のうりん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
のうりん
ジャンル 農業学園ラブコメディ
小説
著者 白鳥士郎
イラスト 切符
出版社 日本の旗 SBクリエイティブ
(旧・ソフトバンク クリエイティブ)
レーベル GA文庫
刊行期間 2011年8月15日 -
巻数 既刊12巻(2016年3月現在)
漫画
漫画
原作・原案など 白鳥士郎(原作)
松浦はこ(構成協力)
切符(キャラクター原案)
作画 亜桜まる
出版社 日本の旗 スクウェア・エニックス
掲載誌 ヤングガンガン
レーベル ヤングガンガンコミックス
発表号 2012年7号 - 2015年12号
発表期間 2012年3月16日 - 2015年6月5日
巻数 全8巻
漫画:のうりん プチ
原作・原案など 白鳥士郎(原作)
切符(キャラクター原案)
作画 琴慈
出版社 スクウェア・エニックス
掲載誌 月刊ビッグガンガン
発表号 2013年Vol.09 - 2014年Vol.09
発表期間 2013年8月24日 - 2014年8月25日
巻数 全2巻
漫画:のうりん-野生-<ガイヤ>
原作・原案など 白鳥士郎(原作)
切符(キャラクター原案)
作画 町田とし子
出版社 SBクリエイティブ
掲載サイト GA文庫マガジン
発表号 2013年10月号 -
発表期間 2013年10月17日 -
巻数 既刊2巻(2015年3月現在)
ドラマCD
レーベル HOBiRECORDS
発売日 2012年4月27日
枚数 2枚組
アニメ
原作 白鳥士郎
監督 大沼心
シリーズ構成 横手美智子
キャラクターデザイン 小野田将人
音楽 菊谷知樹松田彬人
アニメーション制作 SILVER LINK.
製作 のうりんプロジェクト
放送局 #放送局を参照
放送期間 2014年1月 - 3月
話数 全12話
テンプレート - ノート
プロジェクト ライトノベル漫画アニメ
ポータル 文学漫画アニメ

のうりん』は、白鳥士郎による日本ライトノベルイラスト切符が担当している。GA文庫SBクリエイティブ〈旧・ソフトバンク クリエイティブ〉)より、2011年8月から既刊12巻(2016年3月現在)が刊行されている。

概要[編集]

「のうりん」のキャラクターをラッピングした路線バス(JR岐阜駅前バスターミナルにて撮影)

農業高校を舞台に、農業に青春をかける農業高校生たちの日常を描く。作品のジャンルは「農業系学園ラブコメディー」[1]。内容はギャグが中心で、多くのパロディや下ネタを含んでいる。その一方で、現代日本の農業の問題点も取り上げられている。

「みんなで選ぶベストラノベ2011」コメディ部門第1位。第一回ラノベ好き書店員大賞中国語版1位受賞。

2012年には『ヤングガンガン』にて漫画版の連載が開始され、ドラマCDが発売された。2013年3月にテレビアニメ化が発表され[2]2014年1月より3月まで放送された。詳細は#テレビアニメを参照。

あらすじ[編集]

岐阜県立田茂農林高等学校、通称「のうりん」の生産科学科2年A組栽培専攻に所属する畑耕作(はた こうさく)は、アイドルの草壁ゆか(くさかべ ゆか)に熱を上げるちょっぴりアイドルオタク。同じく2年A組の栽培専攻に所属する世話焼き幼馴染・中沢農(なかざわ みのり)、頼れる親友の眼鏡美少年・過真鳥継(かまとり けい)、同じく2年A組だが畜産専攻の巨乳少女・良田胡蝶(よしだ こちょう)らとともに、明日の日本農業を担うべく騒々しい高校生活を送っていた。

そんなある日、「超人気アイドル草壁ゆか、電撃引退!」の報に衝撃を受け、耕作は寮の自室に引きこもってしまう。同じく寮生の農と継に引かれて教室まで来ると、担任のアラフォー独身女教師・戸次菜摘(べつき なつみ)が転校生を連れてくる。その転校生は、ゆかにそっくりな美少女・木下林檎(きのした りんご)だった。

登場人物[編集]

の項はドラマCD版・テレビアニメ版同一のもの。

田茂農林高等学校[編集]

主要人物[編集]

