エスカロップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エスカロップ
エスカロップ(白エスカ、2001年6月)
主な地域 北海道根室市
発案時期 1963年頃
発案店(発案者) モンブラン

エスカロップは、ケチャップライスまたはバターライス豚カツを乗せてドミグラスソースを掛けた料理。北海道根室市ご当地料理で、略してエスカとも呼ばれる。

概要[編集]

ピラフの上にポークカツを載せてドミグラスソースをかけたもので、平皿に盛られフォークを用いて食べる。通常は皿の端に生野菜が添えられる。ケチャップライスを用いる赤エスカと、バターライスを用いる白エスカがあり、現在は白エスカが主流[1][2]。白エスカのバターライスにはみじん切りが入っている。

元々は地元の漁師たちのために手早く満腹感を満たすことができるメニューとして考案されたという[3]。「エスカロップ」の語源は諸説があるが、一般的にはフランス語の「エスカロープ」 escalope (肉の薄切り)とされる[1][2][4]。語源の意味の通りエスカロップのトンカツには、ドイツなどのシュニッツェルに類似して、比較的薄切りの豚肉が用いられる。

歴史[編集]

1963年(昭和38年)頃、根室市の洋食店「モンブラン」のシェフが考案し、短期間のうちに根室市内で普及した[1][2][4]。 当初は仔牛肉ソテーあるいはカツレツナポリタンスパゲッティの上に載せたものであったといわれるが、やがてトンカツを用いるようになり、スパゲッティはケチャップライスに代わった。これが「赤エスカロップ」の原型である。その後赤エスカを基に白エスカが出現した。ライスには当初マッシュルームが混ぜ込まれていたが、当時の流通の関係により筍に変更された。

普及[編集]

根室市での知名度・普及度は非常に高く、同市の「郷土料理」として紹介される場合もある[1][2][4][5]。市内では食事メニューとして供する喫茶店が多い[4][5]ほかコンビニエンスストアでも「エスカ弁当」が売られており[4][5]、夕食メニューにエスカロップを出す宿泊施設もある[5]が、根室市および根室振興局管内の地域以外ではほとんど見られない。北海道内でも、2005年にセブン-イレブンが期間限定商品としてエスカロップを販売したが、それほど売り上げは伸びなかった。

類似の料理[編集]

福井県に複数の店舗がある洋食店「ヨーロッパ軒」においても1960年代からスカロップという同様のメニューが存在する。これもおそらくフランス語の escalopes から名付けられたものとみられるが、根室のエスカロップとの関係は不明である。

また類似した料理として、西日本広域に存在するカツライス兵庫県加古川市かつめし岡山市ドミグラスソースかつ丼新潟県長岡市福岡県大牟田市などにみられる洋風カツ丼などが挙げられるが、いずれもベースとなるライスは白飯である。ピラフを用いるという点において最も近いのは長崎市トルコライスである。

派生メニュー[編集]

  • サンマ・エスカロップ
ねむろさんま祭りで登場した、ホテルクラビー札幌の貫田料理長考案のメニュー。トンカツの代わりにサンマで作られたカツを使用し、トマトソースを掛け、ピクルスを添えた一皿。後に地元のコンビニエンスストアでも売り出されたが定着しなかった。

また根室にはエスカロップ以外にも、独特の洋風皿盛り料理が多数存在する。

  • スタミナライス - ライスの上にトンカツを載せ、野菜炒めをかけた後、目玉焼きまたは生卵を載せる
  • オリエンタルライス - カレーピラフの上に牛サガリの焼肉を乗せ、ステーキソースをかける
  • パンチライス - 白飯またはバターライスにナポリタン、豚肉のソテーあるいは生姜焼き、目玉焼き、生野菜などを盛り合わせる
  • ビドックライス - ケチャップライスにミートボールと生野菜を盛り合わせる
  • フロレンテン - スパゲッティにハヤシライスのソースとホワイトソースをかけオーブンで焼き上げ、目玉焼きと温野菜を載せる

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 北海道の郷土料理”. ぐるなび. ぐるなび観光・出張お助けナビ. 2010年5月11日閲覧。
  2. ^ a b c d 人気投票 候補料理 北海道”. 農山漁村の郷土料理百選. 財団法人農村開発企画委員会 (2007年). 2010年5月11日閲覧。
  3. ^ エスカロップ お店マップ”. 根室市観光協会. 2010年5月11日閲覧。
  4. ^ a b c d e まあく@蝦夷 (2007年9月6日). “札幌で根室名物「エスカロップ」”. 47NEWS ニッポンのGOHAN (全国新聞ネット). http://www.47news.jp/topics/b-gourmet/2007/09/post_31.php 2010年5月11日閲覧。 
  5. ^ a b c d 全国郷土料理レシピvol.64 北海道「エスカロップ」”. 今週の節約レシピ. ナノ・メディア. 2010年5月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]