なんこ鍋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:なんこ鍋の画像提供をお願いします。2013年4月

なんこ鍋(なんこなべ)は、桜鍋の一種であり、馬肉等のもつ)を味噌で煮込んだ鍋料理秋田県の料理や、北海道空知地方郷土料理ともされている。長野県では「おたぐり」と呼ぶ。

「なんこ」とは方言であり、空知地方を中心に「馬の腸」の意味で使うこともある。それら馬肉を指す[1][2]

概要[編集]

馬肉の鍋料理は、江戸秋田県阿仁鉱山で食されていた料理である。また、北海道の炭鉱の鉱夫にビタミンB2欠乏症が発生した際、空知地方に広まったとされる[1]

地方によって作り方が異なる。

調味料として醤油カレー粉胡椒を使用する事もあり、具材としてゴボウタケノココンニャクを使用し、柳川鍋のように鶏卵でとじる場合もある。

ホタテの貝殻を鍋に使う「かやき」の形で供されることもある。作家の松田解子は、20世紀初頭の秋田県荒川鉱山では、この形で労働者たちが食べていたと記している。

そのまま食したり、「汁掛け飯」としての上にかけたり、うどんの汁とするなど食べ方は様々である。

これらの料理は各地で食べられている。

  • 長野県

出典・注釈[編集]

  1. ^ a b 馬()は南向きを意味するので「なんこ」と呼ばれたとする説がある歌志内市のHP
  2. ^ 『なんこ』という名前の由来・歴史

関連項目[編集]