畑 耕作(はた こうさく)
声 - 浅沼晋太郎
主人公。名古屋市生まれ[3]、岐阜県立田茂農林高等学校生産科学科2年A組栽培専攻。ひなびた農村である愛生村から同校へ進学し、校内に併設されている学生寮「青田寮」に住みながら学級委員と寮長を兼務している。アイドルオタクで、アイドルの草壁ゆかに熱を上げるあまり、自室をグッズ(市販だけでなく自作も含む)だらけにするほど熱中していた(ただし、林檎の転入後にはグッズの大半が処分された)が、林檎の芸能界引退→転入で幼馴染の農を含めた三角関係に立たされる。農が妊娠したと誤解したことから故郷の村おこしイベントの一環として結納まで行う破目になったり、ベッキーの父親と意気投合したことからお見合いさせられて寮へ押し掛けられるなど、女性関係では散々な目に遭っている。足裏フェチや脇フェチでもあり、その類のコレクションはあまり売られていないため、自分で記録・保存している。農以外にも多くの女子から好意を寄せられているが、気付いていない(ただし過真鳥継と比べると、女性人気は雲泥の差である)。その一方で男性からもローズ花園からは本気、その他男子からはアクシデントによって言い寄られたりもしている。
学校の成績では及ばないが、農業技術に関しては自分より上だと、継より高く評価されている。議員相手に勝負を挑んだり、作中で登場する異才の生徒たちが行動を起こす時も、何かと頼られることが多い。マネー金上からはA組の優等生のひとりとみなされ、林太郎からは「俺たちのリーダー」と持ち上げられる(女湯覗きに関してであるが)など、四天農からも一目置かれる存在である。10巻においては各務原幸子から、次期生徒会長を引き受けるように打診される。
零細農家としての経験から、農薬の使用には安全性が保証される範囲内で肯定的。農協を支持しており、継や良田の立場には批判的である(ただし、個々の農家の努力を評価しようとしない姿勢には批判的。また、就職先としても難色を示している)。
農業に憧れた両親に連れられて、都会から農村(愛生村)に引っ越したものの、両親は農業に失敗し、かつ母親は過労死するという過酷な過去を持つ。以来、父親は農業を放棄し他所に働きに出て、そのため耕作は中沢家に預けられ、父親とは何年も会っていない。また、そのために愛生村では「きれいごとばかり言って田をダメにした男の息子」[注 1] という見られ方をする微妙な立場であり、表立ってではないが、農たち中沢家以外の村民たちからは敬遠されやすい存在である。耕作自身は過去のこととして割り切っており、普段は明るく振る舞っているが、村の中にはそのようには受け取っていない者(特に村長や組合長などの村の実務権力者たちに多い)もいて、一度愛生村に戻った時には、とあるきっかけから胸中に溜めた思いを吐き出すことになる。
木下 林檎(きのした りんご)
声 - 田村ゆかり
ヒロインの1人。2年A組栽培専攻。以前は東京で超人気美少女アイドルの草壁ゆか(くさかべ ゆか)として活躍していた。ハードな芸能活動で身心ともに疲れ切っていた時期に耕作から贈られた野菜を食べてこの味に感動し、またそれに同封されていたファンレター(実際は農が書いていた)で田茂農林の存在を知って突然引退。2年生の春に転入し、青田寮で耕作達と生活を共にすることになった。ただし共同生活を送っている耕作たち以外の同級生には「草壁ゆかのそっくりさん」という形で接して日常生活を通している。農業については初心者であったが、それに付き物の悪臭や害虫を気にしない性格ゆえに慣れていく。アイドルとして気の張った生活を送り続けていたためか、田茂農林での生活では毒舌が目立ち、後述する嫉妬深さも相まってドS傾向が見られるが、耕作自身はそれが彼女の優しさの裏返しである事に気付いている。
作中の女性の中で最も美形であるが、同時に貧乳でもあり、それがコンプレックスになっている。アイドル時代に受けた精神的疲労から笑顔を出せなくなったため、ほとんど感情を表に出さないが、耕作と継で下着談義で盛り上がってみた際には思いっきり呆れ顔になるなど、感情が埋没しているわけではない。耕作たちと寮で一緒に生活するうちに、アイドル時代の作り笑いとは異なる自身の「本当の笑み(喜び)」を取り戻していく。その生活の中で耕作へ特別な感情を抱くようになり、嫉妬する一面も見られる。
一方、農とは田植えの際にコスプレで張り合ったり、耕作と農が接近し出すとアイドル時代の衣装を持ち出して彼のためだけに「草壁ゆか」の封印を解こうとするなど、耕作がらみで何かと対抗心を持つ。しかし農との関係に関しては、時に極めて険悪になったり、逆に百合に近い関係になったり、耕作がらみで共闘したりと、関係が一定しない。ある偶然から第7巻時点で耕作が本当の意味で自分(アイドル「草壁ゆか」ではなく、同級生「木下林檎」そのもの)に惚れていると知り、第8巻時点では農に対して、勝利者として優越感に満ちた態度を示す。
実はかなりのハッカーであり、パソコンを扱わせると、指が四十本あるかのような高速タイピング技能を示し、「まるで何かの映画のような感じ」とまで言われる。耕作曰く「草壁ゆかにはネット上にもほとんどアンチがいない」であるが、実際は林檎は自らの身を守るためハッカーとしての技能を身につけ、自分への悪いコメントを削除していたための模様。また、大食漢でもあるために食べ物には弱く、それをくれる人を過剰評価したり、食べ過ぎて激太りすることもある。サッカー漫画好きで、『キャプテン翼』は「ライジングサンまで全部読んでる」と豪語する[4]
11巻末「X限(次巻予告)」にて『ありがとう』と書かれた置手紙を残し、失踪した。
中沢 農(なかざわ みのり)
声 - 花澤香菜
ヒロインの1人。2年A組栽培専攻。耕作と同じ愛生村出身の幼馴染にして同じ青田寮に住んでおり、際立って特徴的な美濃弁[注 2] を話す(ドラマCDの収録では、モデルとなった農業高校のOGが方言指導を担当した[5])。子供の頃は発育が悪かったが、現在は肥満体で巨乳で大きな尻の安産型で物語でも耕作から「デブ」「ベッキーよりも体型が崩れている」と酷い言われ方をしている。しかし修学旅行で裸身を見た時の耕作は、「単なるデブではない」「エロい」と認識を改めており、芝居だったが、愛生村で執り行った結婚式では、ウェディングドレス姿の農を『美少女』と評してもいる。漫画版では耕作に「スタイルが良い」とも言われている。一時期は食べ過ぎから激太りしてしまい、耕作が半ば冗談でその写真を故郷の農の家族へ送ったことから妊娠と誤解され、騒動となったこともある。太る原因ともなった料理の腕はかなりのものであり、寮生の食事は全て農が作っている。子供の頃に母を亡くした耕作には母代わりとして尽くしてきたが、林檎の転入以降は何かと林檎と張り合うせいで偶然強精剤を飲用した結果、全裸で耕作に迫ったりするなど、幼馴染以上の感情も芽生えつつある。林檎と初めて張り合った際は林檎が世間知らずなのを良い事に「どんな恥ずかしい姿でも、作業に集中出来るか試す」と言って、農は林檎にビキニアーマーを着せて実習させたが、林檎の衣装に目を奪われる耕作に焼餅を焼いた農は、自身もハイレグアーマーを着て対抗し、2人でセクシーコスプレでHなポーズを平然と取り合っていた。田植え勝負で張り合った際は農は運動着で林檎は旧スクール水着を着用して勝負し、どちらが先に苗を植えるかを競うはずだったが、林檎が誤って農を押し倒してしまったのがきっかけで戦いが林檎と農の壮絶な泥レスリングに変わり、多くの生徒を巻き込む大惨事になったが、戦いを終えた2人は互いに友情を築き上げる。4人姉妹の次女で、NPO法人「ターンA」を主催している姉の(つかさ)と双子の妹の(たくみ)と(あきな)がいる。文庫本第8巻までによると、体重は58キログラム。耕作からは「中身おばちゃん」と言われるものの、林業工学科の生徒たちには「理想の嫁」と呼ばれるほどの美徳(気立て良し、愛想良し、ぽっちゃり、幼馴染、料理上手)を兼ね備えており、緑園祭での「おむすびを食べさせてあげるサービス(有料)」では、本来ライバルであるはずの林科が長蛇の列をなして「サービス」を受けていた。
事あるごとに、手が先に出ることが多い。また時折凄まじいパワーを発揮し、溶接面を着けた継を、溶接面が拳の形に凹むほど強く殴ったこともある(継曰く「溶接面がなければ即死だった」と言うほどの威力)。
父親は元農協の組合長で、継や良田の農協批判発言には、複雑な思いを抱いている。また耕作の村での立場については気付いていない、もしくは自分(ないしは自家)が間に入れば何とかなる(時間が解決してくれる)というレベルの問題と認識しており、かなり軽く考えている。
過真鳥 継(かまとり けい)
声 - 羽多野渉
耕作の親友。2年A組栽培専攻。眼鏡をかけた美少年で、栽培専攻では成績トップで、開校以来最高の秀才と呼ばれる。耕作たちとともに青田寮に住む。農業の専門雑誌を愛読し、学校で習う以上に豊富な知識を持つが、やや机上の知識に偏っている傾向があり、それは本人も認める所で、農業技術に関しては耕作が上だと評価している。事あるごとにその豊富な知識を披露するが、知識を鼻にかけるような態度ではなく、むしろ他者の知識を認めて受け入れるタイプで、たとえばTPPの話題については、マネー金上から知識を受けた。そのため(別の理由もあるが)成績を競う良田とも関係は良好である(ただしバイオ鈴木に見下される態度を取られた時は、さすがにムッとした様子)。動物愛護団体が学校に抗議にやって来た際も、論戦を受けて立つようなことはせず、警察を呼んでお引き取り願った。ただ1回だけ、耕作と論争になったことはある。
農業に関しては生真面目一途でクール。だが地球環境がらみの案件には思い込みが激しく、常軌を逸する事もある。それ以外に関してはくだけた性格である。第1巻では、同性愛傾向や、露出癖があることが描写された(それ以降の巻ではあまり描写されていない)。修学旅行では「最重要イベント」として女湯覗きに加担するなど、悪ガキっぷりも示すことも(その際は爆弾、斧などの武器を持ち込むといった、常識はずれの行動に出ている)。また農業知識で他人と言い争うことは無いが、女性の胸のサイズの好みでは言い争ったことがあり、この時は理論で攻めるも敗北し、自分のアイデンティティが崩壊し、一時ヒンヌー教に侵された。良田の前では「手に収まるくらいの胸の大きさが好み」と言っているが、実は耕作曰く「巨乳好き」らしい。女の子のイラストも描くが、絵柄は三峯徹そっくりである(本人は自信を持っている様子)。また耕作にさらに輪をかけた鈍感であり、良田や従妹の玲から恋慕の情を寄せられるが、全く気づいていない。
実家は元々、千葉のメロン農家であったのだが、当時、農業の作業過程で用いていた臭化メチルの薬害により、実母を亡くしている。実父は後に農業から6次産業化によって成功したものの、ビジネスライクで家族を顧みなかった父に反発して母方の叔母へ養子に入ったという、複雑な家庭事情の持ち主。その経歴から有機農法を至上としており、農薬や化学肥料の使用には否定的であるため、有機農法を実践する農家に師事している。農薬の使用が不可避である果樹栽培に関しては、それ自体への関心が低い。また、海外留学の経験から、遺伝子組み換え技術には批判的な立場を取る。ただし水耕栽培は積極的に取り入れ、頑に農業の新技術を拒んでいる訳ではない。
良田 胡蝶(よしだ こちょう)
声 - 井上麻里奈
耕作のクラスメート。2年A組畜産専攻。大地主のお嬢様で、作中の女性の中で一番の巨乳(スピンオフ作品である「のうりん野生(ガイア)」によると、スリーサイズは上から94-62-85)。畜産専攻で最高成績を誇り、また継と異なり机上の知識よりも実践的な経験豊富。田茂農林高農業クラブ (FFJ) のクラブ長を務めている。そのため、栽培専攻で最高成績の継とライバル関係にあるが、継に対して特別な感情がある様子で、しどろもどろになって終わるのがお約束。なお耕作と継が論争になった時は、逆に仲裁する立場になっている。
尊大で不遜な言動をするが、実際の性格は「真性のM」「いじられキャラ」で、幼稚園児から「牛さんみたい」と玩具にされたことも。また、緊張するとよく舌がもつれてしまう。飼い犬の名前は継を意識した「ケイ」らしいが、本人の前では「単なる偶然」と嘘を言っている。
畜産、特に牛への情熱はかなりのもので、和牛の調教を学ぶため、新見高校に泊まりがけで出かけたほど。だが、そのおかげで人に対して厳しく当たることもある。家畜飼料として大量の穀物が使われているという現実を知った海外留学の経験から、継と逆に遺伝子組み換え技術には肯定的な考えを抱くが、帰国の直後時点では、それに関して継と正面きって対立はしなかった。動物愛護団体から抗議を受けた時はかなりのショックを受け、一時期は畜産への情熱を失っていた。
9巻での体育祭の騎馬戦の最中に、再び継と農業についての論争になるが、ベッキーを交えての三つ巴、さらに耕作が参加しての四つ巴、かつ継を打ち負かそうというものではなく、恋敵の出現に慌てふためき、必死で自分の味方に取り込もうという態度であった。
ボイン良田として四天農の1人とカウントされるが、それと同時に「四天農なのに5人」とノリツッコミが入る。第2巻時点ではおまけ的な扱いだったが、第8巻時点では「歴代四天農最強」として、四天農の筆頭扱いされている。
戸次 菜摘(べっき なつみ)
声 - 斎藤千和
耕作のクラス・2年A組の担任教諭(担当は家庭科)で、学校のOG。愛称はベッキー。40歳。
ぱっと見は若々しいが、度々厚化粧によるものという描写がなされている(アニメにはない)。朝礼や職員室で性的な妄想を語りまくる欲望丸出しの教師で、かつ、生徒に対し服を開けさせたり、家庭科の授業で女体盛りをやったり、修学旅行で女教師カルタというすべて下ネタの自作カルタを耕作や継に無理やりやらせるなど、生徒のトラウマになりかねないセクハラ攻撃を度々行う。結婚願望が強く、自分の生徒であっても守備範囲。更に相手が引く程貪欲で積極的。その為、なかなか結婚ができない。ただし、料理の腕は立つ。すべてにおいて暴走気味で、若さに嫉妬しタタリ神化して校内を暴れまわったり、美濃田茂市の新市長の所にテレビ中継の最中におしかけるなど、トラブルの種と化している。実は県議会議員の娘で、耕作にほれ込んだ父親が耕作とのお見合いを図ったこともある。また、母は岐阜県教育委員会のトップであり、更に叔父は岐阜県警の重鎮であるため、大抵の(警察沙汰を含む)揉め事は黙殺または極めて軽微な処分で終わっており、耕作からは「岐阜県内にいる限り無敵」と恐れられている。
9巻の巻末時点では模範的な教員(生徒たち曰く「きれいなベッキー」状態)ぶりを示し耕作らを驚かせるが、後にそれはお見合いが決まったがための心の余裕と判明。だがそのお見合いは結局失敗に終わり、その後テレビショッピングに出演、「結婚してくれるなら給料全額をお支払します」と爆弾発言をして物議を醸すなど、もとの傍若無人さを取戻した。
若旦那(わかだんな)
声 - 加藤英美里
オーストラリアの姉妹校から友好の証に贈られたワラビー(正確にはダマヤブワラビー、Tammar wallaby)ということになっているが、大人の事情で輸入の手続きやコストの問題で国内生育の中部地方生まれのものを飼育している。畜産専攻の生徒が世話しているが、耕作に懐いており、彼からも「ラブリー」と可愛がられている。性別をろくに確認せず若旦那と命名されたが、実は雌であり、11巻で種付けしてもらい子を産んだ。

四天農[編集]

