ジャック・ストロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャック・ストロー
John Whitaker “Jack” Straw
Jack Straw meeting with Rumsfeld at Pentagon, May 19, 2005, cropped.jpg
生年月日 (1946-08-03) 1946年8月3日(75歳)
出生地 イギリスの旗 イギリス エセックス
出身校 リーズ大学
所属政党 労働党
配偶者 アンシア・ウェストン
子女 3人
公式サイト Jack Straw official website

イギリスの旗 イギリス
大法官兼司法大臣
内閣 ブラウン内閣
ブラウン第1次改造内閣
ブラウン第2次改造内閣
ブラウン第3次改造内閣
在任期間 2007年6月28日 - 2010年5月11日
首相 ゴードン・ブラウン

内閣 第3次ブレア改造内閣
在任期間 2006年5月5日 - 2007年6月27日
首相 トニー・ブレア

内閣 第2次ブレア内閣
第3次ブレア内閣
在任期間 2001年6月8日 - 2006年5月5日
首相 トニー・ブレア

内閣 第1次ブレア内閣
在任期間 1997年5月2日 - 2001年6月8日
首相 トニー・ブレア

イギリスの旗 イギリス
影の内務大臣
在任期間 1994年7月22日 - 1997年5月2日
首相 ジョン・メージャー

その他の職歴
イギリスの旗 イギリス
影の環境大臣

1992年7月24日 - 1994年10月20日
イギリスの旗 イギリス
庶民院議員(ブラックバーン選挙区)

1979年5月3日 - 2015年3月30日
テンプレートを表示

ジャック・ストロー(英語:Jack Straw1946年8月3日 - )は、イギリス政治家。本名はジョン・ウィテカー・ストローJohn Whitaker Straw)であるが、ジャックという通称の方がよく知られている。エセックス州ブラックハースト・ヒル出身で、所属政党は労働党リーズ大学を卒業しており、弁護士としての顔も持つ。

概要[編集]

1997年トニー・ブレア内閣発足時に内相に就任したのを皮切りに、外相庶民院院内総務を歴任し、さらにその後のゴードン・ブラウン政権では現職の庶民院議員として初めて大法官(司法大臣と兼任)に就任するなど、主要閣僚ポストを歴任した。1997年の第1次ブレア内閣発足から2010年のブラウン政権退陣まで、およそ13年間に渡って連続して閣僚ポストに就いていた数少ない人物の1人でもある[1]

人物・経歴[編集]

1946年8月3日にエセックスに誕生する。マーガレット・サッチャー政権が発足した1979年イギリス総選挙ブラックバーンから出馬し、庶民院議員に初当選。学生時代は過激な左派だったが、次第に軟化する。

第1次トニー・ブレア内閣で内務大臣に就任した。在任中スペインバルタサール・ガルソン判事の要請により、大統領時代に在チリスペイン人への人権侵害を行ったチリアウグスト・ピノチェト大統領の拘束を指揮する(最終的には釈放)。

2001年からは外務大臣を務め、同時多発テロからアフガニスタン戦争イラク戦争に至る国際情勢に対処した。アメリカ追従の外交姿勢がイギリス国内のムスリムの批判を受け2005年の議会選挙では労働党の議席減を招いたといわれる。2005年第31回主要国首脳会議の際に発生したロンドン同時爆破事件の対応指揮のために一時的に会議を欠席したブレア首相に代わり、議長として議事運行に当たった。

第3次ブレア内閣においても外相に再任され重用されていたが、2006年の地方選挙惨敗後の内閣改造で外相を更迭され、庶民院院内総務に降格される。イラク戦争前後に、ブレアの政敵であるゴードン・ブラウン財務相への接近がブレアの不評を買ったとされる。

2007年のブラウン内閣では大法官兼司法大臣に就任し、2010年にブラウンが退陣するまで務めた。

ベトナム戦争で、韓国軍兵士から性的暴行を受けたベトナム人女性とその子供(ライダイハン)を支援するため、2017年9月12日イギリスで設立された民間団体「ライダイハンのための正義」に「国際大使」として関わっており、国連人権理事会による調査や韓国によるベトナム人女性とその子供(ライダイハン)への謝罪を求める運動を行っている[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ストローと同様に、ブレア政権発足から第3次ブラウン改造内閣退陣までの約13年間に渡って連続して閣僚ポストに就いていたのは、後に首相となるゴードン・ブラウンと、アリスター・ダーリングの2人のみである。
  2. ^ 原川貴郎 (2020年4月4日). “ライダイハン ベトナム戦争時の韓国軍の所業を英BBCが報道”. 産経新聞. オリジナルの2021年5月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210528221738/https://www.sankei.com/article/20200404-4CQU7UOD2ZM4TOW4X2J2YVXPAA/ 

外部リンク[編集]

公職
先代:
チャールズ・ファルコナー
イギリスの旗 イギリス大法官
2007年6月28日 - 2010年5月11日
次代:
ケネス・クラーク英語版
イギリスの旗 イギリス司法大臣
2007年6月28日 - 2010年5月11日
先代:
ジェフ・フーン
イギリスの旗 イギリス庶民院院内総務
2006年 – 2007年
次代:
ハリエット・ハーマン
イギリスの旗 イギリス王璽尚書
2006年 – 2007年
先代:
ロビン・クック
イギリスの旗 イギリス外務・英連邦大臣
第13代:2001年6月8日 - 2006年5月5日
次代:
マーガレット・ベケット
先代:
マイケル・ハワード
イギリスの旗 イギリス内務大臣
第85代:1997年 – 2001年
次代:
デイヴィッド・ブランケット
先代:
トニー・ブレア
イギリスの旗 イギリス影の内務大臣
1994年7月22日 - 1997年5月2日
次代:
ブライアン・マウヒニー
先代:
ブライアン・グールド
イギリスの旗 イギリス影の環境大臣
1992年7月24日 - 1994年10月20日
次代:
フランク・ドブソン
議会
先代:
バーバラ・キャッスル
イギリスの旗 庶民院議員
(ブラックバーン選挙区選出)

1979年5月3日 - 2015年3月30日
現職