鍋焼きラーメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラーメン > 鍋焼きラーメン
鍋焼きラーメン
鍋焼きラーメン.JPG
橋本食堂の鍋焼きラーメン
発祥地 日本の旗 日本
地域 高知県須崎市
考案者 谷口兵馬(谷口食堂店主)
誕生時期 昭和時代(戦後)
類似料理 鍋焼きうどん
テンプレートを表示

鍋焼きラーメン(なべやきラーメン)とは、高知県須崎市で企画されたスープ土鍋で煮込んだラーメンであり、主に須崎市内のラーメン専門店や飲食店で提供される[1]ご当地ラーメンであることを強調する際には須崎ラーメン須崎鍋焼きラーメンといわれることもある。

概要[編集]

須崎市内に戦後すぐに開業した「谷口食堂」の店主谷口兵馬(たにぐちひょうま)が考案した[1][2][3]。 出前の際の保温のために丼の代わりにホーロー鍋を使用したのが元祖であり[4]、その後の主流となる土鍋を最初に使用したのは「谷口食堂」の近所にあった「みつだ食堂」である[5]。「谷口食堂」「みつだ食堂」「水野食堂」は「須崎鍋焼きラーメンの老舗御三家」と呼ばれた[5]。当時の値段は約60円であり、銭湯帰りの食事として流行した。また、夜遅くまで営業していたため若者たちの溜まり場にもなっていた[5]

野菜や親鳥の鶏ガラから採られ、具材に使われる肉も親鳥の肉であるのが特徴。親鳥を使うようになったのは、谷口食堂の前に鶏を扱う店があり、無料で分けてもらっていたという事情もあった[2]

1980年に店主の死去に伴い「谷口食堂」が閉店。元常連たちにより、その味を独自に継承する店が多く登場する[5]

2002年に須崎市の名物として売り出そうと商工会議所・市役所などの有志により「鍋焼きラーメンプロジェクトX」が発足し、積極的にPRが行われるようになった[1]

須崎市周辺のスーパーマーケットでは、家庭用の袋入り鍋焼き用生ラーメンが販売されており、高知市内や高知龍馬空港などの土産物コーナーでは橋本食堂の生ラーメンなどを購入することができる。また、ネット通販を含め、地方発送をしている飲食店もある。高知市などには提供する店舗が複数あり、近畿圏でも提供する店舗が少数ではあるが誕生し、時折メディアに登場している。2013年1月26日から4月7日の間、「谷口食堂」の名前で新横浜ラーメン博物館に期間限定で出店した[6]

定義[編集]

須崎商工会議所が発足させた「須崎名物『鍋焼きラーメン』プロジェクトX」では7つの定義を定めている[1]

  1. スープは、親鳥の鶏がら醤油ベースであること
  2. 麺は、細麺ストレートで少し硬めに提供されること
  3. 具は、親鳥の肉・ねぎ・生卵・ちくわ(すまき)などであること
  4. 器は、土鍋(ホーロー、鉄鍋)であること
  5. スープが沸騰した状態で提供されること
  6. たくわん(古漬けで酸味のあるものがベスト)が提供されること
  7. 全てに「おもてなしの心」を込めること

2011年(平成23年)1月現在、プロジェクトXが編集した資料には36の須崎市内の店舗が掲載されている。これらの店舗では、共通の幟を店頭に出しているので、認識しやすい。

特徴[編集]

イメージキャラクター[編集]

  • なべラーマン(声:大和田りつこ
  • かわうそのカウちゃん(なべラーマンのお供)

上記2点のデザインは「鍋焼きラーメンプロジェクトX」の趣旨に賛同したやなせたかしによるものである。

2013年公募により須崎市のキャラクターであるしんじょう君が現行のデザインに変更になった際、 鍋焼きラーメンをモチーフにした帽子をかぶるデザインとなった。 デザインは端広こうである。

関連商品[編集]

  • タルト - 鍋焼きラーメンを形取った菓子のタルトが須崎市内で製造販売されている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d カッと鍋焼きラーメン、『日本経済新聞』2004年12月11日付夕刊
  2. ^ a b 須崎商工会議所の資料では「50年近く守られ」としている。
  3. ^ 熱々スープに親鳥のうまみが満点! 高知県須崎市の「鍋焼きラーメン」”. アットホーム (2016年1月12日). 2018年4月2日閲覧。
  4. ^ 須崎市HP 鍋焼きラーメンとは
  5. ^ a b c d 須崎の鍋焼きラーメンの魅力&観光巡りMapアサヒビール
  6. ^ 朝日新聞高知版2013年1月24日

外部リンク[編集]