田茂農林の2年のA - F組の学級委員で、それぞれのクラスを代表する俊英5人。四天農なのに何故か5人とツッコミが入れられている。

良田 胡蝶(よしだ こちょう) / ボイン良田
#主要人物を参照。
鈴木 燈(すずき あかり) / バイオ鈴木
声 - 大坪由佳
四天農の1人でB組生物工学科の学級委員。人形のように整った顔の美少女(修学旅行で裸身を見た耕作曰く、全身のパーツが人形のようだとのこと)。ゴスロリ風に魔改造した学生服の上から白衣を羽織る風貌と、独特の言い回しが特徴。学内で頭脳集団とされるB組の中にあって、特に生物化学知識に長けているが、知識を鼻にかけて他人を見下す傾向があり、継に対してそういう態度を取ったことすらある。農に対して味噌などクラスで製造した製品を無償提供する代わりに、データ提供を依頼している。特に乳酸菌に拘りがあり、植物性乳酸菌「アナルBB」[注 3] を開発するほか、学内で作られているカルピス類似の乳酸菌飲料「ニューピス」を原液で飲む変人。ほか、市販品よりも効果の高い害虫除去のフェロモントラップや、異性を魅きつけるフェロモンを開発するなど、高校生の枠を超えた天才ぶりを示す。その一方で水田からメタンを回収して発電を行う実験の際は、化学は専門だが工学は専門外として竜頭蛇尾の結果に終わり、間が抜けた所も見せた。
重度の腐女子[注 4]でド変態。ゆえに抜群の容姿ながら、男性にモテる機会を自ら逸している。腐女子の呼称を嫌って発酵の美少女を自称している。洋菓子のバター健・和菓子の和三盆きな子・駄菓子のポテトチップス小池という、いわゆる「スイーツ三銃士」を従えさせている(ただしバター健以外の2人は、第11巻時点において、作中の登場は無い)。
「ソドム鈴木」のペンネームBL漫画を描いており[注 4]、同人サークル「腐乱軒」を主宰するほか、商業誌にも描いている(単行本も出している)。漫画家としては『時間ギリギリまで修正した挙げ句どうでもいいところにまで修正を入れて原稿を台無しにする』という最悪のタイプで、編集者は危機感を覚えると、東京から3時間たらずで駆けつけてくる。
宮本 林太郎(みやもと りんたろう) / ウッドマン林太郎
声 - 檜山修之
四天農の1人でF組林業工学科の学級委員で林産専攻。女性が多数派を占める田茂農林の中で、F組は唯一ほぼ男性のみのクラスで、それゆえ女生徒と仲良くなりたいという欲求が非常に強い。それでいて、「男女交際は交換日記から」「初体験は年上の女性と、海の見えるホテルの最上階で波の音を聞きながら」という、かなり乙女チックな恋愛願望の持ち主。
以前、唯一の女性のクラスメイトの長谷川と勘違いして、実習中に野生児を拾ってしまう。のちに再会した野生児・仙田愛に『こうび』を迫られ、逆に女性恐怖症となってしまった。もっともその後は、それなりに愛と仲良くなった様子だが、逆に林科の中での人望を失う結果となる。他の四天農が際立った才でその地位にあるのに対し、彼だけは腕力(入学式後のクラスのバトルロイヤル)で学級委員の地位を勝ち取ったため特に才に優れている訳でなく、四天農の面汚し、安定の情弱と呼ばれている。中学校時代は自転車暴走集団『中濃連合』を率いて、1000人の中坊のトップに立っていた。ただし女性をひっかけるためにミードを自作するといった策略も行っており[注 5]、単なる体力バカではない。
花園 カヲル(はなぞの カヲル) / ローズ花園
声 - 谷山紀章
四天農の1人でE組造園学科の学級委員。高校生でありながら、亡くなった先代の跡を継いで、土木会社『花園組』の若社長。校内きってのガーデニングの達人で、なおかつ最高のイケメンとの評判だが、真性のホモで継をその道に引き込んだ張本人でもある。入学時から耕作を狙っており、農や林檎を狙っていると見せかけた策略の末、見事にそのファーストキスを奪った。その後も耕作と会うたびに服を脱いだり、ホモネタを振ってくる。修学旅行で男子たちが女湯覗きを行った際は「女子の裸を見るより、自分の裸を見られたい」ということから、ひとりだけ覗きを阻止する立場にまわった。
農業に関しての深い信念を持ち合わせており、梨の伝染病予防のため、美濃田茂市内のカイヅカイブキ伐採のため行動する。しかしその時の行動は、むしろ変質者が出没しているとの噂を広めてしまった。
金上 虎於(かねがみ とらお) / マネー金上
声 - 東内マリ子
四天農の1人でD組流通科学科の学級委員。名前に反して女性。銀髪、高い鼻と尖った顎、前髪で隠した片目など、一見して尋常ではない雰囲気を漂わせる。しかし美人で、内実スタイルも良く、裸身を見る機会を得た耕作曰く、成熟した女性の色気をもつとのこと。キツイ臭い汚い農業は女子高生のすることではないと言い切るが、学校の授業で金儲けができるのは農林高校だけということで、田茂農林を選んだ。それゆえ商魂たくましく、かつては「金上ファンド」という名で生徒から資金を集めて資産運用をし、それが発覚して停学処分を受けた。その後、耕作や胡蝶を引き込んで学校の実習農場での収穫物を売り出す際のマーケティングを手がけ成功するが、悪乗りしてバイオ鈴木やF組と組んでキノコ栽培の原木(イケメンの形に彫って、股間に菌苗を植える)を腐女子向けのグッズとして売り出したことから、再度停学処分を食らった。クラスの田んぼで、栽培が難しいコシヒカリを高く売れるという理由であえて選定して、面倒を招いたことも。ただし、単なる目先の金儲けではなく(そもそも県立高の授業で金を儲けても、全て県の収益であり、生徒の懐には入らない)、もっと広い視野で物事を見つめている。D組の生徒たちからは「社長」と呼ばれて慕われ、また独居老人の境遇に同情して行動するなど義侠心を持ち合わせており、単なる金の亡者ではない。しかし耕作らA組の生徒からは、組むとリスキー、あるいは最終的にはロクでもないことになる予感しかしないなどと、あまり信頼されていない。
しかし、一歩学業(商売)を離れればいたって普通の女子高生であり、ギャル文字で友人とメール交換したり、恋愛に心をときめかせたりしている。8巻末で「好きな人がいる」と耕作に明かしているが、それが誰なのかは語られていない。

先代四天農[編集]

耕作らの1学年上の生徒たち。その構成は胡蝶ら四天農と同じく女性三人に男性二人。やはり四天農なのに五人。何故か5人中4人が"渡辺"姓であり、紛らわしい。そのため圧倒的な実力がありながら、早々に後輩に四天農の座を譲る事になった。生徒会長でもある各務原を除き、出番はほとんどない。

各務原幸子(かかみがはら さちこ)
生徒会長で、3年A組(生産科学科栽培専攻)在籍。推薦で大学合格。髪が腰まである美少女。農業に関係する事ならどんな分野であろうと一切の死角が無く「一人農協」の異名を持つ。登場当初は耕作ら2年生を「頼りない存在」とみなしていたが、緑園祭を通じてその力量を認めるようになる。
本来は高校卒業と同時に独立就農を目指していたが、就農に関する現実[注 6]を見せつけられ、農業大学に行く以外の選択肢を奪われた。
山の渡辺(- わたなべ)
3年F組。肩幅が教室の扉ほどもある。
素晴らしき渡辺
3年E組。安全靴の長さ30センチメートルを誇る。
渡辺・ザ・レッド
3年D組。真夏に8時間花卉のハウスに入り続けた記録を持つ。
バレル渡辺
3年B組。1回の実習で200リットルのジャムを作り出す。

その他の生徒等[編集]

