ホルモン焼きうどん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
兵庫県佐用町のホルモンうどん

ホルモン焼きうどん(ホルモンやきうどん、ホルモンうどん)は兵庫県佐用町および岡山県美作地方中東部(津山市など)の名物料理である。最近では、佐用町および津山市がそれぞれご当地グルメとして売り出し、町の活性化を試みている。

津山市のホルモン焼きうどんは、2011年のB-1グランプリでシルバーグランプリ(第2位)を獲得している。

概要[編集]

調理風景

鉄板焼き焼きうどんの一種で、具材にホルモンを多く使用し、タレにつけて食べる。また、店によってはタレをかけて食べる所があったりと、ホルモン焼きうどんの食べ方は店によって様々である。一般の精肉を使ったものとは違い、ホルモンの旨みが染み出すため独特のコクがうまれる。

タレは店や地域によって味が異なるため、様々なホルモン焼きうどんを味わうことができる。また、一度食べるとリピーターになる人が多く、休日には遠方から家族や友人を連れて食べに来る人もいる。

最近では広島にも伝わり味噌醤油をタレとした派生料理も見られる。

歴史[編集]

佐用周辺や美作地方では精肉の出荷が多かったため(作州牛佐用牛など)、食材としてホルモンなどがあまる傾向にあったため安くたくさん入手でき、うどんなどの食材に使われるようになったとされる。

発祥の地は限定できないが、兵庫県佐用町から岡山県北部にかけての地域は、出雲街道沿いにあって県境(旧国境)をまたいだ古くからの文化・経済的なつながりが強く、これらの地域一帯で畜産業精肉業が盛んであったことから自然発生的に生まれた郷土料理であるとされている。

なお、佐用町がいち早くホルモン焼きうどんを名物料理として売り出したため、津山市のホルモン焼きうどんは真似事だとの意見が主流である。

ご当地グルメ[編集]

ホルモンうどんを町おこしの起爆剤にするため、佐用町が「佐用ホルモンうどん食わせ隊」、津山市が「津山ホルモンうどん研究会」という振興団体を結成し、普及活動に努めている。両団体ともB-1グランプリの主催団体である愛Bリーグの正会員で、津山ホルモンうどん研究会は2011年の姫路大会で第2位に入賞。佐用ホルモンうどん食わせ隊はB-1グランプリの審査要件となる「2万食以上の提供」が困難であるとしてB-1グランプリへの参加を見送り[1]、後に愛Bリーグを退会した。

備考[編集]

  1. ^ 佐用ホルモンうどん「くわせ隊」県内外で活躍神戸新聞、2012年5月25日)

関連項目[編集]