松田解子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松田 解子(まつだ ときこ、本名:大沼 ハナ、1905年明治38年)7月18日 - 2004年平成16年)12月26日)は、日本の小説家である。秋田県仙北郡荒川村出身。長男は記録映画作家の大沼鉄郎。

三菱鉱山経営の荒川鉱山に育った彼女は、大盛小学校を卒業すると、鉱山の事務所でタイピストなどをしながら、文学に触れていた。1923年に秋田女子師範(本科第二部、一年制)に入学、卒業後母校の大盛小学校に赴任する。1926年に職を辞して上京した。上京後、労働運動に参加し、その中で大沼渉と結婚する。結婚、子育てのなかの体験が、初期の作品のなかに生かされている。1928年、読売新聞の女流新人短編募集に応じた「産む」が入選し、1929年には『女人芸術』に「乳を売る」が掲載される。また、この年、同誌が応募した「全女性進出行進曲」にも入選し、山田耕筰の作曲でレコードにも吹きこまれた。戦後、新日本文学会に参加し、その後日本民主主義文学会にいたるまで、1966年から、自分の母親の生涯に材をとった長編『おりん口伝』の連載を始める。この作品で田村俊子賞多喜二・百合子賞を受賞する。その後、『おりん母子伝』『桃割れのタイピスト』とつづく三部作で、母と自らの生活をとおして、20世紀初頭の日本の資本主義の発展の一側面と、その中での社会革新の動きを書いた。

著書[編集]

  • 『女性苦 小説』国際書院 1933
  • 『辛抱づよい者へ 詩集』同人社書店 1935 のち不二出版 
  • 『女性線 長篇小説』竹村書房 1937
  • 『子供とともに』扶桑閣 1938 のち大空社 
  • 『愚かしい饗宴』白水社 1940
  • 『女の話題』モナス 1940
  • 『さすらひの森 書きおろし長篇小説』六芸社 新鋭作家叢書 1940
  • 『花の思索』西村書店 1940
  • 『女の見た夢』興亜文化協会 1941
  • 『師の影』青年書房 1941
  • 『朝の霧』古明地書店 1942
  • 『海の情熱 長篇小説』興亜文化協会 1942
  • 『農女の記』農山漁村出版所 1944
  • 『おりん口伝』正続 新日本出版社 1966-68 のち文庫 
  • 『坑内の娘 松田解子詩集』秋津書店 1972
  • 『乳を売る』日本青年出版社 1972
  • 『地底の人々』民衆社 1972
  • 『疼く戦後』民衆社 1973
  • 『またあらぬ日々に』新日本出版社 1973
  • 『おりん母子伝』新日本出版社 1974
  • 『桃割れのタイピスト 続おりん母子伝』新日本出版社 1977
  • 『回想の森』新日本出版社 1979
  • 『あなたの中のさくらたち』新日本出版社 1981
  • 『松田解子全詩集』未来社 1985
  • 『山桜のうた』新日本出版社 1985
  • 『足の詩 松田解子詩話十編』東京コロニー コロニーカルチャーブック 1987
  • 『土に聴く 歩き書き』新日本出版社 1987
  • 『生きることと文学と』創風社 1988
  • 『松田解子短編集』創風社 1989
  • 『あすを孕むおんなたち』新日本出版社 1992
  • 『歩きつづけて、いまも 私の人生と文学』新日本出版社 1995
  • 『女人回想』新日本出版社 2000
  • 松田解子自選集』全10巻、澤田出版
第1巻 (おりん口伝)2006
第2巻 おりん母子伝 2006
第3巻 (女の見た夢) 2004
第4巻 (女性苦)2005
第5巻 (髪と鉱石) 2007
第6巻 (地底の人々) 2004
第7巻 (リンドーいろの焔の歌) 2008
第8巻 (とりもどした瞳) 2008
第9巻 (亡びの土のふるさとへ)2009
第10巻 (回想の森) 2006
  • 『桃色のダブダブさん 松田解子童話集』新日本出版社 2004
  • 『乳を売る・朝の霧 松田解子作品集』講談社文芸文庫 2005

共著[編集]

参考[編集]

  • 講談社文芸文庫附載年譜