ジェーン・ナタリー・ハンセン三世
アメリカ合衆国テキサス州の姉妹提携校から来た交換留学生。年齢は10歳だが飛び級によって、本国では大学卒業済。出身大学はテキサスA&M大学で、専門領域はトウモロコシ(他穀類)から精製するバイオエタノールの加工利用。だが、家業を助けたい思いから才能のままに研究してきた内容が、あまりにも「家の仕事の実情」や「農業の本質」からかけ離れてしまったと感じたために「コレ農業と違くね?」と疑問を抱き研究畑を辞して世界中の農業を実地視察し、最後、日本に留学にやって来た。田茂農林で日本の稲作を学んだ果てに、これこそが自らのやりたい事(後述)と一致すると考えるようになる。
実家はコメ栽培を大規模に手掛けているものの地勢など[注 7] から実情は苦しく、来日して先進的な稲作のノウハウを会得しようと考えている。基本的に、おじいちゃんっ子であり、その祖父は日系移民より米作を教わり、その術を守り続けている。祖父の願いと昔話から、実家のテキサスの広大な畑に「黄金なす稲の波」を取り戻す事を夢に見ている。
最初に耕作らと会った時はお子ちゃま体型だったはずが、夏休みで一時帰国して再来日した後では巨乳のナイスバディになっていて、農と林檎の嫉妬を買った。再来日の際に初潮を迎えている。
再来日の矢先に祖父が急病で倒れたため、耕作と結婚してアメリカに連れ帰ろうと目論み、農や林檎、ベッキー等を巻き込んだ大騒動となる。なお、耕作を『嫁』にすると言っており、日本語能力は不十分な所がある。
姫川 アリーナ(ひめかわ アリーナ)
流通科学科の学生で日系ブラジル人4世。ブラジル国籍だが、日本で事業を興して成功した両親の下美濃田茂で生まれ、日本語第一言語として育ったためポルトガル語はほとんど理解できない。しかし底抜けに明るく前向きなラテン気質な性格で、おてんば姫とのあだ名で呼ばれる。裸身を見る機会を得た耕作曰く、プロポーションも日本人離れしている。
両親の故郷のブラジルの野菜や料理に関心を持ち、学校の直売所で「サンバ丼」を売り出している。また、出稼ぎで来るブラジル人向けの野菜栽培に意欲を見せていた。しかし、ブラジル人の勤務先である工場が閉鎖されたために自分で育てた野菜を生産調整[注 8]していたところを耕作らに止められ、感極まって号泣した。努めて明るく振る舞っているが、同級生のブラジル人らが近く転校を余儀なくされ、別れる運命にある。
長谷川 愛(はせがわ あい)
林科で唯一の女子生徒だったが、「男子校に入学した覚えはありません」と言って、1年時のゴールデンウイーク前に転校してしまう。そのことを知らなかった林太郎が、別人を長谷川愛と勘違いして林科に迎え入れたことが、後に騒動となる[注 9]
柿崎(かきざき)
声 - 越田直樹
レスリング部員で、全国大会出場選手。しかし脱走牛にはなすすべもなく倒された。
炉裏板(ろりいた) / ブラ不満(ブラフマン)
声 - 千葉一伸
A組男子生徒。ヒンヌー教の教祖「ブラ不満」として、教徒(ロリコンで貧乳好き)から崇め奉られる存在。幼稚園に隠し撮りに出かけて停学処分をくらったこともある、重度の変態。普段はとてもいい人だが、ロリコン関係の話題になると常軌を逸する。巨乳好きの継との舌戦に勝利し、一時的に継をヒンヌー教徒に洗脳した。工が耕作に会いに来た際、停学中[注 10]の自分に代わって写真を撮っておくよう教徒たちに催促していた。
小説には外見に関して「巨躯」とのみ記述されており、アニメでは痩せぎすに瓶底メガネをかけた神経質な印象、コミックスでは大森さん(後述)をさらに太らせ、制服の上に「お兄ちゃん」と書かれたTシャツを着用(サイズが違いすぎるためブラジャーにしか見えない)している。
バター健(バター けん)
声 - 川原慶久
バイオ鈴木配下のスイーツ三銃士のひとりで、同性愛者。バイオ鈴木のBL漫画のモデルとして、喜んで耕作を襲う[注 9]。またビーチバレーボール部の部員でもあり、サンオイルの代わりにバターを身体に塗っている。
ナイスガイ浜岡(ナイスガイ はまおか)
声 - 室園丈裕
ビーチバレーボール部の部長。海の無い県ゆえの苦労を抱えている。
蜂屋柿(はちやがき)
伝統食品継承部の部員。平安時代から蜂屋柿を吊るすための棕櫚紐を編む家系の末裔。作中のこのくだりは、漫画版の作画担当者の亜桜まるの別作品であるだぶるじぇいのパロディになっている。「蜂屋柿さん」というのは、林檎がそう呼んでいるだけで本名は不明だったが、11巻において「蜂屋」だと判明(あまりかわんねーじゃん、とツッコミが入った)。
小野(おの)
現代動物調教研究同好会(後に部)の1年生部員。牛が好きで田茂農林に入学するも、周囲の反対で流通科学科選択を余儀なくされたため、牛に触れる機会を得るために入部する。動物に関してナイーブな感性をもち、アヒル農法に用いたアヒルを屠殺することに、激しく抵抗する。
木元(きもと)
F組生徒で日系ブラジル人。ロベルト本郷みたいな顔をしているとのこと。印象に反してサッカー部でなく、野球部でキャッチャーをしている。
山田(やまだ)
林科の留年生。安定木登り器「与作II」[注 11]を使いこなすが、実習(YOSAKUと呼ばれる)においてトップを取れないため、卒業できる成績はありながら、毎年留年を繰り返し、『YOSAKUのヒーロー』と呼ばれる。自宅に木を植えて木登りの特訓に励む変人。
山内 真理雄(やまうち マリオ)・塁次(ルイージ) / スーパーキノコブラザーズ
林科でキノコ栽培を担当する、一卵性双生児。兄が赤、弟が緑の実習服を着ている。
土岐(トキ)
林科の木工専攻のトップ。痩せ型の白髪男性。林科百年の歴史の中で最も華麗な技を持つ天才で、素手で木材を加工することができる。本来から彼が四天農になるはずだったが、病弱で出席日数が足りず、林太郎にその座を譲った。
斉藤(さいとう)
林科の環境専攻のトップ。髪をオールバックにした鼻声の大男。愛に夢中になって人望を失った林太郎に代わって林科を仕切りはじめ、四天農の座を奪うべく、戦い(ジェンガ)を挑む。専門分野に関する知識は深く、確固たる信念も持ち合わせている。小学生らをカブトムシで釣って人気を集めており、子供の扱いにも手馴れている。
纐纈(こうけつ)
耕作らのクラスメイト、女子。いつもは物静かにしている。胡蝶と同じ酒祝町の出身で、小学校からずっと同じ学校。「こちょこちょ」という彼女の愛称を知っている。また、胡蝶が小学校3年生の頃から人並み外れた巨乳であったことを暴露した。
喪部山(もぶやま)、田辺(たなべ)、虹原(にじはら)、山岸(やまぎし)
声 - 木島隆一越田直樹バレッタ裕長岡晃広
作中随所に登場する耕作らのクラスメイト。性的嗜好は貧乳派であり、喪部山はクラス一のお調子者という設定があるが、それ以外は目立ったセリフや役割などはなく、名前どおりモブ役になっている。
丸山(まるやま)、加藤(かとう)、榊原(さかきばら)
2年B組の生徒。丸山は吹奏楽部所属、加藤はサッカー部所属で女子に人気のあるイケメン、榊原は文芸部所属で女性っぽい顔立ち。この3名にバター健を加えたメンバーで、バイオ鈴木監督・脚本による文化祭ステージ「ミュージカル・若『』物語」を演じた。
揚羽(あげは)
生産科学科畜産専攻が飼育している黒毛和牛。胡蝶が手塩にかけて育てた飛騨牛であり、共進会では優等賞一席間違いなし、予想落札価格は千六百万円と胡蝶は見ている[注 12]。しかし、メンタル面で未だ幼いところがあり、時折脱柵しては校内を暴走し、止めようとする人たちを跳ね飛ばしている。そのため、メンタル強化の訓練のために耕作らの教室に連れてこられることがある。
潤(じゅん)
生産科学科が飼育している山羊。もとは山羊による雑草駆除の研究(という名目の雑務軽減)のためにやってきたが、「実はとことん役立たず(雑草だけでなく作物まで食べてしまう、気まぐれだから駆除というほど雑草を食べない、オスだから乳を出さない、等)」ということが判明する。食肉業者への処分依頼もやむなし、となりかけていたところに、継が「(山羊の口が届かない高さに実が生る)果樹園に放牧すればいいのでは?」と提案し、屠殺をまぬがれた。
その経緯からか継によく懐いており、彼の乗騎としても登場する。継はなぜか「ヤックル」と呼び、そのたびに耕作からツッコミを受けている。

教職員[編集]

立川(たちかわ)
F組の担任。生徒の問題行動に対しては、鉄拳制裁で応じる。
陸奥 吾郎(むつ ごろう)
声 - 木島隆一
畜産の実習担当教諭で、現代動物調教研究部の顧問。冒頭で脱走牛のため負傷。その傷が癒えずに共進会も欠席し、下呂温泉で湯治した。ゆえに生徒の会話でとりあげられるだけで、本人は一度も作中に登場しない。アニメでは冒頭のシーンで声のみ登場している。
拓 魎子(ひらき りょうこ)
生物科学科の実習助手。毎年稲刈りの時期になると特耕服(とっこうふく)を身にまとい、コンバインにハコ乗りして訪れる。その言動、雰囲気は暴走族を思わせる。この4月に農薬を誤吸引する事故を起こし、半年後にようやく戻ってきた。ベッキーの暴走行為を抑えられる数少ない一人。
実は、本来は独立就農する夢があったがかなわず、教員免許を持たない助手の立場では安月給で資金も貯まらないという、深刻な葛藤を抱えている。
永縄 鍬之介(ながなわ くわのすけ)
声 - 杉田智和
田茂農林の校長。学校では一番の古手で、素手で熊を絞め殺したとか虚々実々の伝説を数多く残している(耕介曰く)「濃い」人物。ベッキーの恩師でもあると共に、継の実父とも知己の間柄。耕作が学校行事の来賓の議員相手に勝負を挑んだ時も、怒るどころかハッパをかける豪快な人物。ただし初登場時は重度の認知症を患っていたが、継の茄子を食べて復活する。
テレビアニメのキャラクターデザインは、『ミスター味っ子』の味皇のパロディとなっており[要出典]、パロディ元のアニメ版同様の過剰演出が再現された。
岡崎(おかざき) / 所(ところ) / 佐藤(さとう) / 後藤(ごとう)
文化祭に向けて、ベッキーを含む5人の独身教員が集まって「ソロッズ」というバンドを結成するも、岡崎(国語担当)と所(美術担当)はバンドを組んで早々にデキてしまい、佐藤と後藤(ともに流通科学科)は既にデキていたにもかかわらずそれを隠してバンドに参加。結果、文化祭では正真正銘のソロとしてベッキーが独唱。あわせて他の4人の所業を暴露(岡崎は実は手が早い、所は新卒なのに非処女、等)して復讐に及んだ。

生徒の家族縁者[編集]

中沢 士(なかざわ つかさ)
声 - 佐藤利奈
農の姉で、4人姉妹の長女。一人称は「オリ」、23歳。傍若無人な性格で、子供たちを集めては悪さをしていたので、「将軍」と仇名される。耕作同様、排他的な面や将来性に乏しい村を嫌い、中学卒業を機に村を出ていたが、愛生村を「理想の地域」とするために「ターンA」というNPO法人を設立し、村全体を使った「村コン(大規模な合コン)」を企画して村おこしをするため、村へと戻ってくる。姉妹仲は良い。
村コンの最大イベントだった耕作と農の結婚式が失敗(農の妊娠がウソだとばれてしまった)した時、包み隠さず本心を吐露して混乱した場を収めた耕作を評価しており、二人の帰省が終了した時には「(農と林檎の二人から交際を断られたら)自分が結婚相手として立候補してもいい」という主旨の発言をしている
中沢 工(なかざわ たくみ)
声 - 東山奈央
農の妹で、4人姉妹の三女にして超絶美幼女[注 13]。商とは双子で顔立ちもうり二つだが、工の方が髪が短いので識別は容易。7歳。人見知りな性格だが、耕作を「あにま(お兄ちゃん)」と呼び、耕作も実の妹同然に可愛がっている。耕作によれば、主に彼が工の世話を担当していたため、『つっつぁ(お父さん)』と呼ばれていたこともあるほど。林檎に対しては「おひめさま」と呼んで慕っている(耕作が、村にいた頃にも草壁ゆかのポスターを部屋に貼って、お姫様を崇めるような行動をしていたため。さらには林檎本人も否定しなかったため)。
中沢 商(なかざわ あきな)
声 - 五十嵐裕美
農の妹で、4人姉妹の末娘。姉よりも長髪なので女の子然としている。7歳。活発で物怖じしない性格(田の周囲でどんびき(カエル)や山でナガモン(蛇)を捕まえることに抵抗がない)で、工とは反対に姉の農に懐いている。こちらは農が世話を担当していたため、彼女が『かかま(お母さん)』と呼ばれていたこともあった。いつも工と一緒にいるため、工が田茂農林高校へ行ってしまった時は酷く取り乱し、号泣し、茫然自失状態となった。
中沢 喜一(なかざわ きいち)
声 - 水内清光
農の父で、愛生村のトマト栽培農家。トマトの栽培方法の改良に熱心で、岐阜県の研究所から視察が来たほど。ただし自分のトマトを独自ブランドとはせず農協に全量出荷し、自らは販売に関与せず栽培技術の向上に努め、かつその技術を周囲にも広める道を選んだ。一時は農協の組合長にもなる[注 14][注 15]。が、愛生村の村長と現組合長(声 - 望月健一)によってその座を追われるなど、村内でも軋轢がある模様[注 16][注 17]
中沢 久子(なかざわ ひさこ)
声 - 水落幸子
農の母。そのまま農が年をとったかのような容姿をしている。限界集落の住人らしく、耕作と農を蔵に閉じ込めて「間違い」を期待するなど、「孫のためならなんでもする(耕作・言)」行動力を持ち合わせている。
耕作の父親
第11巻時点で名前不明。名古屋市から妻と幼い耕作を引き連れて愛生村に移り住んで農業をはじめる。しかしながら美味い米を作ることに成功しながら、収益のことを全く考えない杜撰さを露呈し、失敗。結果、夫婦で働きに出ることになり、過労により妻を失う。以降、耕作を中沢家に預け、村の外で働いており、耕作とは数年来、顔を合わせていない。アニメ版の描写では、トマトのハウス栽培を行うも、豪雪のためハウスが倒れて失敗した描写になっている[注 18]
校條 創(めんじょう はじめ)
声 - 小山力也
過真鳥 継の実父。日本で最も成功した六次産業と言われている会社「ヘキサテクス」の社長。継とは家庭の事情から不仲であり、田茂農林高校へやって来た際に、継と野菜の売り上げ勝負をすることになる。
校條 沙也果(めんじょう さやか)
名前のみの登場、継の実母。夫の創とともに千葉県でメロン栽培をしていたが、ビニールハウス消毒のための臭化メチルの薬害によって死去した。
校條 KEIJIROU / スーパー農民K
過真鳥 継の叔父で、容貌は創とそっくり。指導営農士として、全世界で農業指導を行っている。継がメロン栽培で失敗した際に、ブラジャーを使うという奇策で解決した。その後、宇宙ステーションで農業を行う実験の指導のため、NASAへと向かう。
過真鳥 玲(かまとり れい)
過真鳥 継の従妹かつ義妹(継が養子に入れてもらった叔母夫婦の実子)。継に対する態度は絵に書いたようなステレオタイプなツンデレであり、継に恋慕を抱きながら逆の態度を取っているのは傍目からは明白であるが、継だけが全く気づいていない。田茂高校に通っている[4]
ボート部に所属しており、国際大会出場にも意欲を見せる。ボートを続けるため、県内でボート部がある大学を探している。
良田胡蝶の姉
第11巻時点で名前不明。胡蝶そっくりの容姿と巨乳。胡蝶曰く裸体主義者(ヌーディスト)で、肝心な所が隠れるギリギリの格好だが、当人は自然化主義者(ナチュラリスト)と呼んで欲しいとの事で、人も農業も自然に近づくべきという信念から裸でいるとの事。国家公務員として農政に携わっていたが、今のの農政に疑問を持ち、実家に帰ってきた。ただし実家とは異なる考え方で、雄ホルスタインを肉牛として肥育する事で、安価に良質の牛肉を提供するという方針で、独立して畜産を行っている。

