェブコミック誌『FlexComixブラッド』および『FlexComixネクスト』で「神曲奏界ポリフォニカ」「メイド刑事」「おと×まほ」等の漫画化作品が連載されていたが[注 1]2011年にフレックスコミックスがソフトバンク傘下を離脱した前後からはスクウェア・エニックス(スクエニ)の雑誌に漫画化作品が掲載されることが多くなった。次第にガンガンONLINEとGA文庫との交流が深まり、契約コラボレーションする形で「ガンガンGA」という特設サイトも設けられている。故に小説、漫画、映像、ゲーム、商品化などで両社の利益向上の糧となっている。また、文庫オリジナル作品のテレビアニメ化が発表された前後からはライトノベル市場で競合関係にあるKADOKAWA角川書店富士見書房)や集英社の雑誌でも漫画化作品が連載されている。「GA文庫マガジン」に連載された作品に限り、自社販売となっている。

アニメ化作品は長らくゲーム原作(但し、メディアミックスの中心は小説に移った状態)の「神曲奏界ポリフォニカ」のみであったが、2012年から文庫オリジナル作品から「這いよれ! ニャル子さん」シリーズ、「織田信奈の野望[注 2]俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」などが相次いでアニメ化された[注 3]。この他、実写では「メイド刑事」がドラマ化、「ライトノベルの楽しい書き方」が映画化されている。

GA文庫編集部が製作を担当している画集・設定資料集・ファンブック等や、『ザナドゥ コンプリートコレクション』など一部のゲーム復刻版も、サイズは文庫判ではないものの「GA文庫」レーベルで刊行されている。

サブレーベルのGAノベル2016年に創刊された。2019年10月は「魔女の旅々」と「スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました」がGAノベルとして初のアニメ化が発表された。なお2020年現在、レーベルのおよそ半数が進行諸島作品で占められており、毎月なんらかの作品が発売されている。

当初はラブコメや日常系をメインに送り出してきたが、GAノベルが発足したあたりから、「小説家になろう」で掲載された異世界ファンタジー系の作品が急速に増加していった。

ムック・雑誌[編集]

GAマガジン[編集]

2008年8月に発刊したムック。不定期刊。

  • Vol.1 2008年8月9日発売
    付録:「神曲奏界ポリフォニカ」コーティカルテ抱き枕カバー・「おと×まほ」イメージソングCD
  • Vol.2 2009年5月21日発売
    付録:「神曲奏界ポリフォニカ」&「CARNELIAN」特製ポスター
  • Vol.3 2009年12月19日発売
    付録:「神曲奏界ポリフォニカ」コーティカルテ抱き枕カバー へそ出し・「神曲奏界ポリフォニカ まぁぶる」
    「這いよる!ニャルアニ」新作DVD
  • Vol.4 2010年8月10日発売
    付録:「神曲奏界ポリフォニカ」コーティカルテ抱き枕カバー 下着姿・第2回GA文庫大賞受賞作アンソロジー「ふれっしゅ!!」
    「這いよれ! ニャル子さん」飛び出す3Dうちわ

GAマガジンクリエイターズ[編集]

GA文庫のイラストを纏めたムック。不定期刊。

  • Vol.1 2010年3月24日発売
    付録:「神曲奏世界ポリフォニカ」コーティカルテ抱き枕カバー
  • Vol.2 2011年4月6日発売
    付録:「神曲奏世界ポリフォニカ」コーティカルテ抱き枕カバー(イラスト:赤りんご)

GA文庫マガジン[編集]

2012年1月12日から配信されている電子書籍である月刊誌だったが、2014年4月10日号から月2回刊になった(毎月第2・4木曜日更新)。2015年12月24日号にて一区切りしたらしく、以降は配信されていない。全65冊。

Web番組[編集]

特筆がなければ、提供はGA文庫である。

GA文庫公式チャンネル[編集]

大坪由佳のツボンジュ~ル☆[編集]

2012年10月15日より配信開始されたWeb番組。放送時間は40分以上。2015年12月26日にかけてほぼ月1回(第21回から第30回までは月2回)定期放送された。終了後も特番という形で2017年まで年1回復活した。GA文庫の作品の宣伝や、お便り紹介、ゲストを呼んで遊ぶ様子などを放送する番組。

