甲府鳥もつ煮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
甲府鳥もつ煮
Kōfu Torimotsuni.jpg
主な地域 山梨県
発案時期 1950年昭和25年)頃
発案店(発案者) 奥藤(塩見勇蔵・力造)

甲府鳥もつ煮(こうふとりもつに)は、山梨県で食べられている[1]ニワトリモツ砂糖醤油で照り煮[2]し、町おこしを目的とした[3]地元の料理。もつ煮込[4]ではなく、甘辛く味付けし照りが出るまで煮詰めたものであり[2]、「B級ご当地グルメ」[5]のひとつに分類されている。

概要[編集]

同県内で「鳥もつ煮」と呼ばれているが、町おこしのために同県甲府市の名を採って「甲府鳥もつ煮」と呼ぶ事が始まった。また、同県内で広く食されることから、同県と同じ範囲にあった令制国甲斐国通称を採って「甲州鳥もつ煮」とも呼ばれる。

この地域における鳥もつ煮の発祥・伝播は、1950年(昭和25年)頃に「鳥のもつが捨てられていてもったいない。なにか安くて美味しいものができないものか」と甲府市内の蕎麦屋で考案したもので、それが評判となって他の飲食店に広がっていき、甲府の特徴的な食文化のひとつとなった[2][5][6][7][8]。ただし、鳥臓物を煮込んだ料理は地域独自・限定の文化ではなく、類似する料理は他の地域でも存在する(後述)。

鳥もつと総称される部位のうち、主に砂肝ハツレバーキンカンなど、以前は捨てていた部位を活用・工夫した料理である[5][6]の内臓肉を使用したもつ煮込み(関東の煮込みや九州のもつ鍋[4]とは異なる。甲府市観光課のレシピや「奥藤(おくとう)」のレシピにおいて、基本の調味料は砂糖醤油だけであり、作り方は鍋やフライパンに調味料を入れて煮立たせタレにし、泡立ったら鳥もつを入れて絡めながら煮詰め、タレに照りが出て飴状になって汁気がなくなったら完成である[2]。大量の砂糖醤油を使ったタレで旨味を閉じ込めており[8]、このタレ自体は焼き鳥で使用されるタレに類似している。

山梨県内では、蕎麦屋、ほうとう屋などの定番メニューとして認知されており「鳥もつ」といえばこれの事を指す。甲府市役所が発行する甲府市観光ガイドや甲府市公式サイトには甲府ブランドのひとつとして、ほうとう煮貝などと並んで紹介されている[9]。また県内スーパーの動向として、定番の惣菜としてよく取り扱われる時期から、2000年代頃では惣菜の種類が増えたこともあり店頭扱いが低下傾向の時期を経て、B-1グランプリ優勝後は再度定番の惣菜として置かれるようになった[7]。2008年の調査では甲府市近郊の蕎麦屋51店で当メニューを扱っており、前菜や酒のつまみ・蕎麦の定食・米飯の上にのせた「鳥もつ丼」で食べられている。甲府市役所の若手職員有志で結成された「みなさまの縁をとりもつ隊」という団体は、本料理の普及活動をメインに行っており、イベント時の宣伝キャラクターは「とりもっちゃん」・「えん丸くん」[5]。甲府市内にはこれらに賛同して料理の基準を満たした「甲府鳥もつ煮のぼり旗」を掲げた店舗が多いが、独自の調理方法や具材を使用する店舗も存在する。

歴史[編集]

2008年(平成20年)から、甲府市役所職員の若手有志がまちおこし団体「みなさまの縁をとりもつ隊」を旗揚げ、「甲府鳥もつ煮」のブランド名で甲府のB級グルメとして「鳥もつ」の全国に向けてのPR活動が行われており、「縁をとりもつ」という語呂合わせとともに、B級ご当地グルメブームと地域おこしの二つの概念から知名度の向上を目指している[10]。2009年、愛Bリーグに加盟[11]、準会員を経て2010年4月に正会員に昇格した。

2009年11月5日放送の『秘密のケンミンSHOW』(読売テレビ)では「そば屋で鳥もつ煮が習慣的に食べられている」、「焼き鳥屋では鳥もつ煮を販売していない店がある」と紹介された[8]

2010年(平成22年)9月18、19日に開催された「第5回B-1グランプリin厚木」に初出場し、ゴールドグランプリ(優勝)を獲得した[12]。第1回を除くと初出場初優勝は初のケースとなった。

B-1グランプリ優勝後、甲府鳥もつ煮を食べに現地へ向かう客が増えるなど、関連する地域や産業にて大きな経済効果を生み出し、観光資源として定着した[7][13][14]。その一方、山梨県内で取り扱う飲食店が急増したことや、ネット上の通信販売・山梨県外のイベントなどにおいて、味がいまひとつの物や類似品も出回り、利用者より「品質が悪い」などとクレームが寄せられた[7][15]。その対応策として「みなさまの縁をとりもつ隊」では材料や調理法、おもてなしの心など、一定の基準を設けた認定制度を設ける取り組みが進められており、まず2010年11月に『甲府鳥もつ煮の幟旗』が商標登録された[15]。現在マスコットキャラクターの『とりもっちゃん』及び『えん丸くん』のデザインが商標登録出願中であり、最終的に『甲府鳥もつ煮』の名称も登録することを視野に入れている[15]

類似の料理[編集]

鳥臓物を煮込んだ類似する料理は一部地域で存在する。

  • 中華料理には、ニワトリのモツを生姜八角と共に醤油で煮込んだ料理がある。完成品は甲府鳥もつ煮のように汁気が少なく類似しているが、薬味と共に煮込んでいるため風味が異なる。
  • 山形県新庄市では、古くから鳥のもつ煮込みが食べられており、とりもつをラーメンに乗せたとりもつラーメンも名物となっている。一般的なもつ煮込みと同様、水から煮込んで味噌醤油などで味をつける。

脚注[編集]

[ヘルプ]


外部リンク[編集]