その他[編集]

姉小路 千草(あねこうじ ちぐさ)
飛騨アルプス農林高校の農業クラブ総大将。飛騨地方の名家の令嬢で、胡蝶と同じく大牧場のオーナーの娘(その敷地面積は、美濃田茂市に匹敵する)。良田胡蝶のライバルで、彼女にも劣らないほどの巨乳の持ち主で、「姉小路乳房」と呼ばれる。日本刀を佩き、「小生」という一人称を用い、仲間から「御大将」と呼ばれ、尊大な振る舞いが目立つ。共進会以降、良田と仲良くなった様子だが、携帯電話など最新の機器に疎いため、良田に毎日のように電話をかけ、毎週泊まりにやってきて、うんざりさせてしまう。乳首は黒ずんでいるとの事だが、それをさらりと発言して周囲を絶句させる。
伊佐治 高志(いさじ たかし)
農協職員で美濃田茂カントリーエレベーター勤務。後述する富良野に師事する立場だが、彼の言動には困らされる事も多い。
ベッキーとは知己であり、幼稚園の頃に結婚の約束をし、中学まで一緒だった。映画監督を目指して上京するも夢破れ、農協の職員となる。小学生の頃から教師を志し、夢を叶えたベッキーを高く評価している。
大森 純一(おおもり じゅんいち)
声 - 杉田智和
自称「大森流吹き矢術」の開祖にして、吹き矢の達人で、実習用の畑が猿に荒らされた際に捕獲のために継が呼び寄せた。実際はノージョブで、吹き矢はリア充を攻撃するために用いる。吹き矢の筒は、アニメのポスター(テレビアニメ版第4話では本作と同じGA文庫のライトノベルを原作とする『這いよれ! ニャル子さん』のポスターが登場)を丸めたものを用いる。不審な行動からたびたび警察の御厄介になっている。
加賀城(かがじょう)
インターンシップとして耕作らが向かった「岐阜県農業大学校」の案内役。42歳の中年男性。農業大学校の説明、実習の監督などを行った。
その年齢や落ち着いた物腰などから、生徒たちは「この学校の教師」と思っていたが、実は大学校の生徒(しかも1年生)だった。実習作業に失敗し、落ち込む林檎を「ちょっとずつ育っていけばいい」と励ました。
久保田(くぼた)
美濃田茂市役所農業課職員で、知的眼鏡美女。自ら狩猟免許を取得し害獣駆除を行うほどの行動派。「やるんです!」が口癖。
佐藤香苗(さとう かなえ)
声 - 三宅麻理恵
士が企画した「村コン」に参加した女性。東京で一般事務をしている26歳で、耕作いわく「かなりの美人」である。都会でのルーチン生活に疲れ、憧れの農村生活&農家の長男ゲットを夢見て愛生村に乗り込んだ。村コン本番の席で耕作と知り合い、「都会の人がもつ田舎への憧れ」を語る。
かなり積極的な女性で、明確に年下である耕作にもアプローチを仕掛けるものの、農と林檎の「無言の圧力」に退散した。その後、当初の相手だった田中さんと懇意になった模様。
ジェニー 水無川(ジェニー みなかわ)
ジェニーズ事務所社長。数多くのアイドルをプロデュースした。精神的に疲れていた草壁ゆか(木下林檎)の治療として、田茂農林通いを認めたものの、痺れを切らせて草壁ゆかを連れ戻しにやってきた。
良田、姉小路、ナタリーを見るや『バストUPガールズ』としてユニットを組ませようと言い出したが、自ら立候補した農については「胸より腹がUPした子はちょっと…」と拒否した。その他、田茂農林の美少女たちを値踏みして「レベルの高い学校」「私立だったら学校ごと買い取ってもいいくらい」と評したが、第一目的は草壁ゆかを連れ戻す事であり、さらりと流れて終わった。
実は廃農家の娘であり、他ならぬ自身の親によって、兄たち共々に「農家は苦労するだけ。農家には絶対になってはいけない」と教え込まれて育てられた過去を持つ。その当時はベッキーいわく「農家が誇りをもてなくなった時代」であり、農家自身が守ってきた土地を手放して、離農する事で成功していった時代だった。その事もあり、農家に対しては一種の怨念に近い「農家は幸せにはなれない。農家が幸せなはずは無い」という強迫観念を抱いている。だが「離農でお金を稼げても次代に生きた子どもたちは魂の寄る辺を失うだけで幸せにはなれなかった」と説くベッキーの説得で一時は引く。だが、その一方で林檎に対して自身が離農者である立場から「本気になれないあなたが本気である者についていく資格は無い」と苦い忠告を放った。
仙田 愛(せんだ あい)
宮本林太郎が「森ガール」として連れてきた少女。林太郎は前述の長谷川愛を林科で育成した結果と考えていたが、実は別人で、どこからか紛れ込んだ正体不明の野生児。「人間の言葉をほとんど理解できない狼少女」として警察に保護された。後に仙田泰之さん (81) に引き取られ、人間としての教育を受けて、立派な中学生になった様子で、片言だが日本語が喋れるようになった。後に体験入学で田茂農林高校へとやって来る。その際は言動も普通になり、服装も含めてかなりの美少女になっていた。しかし森の生き物たちとのつながりは残っており、木を伐採する林業には否定的だった。しかし、林太郎による説得(林業は森を元気にする作業もしている、というもの)を受けて考えを変え、田茂農林進学を決意する。同時に、林太郎を「強いオス」と認定し、林太郎との子を産むために「こうび」を求めるようになり、彼を悩ませている。
中井(なかい)
長良川鉄道の運転士兼総務。ひとりで鉄道に乗って美濃田茂までやってきた工を、わざわざ農のところまで連れてきた親切な人。実在の人物(2014年3月17日付の著者のブログで紹介)。
中沢 竹夫(なかざわ たけお)
声 - 最上嗣生
耕作と農の実家がある愛生村の村長。農の家である中沢家(奈比のジロマ)が古くから地域のまとめ役を行っているため、同家の一族を目の上のたんこぶのように考えている。特に村のために様々な企画を打ち出す士には、村のあり方を守るという保守的な考えから、かなり苦々しい思いをしている(実のところ、士自身が一時的に外の街に出ていたことや、耕作の父の一件が、その価値観に拍車をかけている)。
耕作に対しては、彼の父親の失敗もあり、非常に冷たい態度を取る。耕作と農の結納騒動の時には「中沢家の長老は孫可愛さに耄碌した」「田をダメにした男の息子を村に受け入れるなど許されない」と農協の組合長にボヤいている。
実は田茂農林の卒業生であり、学園祭編では田茂農林OBとして士とともに愛生村PRのため、学園祭の外部出店の責任者となった。その際に士の「ハート型野菜」の実物を目にして、「言葉だけでは嘘かもしれないが、作物は嘘をつかない」として、士の取り組みを認めている。
富良野(ふらの)
禿頭の老人で「監督」とあだ名される。元々サラリーマンだったが農業に転向するも、農協と敵対し自立して農業を行ってきた。古い世代からは「黒富良野」と呼ばれ嫌われるが、若い世代からは支持され、農協も富良野に指導を頼む事となった。しかし現在でも既存の農家や農協に関して遠慮なく毒舌[注 19] をふるう。
戸次(べっき)
戸次菜摘(ベッキー)の父、岐阜県議会議員。基本的には県民を想いやる善良な人物だが、やや尊大な面も見られる。県産米を売るにはコシヒカリのような有名な銘柄を作るべきだと主張していたが、耕作によって「地元に根差した銘柄の美味さ」を知り、自分の浅はかさを知る。同時に、耕作の聡明さに感銘し、娘(ベッキー)の婿として、また自身の後継者として期待をかけるようになる。
水島 素男(みずしま もとお)
32歳。岐阜県立刀鎌高校の物理担当教諭。ベッキーのお見合い相手だが、実はベッキーの父が県会議員、母が教育委員会のトップという事で、断れば教職を追われると強制されてのものであった。実は門美(かどみ)ゆとりという恋人がおり、教職を追われても愛する人を選ぶと決意し、ベッキーのお見合いは失敗する。
美濃田茂市長
第8巻時点で新市長として作中に登場。まだ20代で日本の市町村長として最年少[注 20] でイケメン。初登庁の際にベッキーに押し掛けられて、騒動となった。小学校の植樹祭で、カイヅカイブキの植樹阻止のための耕作らの横紙破りの行動にも理解を示し、度量を備えた人物である。
9巻時点でも相変わらずベッキーの猛烈なアタックを受けており、田茂農林に市長が来賓として訪れる予定を組んだ市職員の責任問題にまで発展した。
群雲 りく(むらくも りく)
7巻で本格的に登場。草壁ゆかと同じジェニーズ事務所に所属しているアイドル。林檎の振輿高校時代の同級生でもあり、その頃は事務所の命令もあって必死に「草壁ゆか」のサポートを行い、林檎はともかくとして本人は(ライバルではあるものの)友人と思っていた。突如アイドルを辞めて農業高校へと行ってしまった(みんなの期待や自分の努力を裏切った)彼女を恨んでおり、引退後も影響力を残す「草壁ゆか」に対して強烈な悪意を抱いている。外見はツインテールの美少女だが、実は男の娘(本名は村田陸)。
耕作に対して「草壁ゆかは自分に利にならないと気付けば、簡単に周囲を裏切り捨て去る」「深入りすれば後悔する」と、悪意に満ちた「忠告」を放ち林檎から遠ざけようとするも、耕作の「林檎は優しすぎるから、自分でも気づかないうちに限界を超えてしまう」「そうなる前に周囲が気付いてあげなければいけなかったのに、それができなかったのが悪かったんだ」という指摘を前に撃沈する。そして、さらに草壁ゆかに逆恨みを募らせていくようになる。
女性キャラが表紙を飾る本作品において、唯一表紙に登場した男性キャラとなった(ただし、登場時点では「ポスト草壁ゆか」として、女性的な扱いをされていた)。
鷲尾 勲(わしお いさお)
岐阜県最大のスーパーマーケットチェーン「パローフーズ」の会長[注 21]。75歳。会社を一代で築き上げた。地元高校生の販売プランを聞く、「鷲尾プレゼン」という制度を設けているが、実は真の目的は自分の後継者となる人間を探すことであった。それにやって来た金上虎於の、常識はずれのプレゼンに打ち負かされ、パローの全てを差し出すかと思いきや、「我が社に入社しなさい。きみ自身の手で正しいことを証明しなさい」と切り返し、強さを見せつけた。

