かつめし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かつめし(「りんどう」加古川)

かつめしは、洋皿に盛ったご飯の上にビフカツ(または豚カツ)をのせ、たれ(主にドミグラスソースをベースとしたもの)をかけ、ゆでたキャベツを添えた料理で、通常で食べる。兵庫県加古川市郷土料理ご当地グルメである。「お箸で気軽に食べることができる洋食」がコンセプト。かつめしの呼称が定着しているが、カツライスの呼称もある[1]

概要[編集]

豚カツを使ったかつめし(「ロッキー」加古川)

ビフカツとご飯を一緒にして「で食べられる洋食」をコンセプトに創作された。終戦直後の1945年(昭和20-30年)頃に加古川市内にあった「いろは食堂(現存せず)」が最初に出したといわれる。当時ビーフカツレツをだす際に皿が足りず、ひとつの皿に、ご飯、ビーフカツレツを盛り、たれをかけたことが始まりとされる。これがコンセプトとなり、広まった。かつめしをスプーンで食べることは少なく、箸で食べることが一般的である[1][2]

手軽に食べられることから加古川市内の食堂喫茶店に広まり、地域の名物料理となったが、加古川市以外でかつめしをメニューに取り入れている店はほとんどなく、神戸にわずかにある程度である[1][3]。市中心部の老舗が後継者不足などで閉店し伝統の味が失われた例もあるが、郊外に新しい店がオープンしたり、学校給食に取り入れられたりと、市民に親しまれている味である。加古川市周辺の高砂市播磨町稲美町などでも「かつめし」をメニューに載せる店が多いが、同じ旧播磨国でも姫路市などでは「かつめし」を出す店は少数であり、極端にエリアの狭い郷土料理である。

たれが主体の、薄く叩き延ばした牛肉カツタマネギなどが煮込まれたドミグラスソース系の赤褐色のたれを大量に掛けた「カツハヤシライス」と呼ぶべきもの(元祖はこちら)から、カツが主体の、分厚いカツに「とんかつソース」系の黒色に近いたれを少量掛けた「カツ乗せ飯」と呼ぶべきものまで、味の甘辛も含めて店ごとに多様なバリエーションが存在する(最近では後者に近いものが多い)。

かつめしを提供している加古川市の喫茶店。

新神戸駅三ノ宮駅など阪神地域のJRの駅では、「淡路屋」の調製による当料理をアレンジした駅弁「タイガース勝めし」が1000円で販売されている。一時はコンビニエンスストアのご当地メニューとして登場したこともある。

近年のご当地B級グルメブームにあやかって、地域おこしに活用しようという動きがある。かつめしのPR団体には「東播磨かつめし連盟」や「うまいでぇ!加古川かつめしの会」があり、新聞・テレビ・雑誌でのPR、ご当地グルメイベントへの参加、「県境なき牛団」として兵庫・鳥取・岡山・広島各県の団体との連携(うまいでぇ!加古川かつめしの会)などの活動を行っている。1999年と2000年にはかつめしのPRソング「かつめしの唄」「かつめし音頭」、2008年にはかつめしをPRするためのロゴマークやマスコットキャラクター「かっつん」「デミーちゃん」が製作されている。

たれ[編集]

それぞれの店ごとに秘伝のたれがあるが、ある程度のレベルのものならば家庭でも簡単に作れる。基本形は、ウスターソーストマトケチャップコンソメスープの素を適宜混合し、日本酒ワイン)を加えて煮詰め、少量の片栗粉を溶けば良い。また、加古川市内の食品会社やオタフクソースなどから、かつめしのたれが市販されている。

類似料理[編集]

ドミグラスソースカツ丼(ドミカツ丼)
岡山市中心部の料理。かつめしより歴史が古い。かつめしがビフカツとたれなのに対し、こちらはトンカツとドミグラスソースを使用する。かつめしが平皿に盛るのに対し、こちらは丼に盛る。また、かつめしがキャベツを添えるのに対し、こちらはご飯とトンカツの間に盛る。
加古川と岡山は距離が近いが、関連性は確認できない。
エスカロップ
北海道根室市を中心にした地域にあるエスカロップ(特に白エスカ)は、かつめしに似ている。違いはエスカロップが筍のみじん切りを加えて炒めたバターライスであるのに対し、かつめしは白飯であることである。
その他
その他のカツ丼系のヴァリエーションについては、カツ丼を参照のこと。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 加古川観光協会 - 加古川と言えばやっぱりこれ!名物「かつめし」特集
  2. ^ 加古川かつめし物語 - かつめしの誕生
  3. ^ 加古川かつめし物語 - かつめしといえば

関連項目[編集]

外部リンク[編集]