エスカロープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鹿肉のエスカロープ

エスカロープ: Escalope: Escalopeエスカロプとも)は手早く調理できるよう、薄切り肉をミートハンマー[1]麺棒[1]またはナイフの柄[2]を用いてさらに薄くした骨なしの肉。

エスカロープには仔牛肉豚肉鶏肉七面鳥フォアグラなどの白身の肉およびサーモンのような魚肉が用いられる[3]

仔牛のエスカロープを用いた有名なレシピにウインナーシュニッツェルコルドンブルーがある。またイタリア料理では、サルティンボッカの様な同様の仔牛肉の薄切りがスカロッピーネとして知られる。

アメリカ南部料理チキンフライドステーキにも同様の処理を施した牛肉キューブステーキ)が用いられる。

日本屈指の老舗洋食店として知られる東京銀座煉瓦亭のメニューでは「仔牛チーズ焼」の英訳を "Veal Escalope" としている。

脚注[編集]

  1. ^ a b http://www.recipezaar.com/library/getentry.zsp?id=842
  2. ^ http://www.probertencyclopaedia.com/cgi-bin/res.pl?keyword=Escalope&offset=0
  3. ^ Grand Robert de la langue française, 2001, tome III, p. 168.

関連項目[編集]