ガンガンGAちゃんねる[編集]

2014年4月3日より配信開始されたWeb番組。放送時間は約50分。パーソナリティは当初は固定されていたが、開始1年を機に新たなメンバーとの交代制になった。

2019年10月19日には「ガンガンGAちゃんねるスペシャル GA FES!」と題した大型生放送が実施された。

大森日雅のおやすみマーメイド[編集]

2014年8月15日より配信開始されたWeb番組。GA文庫「提供」ではなく「協力」の番組で、本放送はListenRadio 「メゾン・ド・イーコエ〜もしも声優がいっぱいいるマンションがあったら〜」チャンネルで放送されたラジオ番組であるが、その各回の放送前に、3分未満の(第58、59回を除く)コメントメッセージ動画がGA文庫公式チャンネルにて放送されていた。後に本放送が超!A&G+に移動するが、このコメントメッセージ動画は継続されていない。

ちゃんゆいとちゃんりなのちゃんラジ!![編集]

2020年7月31日より配信開始されたWeb番組。毎月1回、毎月最終金曜日21時よりYouTubeのGA文庫チャンネルにて放送中。放送時間は約40分。アーカイブが同日22時より配信。10月30日放送回からマンガUP!でも配信を開始し、放送日の翌日0時に更新。パーソナリティは小倉唯日高里菜。当初は2020年4月からの開始を予定していたが新型コロナウイルス感染症蔓延のため7月にずれ込んだ。7月31日初回放送を第0回プレ放送とし、「小倉 唯&日高里菜 新ラジオ(仮)」の仮タイトルの番組名も現在のものに正式決定し、翌月8月28日回から第1回放送とした。

GA文庫のアニメ作品[編集]

作品 放送年 アニメーション制作 備考
神曲奏界ポリフォニカ 2007年 (1期)

2009年 (2期)

銀画屋(1期)

ディオメディア(2期)

這いよれ! ニャル子さんシリーズ 2009年-2013年(1期、2期)

2015年 (3期)

XEBEC
織田信奈の野望 2012年 Studio五組 ×

マッドハウス

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 2013年 A-1 Pictures
のうりん 2014年 SILVER LINK.
異能バトルは日常系のなかで 2014年 TRIGGER
聖剣使いの禁呪詠唱 2015年 ディオメディア
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかシリーズ 2015年 (1期)

2017年 (2期)

2019年 (3期)

2020年 (4期)

J.C.STAFF
落第騎士の英雄譚 2015年 SILVER LINK. × Nexus
最弱無敗の神装機竜 2016年 Lerche
ハンドレッド 2016年 プロダクションアイムズ
りゅうおうのおしごと! 2018年 project No.9
ゴブリンスレイヤー 2018年 WHITE FOX
超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 2019年 project No.9
魔女の旅々 2020年 C2C GAノベル
たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語 2021年 ライデンフィルム
スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました 2021年 REVOROOT GAノベル

イベント[編集]

  • 2015年5月10日に、レーベル設立10周年記念として横浜市神奈川県民ホールで「GA文庫10周年アニバーサリーフェスタ!」が開催された。秋葉原で行われるKADOKAWA系のイベントと異なり有料で、昼と夜の2部構成だった。
  • 2016年3月6日は、舞浜アンフィシアターにてガンガンGA FES.が開催。スクエニと合同企画のため、GA文庫とは関係ないが当時テレビアニメが放送されていた『dimension W』も出展した。
  • 2015年冬までは不定期ながらコミックマーケットに出展していた(2015年は「落第騎士の英雄譚」×「最弱無敗の神装機竜」として)。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ なお、Bbmfマガジンが刊行しているGAコミックスは2008年にBbmfマガジンと合併した旧グリーンアロー出版社の社名に由来するレーベル名であり、GA文庫とは無関係である。
  2. ^ 2012年放映当時。作品は後にKADOKAWAへ移行している。
  3. ^ 「這いよれ! ニャル子さん」は地上波アニメ化される以前にFLASHアニメが製作され、BS11デジタルで放送されていた。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]