焼豚玉子飯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
焼豚玉子飯

焼豚玉子飯(やきぶたたまごめし)とは、愛媛県今治市の名物料理の一つであり、「今治焼豚玉子飯」とも呼ばれる[1]B級グルメ

米飯の上にまず薄く切った叉焼(煮豚)をのせ、さらに半熟の目玉焼きをのせてから焼豚タレ味付けした丼物料理である。

略歴[編集]

もともとは中華料理店『五番閣』の賄い食であったが、その後に同店が商品化したもので、「焼豚玉子飯」と名付けられた。その後、同店で修行していた料理人が独立し、メニューに加えた。

市内にはいくつかの飲食店でメニューに載っており、今日では今治市の名物料理の一つとなっている。2007年(平成19年)には、ファミリーマートが愛媛県と提携して弁当として商品化されており、また家庭用として複数社から「専用のたれ」が発売されている。

今治焼豚玉子飯世界普及委員会[編集]

今治焼豚玉子飯世界普及委員会がB-1グランプリ2011年)に入賞[2]した。

2006年(平成18年)に、市民有志で作る焼豚玉子飯世界普及委員会が発足。2010年(平成22年)に、焼豚玉子飯世界普及委員会が尾道てっぱんグランプリで優勝。その後にB-1グランプリ出展を目指し、今治焼豚玉子飯世界普及委員会と改名

2011年(平成23年)に、B-1グランプリ正会員に昇格し、2011近畿・中国・四国B-1グランプリでは第3位に輝いた。その後、姫路で行われた第6回B-1グランプリではご飯ものは不利と言われている中、初出展にして第5位に入賞した(初出場17団体の中では最高位)。

2012年(平成24年)2012近畿・中国・四国B-1グランプリin鳥取では念願の「ゴールドグランプリ」(優勝)を獲得した。また、北九州市で全国63団体が参加して行われた、第7回B-1グランプリでは、2度目の出場ながらも、「ブロンズグランプリ」(第3位)を獲得した。

2014年(平成26年)第9回 B-1グランプリin 郡山で「ブロンズグランプリ」(第3位)を獲得した。

トリビア[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 今治焼豚玉子飯|今治市[リンク切れ]
  2. ^ B-1グランプリで受賞したプライズは『今治焼豚玉子飯世界普及委員会』に与えられたもの。『料理』に対するものではない

関連項目[編集]

外部リンク[編集]