合衆国政府印刷局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

合衆国政府印刷局(がっしゅうこくせいふいんさつきょく、United States Government Publishing Office (GPO))は、アメリカ合衆国議会に属する機関である。1860年公文書の印刷を職務とし、国民の知る権利に奉仕することを目的に設立された。モットーはKeeping America Informed.

合衆国政府印刷局のロゴ

立法府の下にあるが、取り扱う文書の範囲は司法府行政府を含めた連邦政府全体に及ぶ。合衆国法典も政府印刷局が発行する。

近年の情報のデジタル化は、政府印刷局の役割をも変化させた。米国立公文書館と連携し、デジタルメディアを用いた情報の公開に力を入れている。デジタル化の変化を反映するために、2014年12月17日Government Printing Office からGovernment Publishing Officeに改名された。[1]

合衆国政府印刷局本部入口

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ GPO IS NOW THE GOVERNMENT PUBLISHING OFFICE” (2014年12月17日). 2015年5月21日閲覧。


外部リンク[編集]