用語[編集]

岐阜県立田茂農林高等学校のモデルになった岐阜県立加茂農林高等学校。後述のテレビアニメ版でも使用されている。
岐阜県立田茂農林高等学校
岐阜県中濃地方にある架空の農業高等学校。通称は「のうりん」。明治45年創立で、100周年を迎える伝統校である。1学年5クラスで、学ぶ内容により生産科学科、生物工学科、流通科学科、造園学科、林業工学科に分かれている。2年に進級すると、学科内でも各専攻に分かれる。
学校のモデルは岐阜県立加茂農林高等学校。本作が縁で、作者は美濃加茂市図書館の講演会に講師として招かれた。
岐阜県のライバル校として、西濃地方の大餓鬼農林(岐阜県立大垣農業高等学校)、東濃地方の恵馬農林(岐阜県立恵那農業高等学校)、飛騨地方の飛騨アルプス農林(岐阜県立斐太農林高等学校)がある。
特別編[4] によれば、学校の側を高山線が走っており、同線を挟んだ反対側には普通科の進学校である田茂高校(岐阜県立加茂高等学校)があるほか、少し離れたところの果樹園の真ん中に私立美濃田茂高校(美濃加茂中学高等学校)がある。特に美濃田茂高校とはよく間違われるらしい。
生産科学科
通称A(Agricultureの略)組。野菜や果物といった農作物や、牛や鶏のような家畜に関する、一般人がイメージする「農業」を学ぶ学科。植物を専門に扱う「栽培専攻」と動物を専門に扱う「畜産専攻」がある。畜産専攻では家畜に限らず色々な動物の飼育方法を学ぶため、卒業後にペットショップに就職する者もいる。耕作たち主要人物は皆この生産科学科に属している。
生物工学科
通称B(Biologyの略)組。農業に関わる微生物等(細菌、酵母等)に関する技術を学ぶ学科。そのため、発酵に関する研究機材が非常に多い。また、食品製造専攻はパンなどの小麦を原料とした食品や生産科学科から出た選果クズを使ってのジャム等の製造を学ぶ専攻であり、製品は後述の「グリーンショップたものう」に並ぶ。所属する女子はなぜか腐女子が多い。
流通科学科
通称D(Distributionの略)組。農業経営に関するノウハウを学ぶ学科。観葉植物(鉢植え等の草花類)に関する技術も学ぶ(「草花専攻」として別コースとなっている)。グリーンショップたものうの経営も行っており、時には生徒が作ったフォトスタンドなども売りに出される。在科生の9割は女子であり、独自の文化圏を形成している。
造園学科
通称E(Engineeringの略)組。個人宅の庭園や公園などに関する技術を学ぶ学科。園芸に使用される樹木や花壇、農業に使用するビニールハウス等の管理を学ぶ施設管理専攻と施設となる場所の土台の製作及び管理に関する技術を学ぶ土木専攻に分かれる。そのため、高木での作業を行うための高所作業車、公園を作るための地ならしをするロードローラーなど特殊車両の扱いも学ぶ。現四天農の一人であるローズ花園がゲイであることもあり、学科内にはかなりの数のホモがいるとされている。
林業工学科
通称F(Forestの略)組。森林の管理全般に関する技術を学ぶ学科。森林や木材の管理を学ぶ林産専攻、伐採された木材の加工に関する木工専攻、山林の自然環境とその回復に関する技術を学ぶ環境専攻に分かれる。このうち、環境専攻は数十年前に廃科となるが、耕作らが入学する年に復活した。また、伐採した樹木を用いての茸栽培や食品の燻製等も学ぶ。
頭脳以上に腕力と体力がモノをいう学科であり、「18歳までに実習という名の死闘を百回繰り返し、生き延びた者にしか卒業資格を与えない」と嘯かれ1年の半分以上を山中の実習に費やす、超ガテン系学科。そのため、女子の生徒数が男子の2倍とされている田茂農林において全員男子という驚異的な数字を維持している[注 22]
しかし、完全な脳筋学科というわけではなく、環境保全・回復に関する深い知識やCADを用いての設計図製作、実際の製作など、文武両道、質実剛健といった徳性を求められる学科でもある。
青田寮
学校の敷地内に設置される学生寮。かつては多数の生徒が入寮していたが、今では耕作たち5名の寮生が暮らすのみ。寮母の教師などはおらず、耕作が寮長を務める。
グリーンショップたものう
各学科で製作した商品(野菜、卵、パン、木工品等)を販売する学内直営店。生徒たちが実習で製作したものとはいえ、新鮮な食材等が格安で購入できるとあり、毎日品切れが続出している。この店の店員は、流通科学科の生徒が当番実習として交代制で行っている。
緑園祭(りょくえんさい)
毎年11月に行われる、田茂農林高校最大のイベント。初日体育祭、二日目文化祭、三日目本祭と、3日かけて行われる。特に本祭は一般人来場可の上、生徒たちが製作したものを購入できるとあって、毎年五千人以上が来校する。
作中では「開校百周年」が重なり、例年以上に豪華かつ来校者の多い祭りとなった。
ガイア
農業を行う者が心の中に持つ潜在能力とされているが、それが確認できるのは田茂農林高校の生徒とベッキーのみ(主にベッキー)。ガイアを高めることによって、常識ではありえない攻撃(アラフォー幻魔拳、アラフォーディメンション、等)を放ったり、周囲の大気を振るわせたりできる。その時々で「萌」「気」「力」「農力」等の当て字がなされる。先代四天農が作った「闘度計(セレクター)」と呼ばれる機械によって、ガイアの内包量を機械的に計測できるらしい。二年生の平均数値は1000前後、ベッキーのそれは53万。
美濃田茂市
田茂農林高校が存在する市。モデルは美濃加茂市。外国人労働者の問題、大手企業の工場の撤退[注 23]、全国最年少の市長の誕生など、モデルとなった市と同じエピソードが多々盛り込まれている。
美濃文田駅
「みのもんたえき」と読む。長良川鉄道の美濃田茂市内にあり、田茂農林高校最寄の駅。モデルは美濃太田駅。テレビアニメ版では、作中の市名と同じ「美濃田茂駅」となっている。
愛生村
耕作や農らの実家がある農村。ただし、一般的な都市と違い、畑や田んぼの隙間に集落が点在する形となっている[注 24]。その面積は極めて広く、愛生駅から農の実家まで車で30分かかる。基本的に何もない田舎だが、公民館の隣にサークルKがある。限界集落に近く住民の多くが高齢者である。害に悩まされているため、住民は常にエアガンを携帯し、猿を威嚇している。
村民のほとんどが中沢姓のため、郵便物等は屋号[注 25]で識別される。
モデルは旧郡上郡相生村(後に市町村合併八幡町となり、現在は郡上市)。作中でも"郡上"の真ん中に位置すると説明され、村の住民は郡上弁を話している[注 26]。作中の設定においては、愛生村は隣接町村との合併を拒否し、財政赤字に悩んでいるという描写になっている。また、作中の会話から農の父親を組合長の座から引きずり下ろす算段も村内の談合で行った様子であり[注 27]、農協についても広域合併がなされておらず、愛生村内だけの単協の様子[注 28][注 15]
愛生駅
長良川鉄道の愛生村内の駅。小説では「駅の周囲には線路と山しかない」と説明されている。モデルは相生駅。現実の郡上市八幡町に存在する相生駅では、駅名標の住所が「岐阜県郡上郡八幡町」と旧地名表記だが、テレビアニメ版ではそれがそのまま再現されている。
その他の市町村
作中には、美濃田茂市(美濃加茂市)や愛生村(郡上市)の他、蟹市(可児市)、酒祝町(加茂郡坂祝町)、絵馬市(恵那市)、大餓鬼市(大垣市)、刀鎌市(多治見市 - 作者のデビュー作『らじかるエレメンツ』の舞台)など、実在地名をもじった、岐阜県下の架空地名が登場する。ただし、岐阜市高山市関市・加茂郡川辺町については、実際の地名で登場するほか、大垣市にあった大垣城についてはそのまま実名で紹介された。
長良川鉄道
美濃田茂市、愛生村などを沿線とする、第三セクター鉄道会社。現実に存在する企業名をそのまま用いている。零細企業であるため、総務担当者が列車の運転士を兼務している(少なくとも運転士資格を持つ人間が総務を担当しているのは、事実として著者のブログで紹介されている)。
マカダミアナッツ
動物愛護団体。田茂農林に押し掛け、家畜の飼育を「動物虐待だ」として抗議を行った。このため、良田は一時的に畜産への情熱を失う。代表のピーター・ワシントンは地球戦士(アース・ウォーリアー)を自称し、一般人が菜食主義者へ持つイメージから逸脱するほど肥え太っている。警察に逮捕された際は、取調室で出された牛丼を美味しく食べたとのこと。

既刊一覧[編集]

原作[編集]

漫画[編集]

