ハギス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ビニールパック入りのハギス

ハギス (Haggis) とは、内臓を羊の胃袋に詰めて茹でたスコットランドの伝統料理。

概要[編集]

スコッチウイスキーをベースにしたソースをあしらった、ハギスのプディング

茹でた内臓心臓肝臓)のミンチオート麦たまねぎハーブを刻み、牛脂とともに羊の胃袋に詰めて茹るか蒸したプディング(詰め物料理)の一種である。さまざまなバリエーションが存在し、内臓は主として肝臓が使われるが、心臓や腎臓を使う場合も多い。近年では胡椒などの香辛料を使うことが一般的となっている。

こってりしており、スコッチ・ウイスキーとともに供せられる。ウイスキーを振りかけて食べることも多い。1月25日の「バーンズ・ナイトBurns's Night, スコットランドの詩人ロバート・バーンズの誕生日)」ではバグパイパーに率いられた一団によりハギスとウイスキーがもたらされ、バーンズの作詩した『ハギスに捧げる詩』(Address to a Haggis) を歌い上げる儀式を執り行い、伝統的なメインディッシュとして供される。

スコットランドでは一般的な食べ物で、既製品を肉屋で購入できる。近年では動物の胃袋の代わりにビニールで包んだ商品や、缶詰などもあり、ベジタリアン用の野菜で作られたハギスも存在する。

但しハギスに限らず、動物の臓物料理は古今東西を問わず各民族において一般的であり、好悪は調理法・味付け(スパイスワーク)によるものであることが多い。

架空の動物としてのハギス[編集]

伝説上のハギスの見本。グラスコーケルビングローブ博物館に展示

スコットランドで古来より存在が信じられている伝説の生物。ハイランド地方の山中に密かに生息し、満月の夜に心の清らかな者だけが目撃できるとされ、くちばしを持ち全身が毛で覆われて丸っこいカモノハシのような姿であったり、長い3本足ですばやく動き回ったりなどさまざまな姿が言い伝えられている。前項の肉料理は見た目があまり良くないことから、この伝説の動物の肉を使っているのだという冗談の種にもされる。毎年末には「ハギスハント (Haggis Hunt)」という捜索イベントが開催されている。

逸話[編集]

  • 定説ではハギスの起源はローマ時代に遡るとされているが[1]、2009年にイングランドの歴史家のキャサリン・ブラウンはハギスの起源は1616年に刊行された『The English Hus-Wife(イングランドの主婦)』のレシピであると発表し[2]、スコットランド系のマスコミから激しい反発を買った。

脚注[編集]

  1. ^ ニーナ・エドワーズ 『モツの歴史』 露久保由美子訳、原書房〈「食」の図書館〉、2015年ISBN 9784562051748pp.117-120
  2. ^ スコットランド料理ハギスはイングランドが元祖?”. AFPBB News. 2016年4月23日閲覧。

外部リンク[編集]