鶏ちゃん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鶏ちゃん焼き

鶏ちゃん(けいちゃん)とは、岐阜県郷土料理の一つで、鶏肉に醤油や味噌をベースにニンニクや生姜などで下味を付け、キャベツやもやしなどの野菜と共に鉄板で炒めた料理である。「けいちゃん」、「ケーチャン」とも表記される。近年は「鶏ちゃん焼き」と称する例もある。

元々は飛騨地方南部の下呂市(旧益田郡)や高山市南部、中津川市北部、奥美濃地方の郡上市家庭料理である。1950年頃から食されていて、1960年頃から、地元の精肉店居酒屋が独自に改良したと言われる。

「ひょうたん」と同じく「ちゃん」という発音である[1]

戦中から戦後、下呂や郡上の田舎で、卵を産まなくなった採卵用のニワトリを食べたのが鶏ちゃんの始まりと言われている。食肉が手に入りにくかった当時、鶏ちゃんは貴重な料理であり、盆や正月、親族の集まりや来客があるときなど、特別な時に振る舞われた。

下呂や郡上などで大規模な養鶏が始まった昭和30年代あたりから、 毎日数羽単位で「廃鶏」が出るようになると、その有効活用をしようという考えから、飲食店や精肉店等で下味の付いた鶏肉の販売が始まる(下呂・馬瀬のうめもと食堂、下呂・萩原の萩原チキンセンターなど)。 他方、同じく下呂市内で、精肉店が主婦のリクエストで味付けの鶏肉を販売するようになり、これが鶏ちゃんになっていった歴史も別途にある(下呂・萩原の天狗など)。 同時期、伊勢湾台風の復旧や大型ダムなど公共工事の拡大に伴う労働者向け飲食店が増加したことに伴い、飲食店のメニューとして拡がっていった。

郡上では、特に北部で御母衣ダムなどの公共工事に伴って増えた労働者向けの焼き肉店などにおいて、「ホルモン料理」が出されるようになり、牛や豚の内臓肉に加え、鶏肉を用いるようになった。この際、味付けに当たって、朝鮮の労働者から味のアドバイスを受けたとする証言が多くある。

郡上の明宝地区では、戦後、羊の畜産を奨励し、ジンギスカンとして売り出したという歴史があり、昭和30年代に羊の飼育が衰退した後、養鶏が広がるに至って、ジンギスカンと同じく、廃鶏に下味をつけて食べるようになった。

レシピ[編集]

なお、タレは各家庭、飲食店、製造業者により異なるが、郡上地区は郡上味噌味、下呂地区は醤油が多い。鶏肉の部位も製造業者によって異なり、内臓を用いたもの、あるいは混ぜたものもあり、鶏の皮肉と内臓を混ぜたものを当地では皮きもと称する。タレには、ニンニクタマネギの摩り下ろしたもの、ゴマなどを加える場合もある。

関連する料理[編集]

同様に鶏肉の代わりに豚の肉や内臓を用いたものは、豚ちゃん(とんちゃん)とも呼ばれる。しかしながらそれ以外の部位よりも内臓を用いる場合が圧倒的に多く、呼称としてもホルモン(いわゆるホルモン焼き)の方が広まっている。

ただし他地域(岐阜県可茂地域・特に御嵩町)では「とんちゃん」の名称が普及している場合もある。詳細は「ホルモン焼き」の項目を参照。

一方で、内臓以外の部位の豚肉を用いて、鶏ちゃん同様の味付けをした豚肉が、近年「Booちゃん」といった商品名で、岐阜県下で販売された。

よくある誤解[編集]

いわゆる「とんちゃん」=「ホルモン焼き」が、豚の内臓を用いている事から、鶏ちゃんも鶏の内臓を用いているという認識が一部にあるが、これは全くの誤解である。鶏ちゃんの製造・調理法が製造業者や飲食店によって差異がある事から、上述の通り一部に鶏の内臓部分を食材に含む場合があるが、全てにおいてそうだという訳ではなく、内臓を含まない場合のほうが多数派である。

最近では、白鳥士郎によるライトノベルのうりん』によって、この誤解が広められてしまっている。

流通[編集]

  • 現在は、十数社が下味をつけた鶏肉を、「鶏ちゃん」「ケイちゃん」といった名称で販売している。殆どは岐阜県内で流通しているが、岐阜県資本のスーパーがある愛知県北部、名古屋市滋賀県などでも販売されている。
  • 2007年10月、岐阜県の特産品として販路拡大や新製品開発を目指し、「飛騨美濃鶏ちゃん協同組合」が設立されている。

鶏ちゃんに関連する組織[編集]

めいほう鶏ちゃん研究会[編集]

  • 2007年頃、郡上市明宝地区で発足した「めいほう鶏ちゃん研究会」が中心となり展開している鶏ちゃんであり、郡上市明宝地区の飲食店、旅館で食べられる他、食料品店で購入可能。
  • 味は店舗による異なるが、味噌や醤油、ニンニクで味付けした鶏肉(もも・むねなど)を、キャベツやタマネギといっしょに焼いたものである。
  • 2010年9月、B-1グランプリに初参加。

鶏ちゃん合衆国[編集]

  • 2012年にアメリカ合衆国をモデルに鶏ちゃん合衆国を設立。鶏ちゃんを提供する飲食店や鶏ちゃん関連商品などのメーカーを『州』、鶏ちゃんの小売りを専門に行う事業者を『自治区』と定めた。また古田肇岐阜県知事を顧問にあたる名誉大統領に据えている。独自の旗・国歌などを制定し、遊び心あふれながら活動を行っている。

関連商品[編集]

  • 東海3県下のコンビニエンスストア(ファミリーマートローソンサークルKサンクス)とのタイアップ商品を積極的に行っている。
  • 鶏ちゃんに合うように作られた芋焼酎「岐阜県民 鶏ちゃん」が開発され、商品化された。
  • CoCo壱番屋では、岐阜県と愛知県の一部店舗で、鶏ちゃんをカレーの具に使った「鶏ちゃんカレー」が提供されている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 太字の部分にアクセントを付ける。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]