『のうりん』
白鳥士郎(原作)/亜桜まる(作画)/松浦はこ(構成協力)/切符(キャラクター原案)、スクウェア・エニックスヤングガンガンコミックス〉、全8巻
原作小説に忠実に描かれている。小説第3巻までと、第6巻のダイジェストとなっている。
  1. 2012年8月10日発売[20]ISBN 978-4-7575-3688-3
  2. 2012年12月15日発売[21]ISBN 978-4-7575-3811-5
  3. 2013年4月15日発売[22]ISBN 978-4-7575-3947-1
  4. 2013年12月25日発売[23]ISBN 978-4-7575-4165-8
  5. 2014年3月25日発売[24]ISBN 978-4-7575-4239-6
  6. 2014年7月14日発売[25]ISBN 978-4-7575-4382-9
  7. 2015年1月24日発売[26]ISBN 978-4-7575-4543-4
  8. 2015年9月12日発売[27]ISBN 978-4-7575-4733-9
『のうりん プチ』
白鳥士郎(原作)/琴慈(作画)/切符(キャラクター原案)、スクウェア・エニックス〈ビッグガンガンコミックス〉、全2巻
  1. 2014年1月16日発売[28]ISBN 978-4-7575-4198-6
  2. 2014年8月25日発売[29]ISBN 978-4-7575-4373-7
『のうりん 野生 -ガイヤ-』
白鳥士郎(原作)/町田とし子(作画)/切符(キャラクター原案)、SBクリエイティブ
  1. 2014年3月25日発売[30]ISBN 978-4-7973-7658-6
  2. 2014年11月11日発売[31]ISBN 978-4-7973-8019-4

ドラマCD[編集]

『ドラマCD のうりん』
HOBiRECORDS、2012年4月27日発売。

テレビアニメ[編集]

2014年1月から同年3月にかけて放送された。

アニメ化に際しては舞台のモデルとなった岐阜県美濃加茂市が市長・藤井浩人の応援メッセージ動画を配信[32]し、第1話の「宇宙最速上映会」も2013年12月21日に同市で開催された[33]。また、同市はEDにおいて製作協力としてクレジットされている。先行上映はアニメイト名古屋店・岐阜店でも23日に行われている。

キャストは2012年発売のドラマCDからの続投となる[34]

2015年11月4日には、美濃加茂市観光協会とのコラボレーションの一画として制作されたスタンプラリーの告知ポスターがJR美濃太田駅に貼り出されたが、胡蝶の胸元を強調した絵柄がセクハラだという批判がTwitter上で殺到したため、同年11月29日には撤去[35]、翌月12月7日には新たなポスターを掲載した[36]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 白鳥士郎GA文庫/SBクリエイティブ刊)
  • 監督 - 大沼心
  • シリーズ構成 - 横手美智子
  • キャラクター原案 - 切符
  • キャラクターデザイン - 小野田将人
  • プロップデザイン - 澤入祐樹、高橋賢
  • 総作画監督 - 小野田将人、古川英樹
  • 美術監督 - 古賀徹
  • 色彩設計 - 重冨英里
  • 撮影監督 - 寺本友紀
  • CGプロデューサー - 奈良岡智哉
  • CGディレクター - 稲葉葵
  • 編集 - 坪根健太郎
  • 音響監督 - 鶴岡陽太
  • 音楽 - 菊谷知樹松田彬人
  • 音楽プロデューサー - 丸山真琴
  • 音楽制作 - フロンティアワークス
  • プロデューサー - 深尾聡志、田中信作、瀬川栄樹、長瀬奈津子、吉田敦則、金子逸人
  • アニメーションプロデューサー - 中川二郎
  • アニメーション制作 - SILVER LINK.
  • 製作 - のうりんプロジェクト

主題歌[編集]

オープニングテーマ「秘密の扉から会いにきて」(第2話 - 第11話)
作詞 - 畑亜貴 / 作曲 - 太田雅友 (First Call) / 編曲 - 太田雅友 (First Call)、EFFY (First Call) / 歌 - 田村ゆかり
第1話、第12話はエンディングテーマとして使用。
エンディングテーマ
「も・ぎ・た・て♥フルーツガールズ」(第2話、第5話 - 第7話、第9話)
作詞 - 中野愛子 / 作曲・編曲 - 山口朗彦 / 歌 - 木下林檎(田村ゆかり)、中沢農(花澤香菜
「みのりのぞっこん未来予報♥」(第3話)
作詞 - 中野愛子 / 作曲・編曲 - manzo / 歌 - 中沢農(花澤香菜)
「ポニーテールの四十」(第8話)
作詞 - 中野愛子、水野大輔 / 作曲・編曲 - 水野大輔 / 歌 - ベッキー(斎藤千和
「君と*にゅう*DAY♡」(第10話)
作詞 - 中野愛子 / 作曲 - 藤本記子 / 編曲 - 福富雅之 / 歌 - 良田胡蝶(井上麻里奈
「コードレス☆照れ☆PHONE」(第11話)
作詞 - 中野愛子 / 作曲 - 谷正太 / 編曲 - 菊谷知樹 / 歌 - 木下林檎(田村ゆかり)
挿入歌「コードレス☆照れ☆PHONE」(第1話)
作詞 - 中野愛子 / 作曲 - 谷正太 / 編曲 - 菊谷知樹 / 歌 - 草壁ゆか(田村ゆかり)

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 総作画監督 原作巻
第1限 厨脳ラブストーリー 横手美智子 大沼心[注 29] 玉村仁
大沼心[注 30]
古川英樹、世良コータ
澤入祐樹、若山政志[注 30]
小野田将人[注 29] 第1巻
第2限 キング・オブ・ファーマーズ ワタナベシンイチ 小野田雄亮 若山政志、古屋けだま
おがわいちろを
古川英樹
第3限 スーパー姑大戦 実習篇 大地丙太郎 澤井幸次 さのえり、服部憲知
青木まり子
第4限 君が見せた笑顔 玉村仁 柴田志朗、崎口沙織
若山政志、藤原未来男
小野田将人
第5限 五人の四天農 ワタナベシンイチ いとがしんたろー 山村俊了、竹森由加
深沢謙二
古川英樹 第2巻
第6限 萌(めぐみ)の錬金術師 高山カツヒコ 二瓶勇一 佐藤光 北原章雄、ホン・ソクビョ
第7限 号泣サラダ 横手美智子 錦織博 福多潤 本田辰雄、佐藤麻里那
小林雅美
小野田将人 第2巻・第3巻
第8限 クッキングババ 高山カツヒコ 喜多幡徹 世良コータ、服部憲知
渡辺亜彩美、藤原未来男
古川英樹 第2巻 - 第4巻
第9限 学校の海パン ワタナベシンイチ 嵯峨敏 福島豊明、桜井木ノ実
池田竜也、山崎輝彦
西川雅史
第4巻
第10限 究極と至高の野菜対決! 横手美智子 千葉大輔 飯飼一幸、田中紀衣 小野田将人 第2巻・第3巻
第11限 あかるいのうそん 澤井幸次 若山政志、林進昱 古川英樹 第4巻
第12限 みんなののうりん 玉村仁
福多潤
玉村仁 服部憲知、深澤謙二
佐藤綾子、水野隆宏
小川浩司、世良コータ
櫻井司、山本周平
平田和也、澤入祐樹
山吉一幸、北原章雄
古川英樹
小野田将人
古川英樹

放送局[編集]

テレビ放送
放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
東京都 TOKYO MX 2014年1月11日 - 3月29日 土曜 1:00 - 1:30(金曜深夜) 独立局
愛知県 テレビ愛知 2014年1月12日 - 3月30日 日曜 2:20 - 2:50(土曜深夜) テレビ東京系列
兵庫県 サンテレビ 2014年1月13日 - 3月31日 月曜 1:00 - 1:30(日曜深夜) 独立局
岐阜県 岐阜放送 月曜 2:20 - 2:50(日曜深夜) 原作者在住地・作品の舞台
2014年4月9日 - 6月26日 木曜 0:30 - 1:00(水曜深夜)
韓国全域 ANIPLUS 2014年1月14日 - 4月1日 火曜 0:00 - 0:30(月曜深夜) CS放送IP放送
ケーブルテレビ
ネット配信
韓国語字幕あり
日本全域 BS11 火曜 0:30 - 1:00(月曜深夜) BS放送 ANIME+』枠
アニマックス 2014年1月17日 - 4月4日 金曜 22:00 - 22:30 BS/CS放送 リピート放送あり
2014年1月18日 - 4月5日 土曜 22:30 - 23:00 [注 31]
栃木県 とちぎテレビ 2014年10月16日 - 2015年1月1日 木曜 23:30 - 金曜 0:00 独立局
インターネット放送
放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
日本全域 dアニメストア 2014年1月12日 - 3月30日 日曜 12:00 更新 ネット配信
ニコニコチャンネル
ニコニコ生放送 日曜 23:00 - 23:30
バンダイチャンネル 2014年1月17日 - 4月4日 金曜 12:00 更新

BD / DVD[編集]

発売日 収録話 規格品番
BD DVD
1 2014年4月9日 第1話 - 第2話 MFXN-0013 MFBN-0007
2 2014年5月2日 第3話 - 第4話 MFXN-0014 MFBN-0008
3 2014年6月4日 第5話 - 第6話 MFXN-0015 MFBN-0009
4 2014年7月2日 第7話 - 第8話 MFXN-0016 MFBN-0010
5 2014年8月6日 第9話 - 第10話 MFXN-0017 MFBN-0011
6 2014年9月3日 第11話 - 第12話 MFXN-0018 MFBN-0012

2016年3月25日にはBlu-ray Disk BOX(MFXN-9001)が発売された。

応援番組[編集]

のうりんてぃーびぃー』のタイトルで、2013年7月より2014年4月までニコニコチャンネルにて配信されていた。全12回。出演はバイオ鈴木役の大坪由佳とマネー金上役の東内マリ子で、両名が実際に農作業をして収穫を得るまでが描かれた。

webラジオ[編集]

TNRちゃんねる のうりんレディオ!!』のタイトルで、2014年1月10日から同年3月28日までニコニコチャンネルとアニメイトTVにて配信されていた。隔週金曜更新。出演は畑耕作役の浅沼晋太郎

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 農村にあって農地をダメにする、というのは単に個人の事情にとどまらず、作物の病気や虫害・獣害を周囲に誘発させてしまいかねない事象であり、地域を巻き込んだ大事になりやすい。
  2. ^ 生まれ育ちは愛生村(郡上郡相生村がモデル)だが、郡上弁ではなく、東濃弁に近い。これは製作側の事情としては、多治見出身の著者が、自分の出身地の方言を用いたため。作中の設定としては、田茂農林に通う生徒が東濃弁を使う者が多いために、それに染まってしまったとのこと(2014年2月24日付の著者のブログより)。
  3. ^ 正式名称は「All Natural Lifescience Bio B-type」で、その頭文字を取って「アナルBB」と呼ぶ。
  4. ^ a b 上半身裸の耕作と継に、白い液体をかけて、その様子を撮影する。BLというよりガチホモとしか思えない漫画を描くなど、腐女子というレベルを超えた変態ぶりを示す。
  5. ^ 現在の日本の法律上、農業学校における酒類製造は合法である。もちろん20歳未満が飲用することは違法である。ただし作中ではミードが酒類であることは記述されず、強精剤であることが誇張されて記述された。
  6. ^ 作中の説明によると、農業を始めるには莫大な初期費用が必要であり、農協と濃密に連携することが求められる。また、農業を学ぶ「研修」も実際には「最低賃金以下で働かされる奴隷以下の扱い」「家族産業として成熟している農業には終身雇用という概念はない」とされ、新規就農者を排除するシステムが完成していると描写している。
  7. ^ 主にはハリケーンによる稲の倒伏や、カリフォルニア米の台頭に悩まされている。またアクロバイオ企業や作物を組織的に生産する穀物メジャーの思惑に翻弄され、個人農家であるナタリーの実家も現実問題では日本のそれと変わらず助成金込みでなんとか生計を賄っている、と作内では表現されている。
  8. ^ 農作物は生き物のため、鋼材等のよう他の製品に転用ことができない。そのため、農業での生産調整は「丹精込めた作物を自分の手で潰す」という苦渋の決断を強いられることとなる。
  9. ^ a b テレビアニメでは割愛。
  10. ^ ここで耕作が「また停学か」と言っており、かなりの問題児であることが示されている。
  11. ^ はせがわ機械が製造している。2014年現在は「与作III」にモデルチェンジしている。
  12. ^ 現実には、最高ランクの和牛であっても百万円以上の値がつくことはほとんどなく、胡蝶が言った金額は「共進会優等賞のご祝儀価格」と『のうりんのブログ』で説明されている。
  13. ^ 耕作に会うために一人で田茂農林高校を訪ねてきた時には、ヒンヌー教徒たちはもちろん学校中の女生徒が工に注目し、林科は(科のマドンナである農の妹ではあるものの)工のために手作りの机とイスを進呈するなど、学校中の話題と興味を一身に集めていた。
  14. ^ 生計を立てるほどトマト栽培を行っている農家が、農協の組合長を常勤で兼務することは、現実にはほぼ不可能である。非常勤の組合長なら不可能ではない。
  15. ^ a b 作中の描写から、農の父親が組合長を勤めた農協は、トマト販売の専門農協の可能性もある。
  16. ^ アニメでは村長と組合長が陰口を叩いた程度で終わっており、深刻な軋轢は描写されていない。
  17. ^ 9巻時点では、少なくとも村長・組合長と、士については和解している。
  18. ^ 現実には、トマト栽培用のビニールハウスは毎年ビニールを張り替えねばならず、豪雪で倒壊しても付け加えて骨組の出費が増えるだけであり、農業を断念するほどの深刻な損害ではない。
  19. ^ 販売用の米袋に「この米は不味くて食べられたものではないので買うな」と書く、「農業をしたいと言って農業しかしたことがないのはダメなやつ」「農業が好きで農業ばかりしてきた奴に良い作物は作れない」「『農』という媒体を使って何をしたいかというビジョンのない人は作物を作れない」と発言するなど。
  20. ^ 現実に2013年に当選した美濃加茂市長:藤井浩人のプロフィールと同じである。
  21. ^ 実在する岐阜県最大のスーパーチェーンはバロー (Valor) である。また、テレビアニメ第10話では、これをもじった「Balor」という名のスーパーが登場する。
  22. ^ 林太郎と同じ年に女子生徒(長谷川愛)が入学したものの、「男子校に入学した覚えはない」と書置きを残して早々に転校している。
  23. ^ 作中の名前は、ソラー電機の子会社。現実の美濃加茂市では、ソニーの子会社のソニーイーエムシーエス(後のソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズ)の工場が2013年に撤退している。
  24. ^ 原作には「奈比」「名津砂」「腰太」といった集落名が出てくる。
  25. ^ 明治になるまでは農民に名字がなかったため、集落名+名前が一般的に用いられた。たとえば、農の実家は「奈比のジロマ」。これは「奈比集落のジローさん家」という意味である。
  26. ^ ドラマCD版やテレビアニメ版における農の話す東濃弁は話者からの助言を得た正確なものであるのに対し、テレビアニメ版における郡上弁はイントネーションが異なり、取材不足が見られる。2014年9月5日付の作者のツイッターでの発言によれば、後にアニメのBD/DVD6巻発売に伴う書き下ろし小説執筆にあたり、方言の取材を行ったとの事。
  27. ^ テレビアニメ版では村長と組合長(農協なのかは言及なし)が陰口を叩いた程度であり、深刻な軋轢は描かれていない。
  28. ^ 現実には、中濃地域の農協は複数回の合併を経てJAめぐみのとなっている。
  29. ^ a b ライブパートを含む。
  30. ^ a b ライブパート。
  31. ^ スカパー!BS放送)、スカパー!プレミアムサービススカパー!プレミアムサービス光にて無料放送。

出典[編集]

  1. ^ ラノベ「のうりん」発売! 農業高校ラブコメ、ロゴは「けいおん!」に酷似”. アキバ総研. カカクコム (2011年8月10日). 2015年8月1日閲覧。
  2. ^ アニメ『のうりん』メインキャスト情報解禁! 浅沼晋太郎さんはじめ、田村ゆかりさん、花澤香菜さんら豪華声優陣が集結!!”. アニメイトTV. アニメイトラボ (2013年4月1日). 2013年6月2日閲覧。
  3. ^ 原作第4巻41ページより。
  4. ^ a b c 特別編 農林サッカー 2015年8月1日閲覧。
  5. ^ ドラマCD「のうりん」の方言は…”. GA文庫×HOBiRECORDSドラマCD製作日記. ホビボックス (2012年3月16日). 2013年9月17日閲覧。
  6. ^ のうりん”. SBクリエイティブ. 2016年3月15日閲覧。
  7. ^ のうりん 2”. SBクリエイティブ. 2016年3月15日閲覧。
  8. ^ のうりん 3”. SBクリエイティブ. 2016年3月15日閲覧。
  9. ^ のうりん 4”. SBクリエイティブ. 2016年3月15日閲覧。
  10. ^ のうりん 5”. SBクリエイティブ. 2016年3月15日閲覧。
  11. ^ のうりん 6”. SBクリエイティブ. 2016年3月15日閲覧。
  12. ^ のうりん 7”. SBクリエイティブ. 2016年3月15日閲覧。
  13. ^ のうりん 8”. SBクリエイティブ. 2016年3月15日閲覧。
  14. ^ のうりん 8 ドラマCD付き限定特装版”. SBクリエイティブ. 2016年3月15日閲覧。
  15. ^ のうりん 9”. SBクリエイティブ. 2016年3月15日閲覧。
  16. ^ のうりん 10”. SBクリエイティブ. 2016年3月15日閲覧。
  17. ^ のうりん 10 ドラマCD付き限定特装版”. SBクリエイティブ. 2016年3月15日閲覧。
  18. ^ のうりん 11”. SBクリエイティブ. 2016年3月15日閲覧。
  19. ^ のうりん 12”. SBクリエイティブ. 2016年3月15日閲覧。
  20. ^ のうりん 1巻”. ガンガンコミックスONLINE. スクウェア・エニックス. 2016年3月15日閲覧。
  21. ^ のうりん 2巻”. ガンガンコミックスONLINE. スクウェア・エニックス. 2016年3月15日閲覧。
  22. ^ のうりん 3巻”. ガンガンコミックスONLINE. スクウェア・エニックス. 2016年3月15日閲覧。
  23. ^ のうりん 4巻”. ガンガンコミックスONLINE. スクウェア・エニックス. 2016年3月15日閲覧。
  24. ^ のうりん 5巻”. ガンガンコミックスONLINE. スクウェア・エニックス. 2016年3月15日閲覧。
  25. ^ のうりん 6巻”. ガンガンコミックスONLINE. スクウェア・エニックス. 2016年3月15日閲覧。
  26. ^ のうりん 7巻”. ガンガンコミックスONLINE. スクウェア・エニックス. 2016年3月15日閲覧。
  27. ^ のうりん 8巻(完)”. ガンガンコミックスONLINE. スクウェア・エニックス. 2016年3月15日閲覧。
  28. ^ のうりん プチ 1巻”. ガンガンコミックスONLINE. スクウェア・エニックス. 2016年3月15日閲覧。
  29. ^ のうりん プチ 2巻(完)”. ガンガンコミックスONLINE. スクウェア・エニックス. 2016年3月15日閲覧。
  30. ^ のうりん-野生- (1)”. SBクリエイティブ. 2016年3月15日閲覧。
  31. ^ のうりん-野生- (2)”. SBクリエイティブ. 2016年3月15日閲覧。
  32. ^ 美濃加茂市長 応援コメント”. ニコニコ動画. ニワンゴ (2013年7月29日). 2013年9月17日閲覧。
  33. ^ 加茂農林高モデルの「のうりん」 アニメ第1話を上映”. 岐阜新聞 Web. 岐阜新聞社 (2013年12月22日). 2013年12月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年12月23日閲覧。
  34. ^ 高橋克則 (2013年4月2日). “「のうりん」がアニメ化、農業高校舞台のライトノベル、声優に浅沼晋太郎、田村ゆかりら”. アニメ!アニメ!. イード. 2014年1月29日閲覧。
  35. ^ 胸元強調アニメポスター批判相次ぎ撤去 岐阜・美濃加茂”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2015年12月1日). 2015年12月1日閲覧。
  36. ^ 胸元強調キャラ、主役退く 観光協会ポスター新デザイン”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2015年12月7日). 2015年12月7日閲覧。

関連項目[編集]

  • 長良川鉄道越美南線 - 劇中に登場。第4巻では宣伝ポスターが登場する。テレビアニメでは長良川鉄道が「製作協力」としてクレジットされている。
  • FC岐阜 - 2014年8月31日のJリーグ ディビジョン2公式戦(対東京ヴェルディ戦)でコラボ企画を実施。2015年はJリーグ ディビジョン2公式戦(対東京ヴェルディ戦と対水戸ホーリーホック戦)でのコラボ企画アニ×サカ!!の一環として実施。
  • 鶏ちゃん - 岐阜県の郷土料理だが、作中において間違った紹介をされている。作中では鶏の内臓料理で、主人公の生家付近では内臓以外の部位を混ぜる事もあるように紹介されているが、事実は正反対で、内臓以外の鶏肉を用いた料理で、郡上近辺では内臓部分も混ぜる場合がある。
  • 銀の匙 Silver Spoon
  • 百姓貴族

外部リンク[編集]