冷たい肉そば

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
冷たい肉そば

冷たい肉そば(つめたいにくそば)は、山形県河北町谷地(旧谷地町[1][2]名物料理[3]つっつたい肉そばとも呼ばれる[4][5]

概要[編集]

山形県河北町におけるそばの食べ方の一つ。「冷たい」といっても冷やしラーメンのように、つゆに氷を入れるのではなく、常温で提供される[6]

具は鶏肉(歯ごたえのある親鶏が中心)とネギがメインで、つゆは鶏骨だしで冷たくしてある[3][4]。使用する鶏肉は若鳥ではなく、堅めの鶏肉が良いとされる[5]

どのようにして冷たい肉そばが誕生したのかは定かではないが、以下のような説がある。

  • 育ち切ってしまった鶏の有効活用のため[5]
  • 賄い料理として鶏そばが、冷えても脂が固まらずに美味であったため、冷たくして提供するようにした[5]
  • 大正時代に酒が飲める場所はそば店のみであり、馬肉の煮込みで酒を飲んで、締めにそばを食べていたが、ある客が残った馬肉をそばに入れて食べたところ、思いのほか美味であったために、この食べ方が広まった。戦後、調達のしやすさから、鶏肉を用いるようになった[2]
  • 温かい汁だと具の肉を食べているうちにそばが伸びてしまうため、つゆを常温で提供するようにした[2]
  • 客をもてなすのに出前でそばを取る習慣があり、そばが伸びないようにつゆを冷たくした[2]

「かほく冷たい肉そば研究会」が主体となり第6回(2011年B-1グランプリに出展したことから、日本全国に知られるようになり、河北町(谷地)に冷たい肉そばを食べに来る観光客も急増している[2]サクランボ狩り目的の観光客と合わせて、例年6月から7月にピークを迎える[2]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 野瀬泰申 「食文化は、「ケンミン」単位では語れない」『食は「県民性」では語れない』 角川書店2017年ISBN 978-4040821429
  2. ^ a b c d e f 高橋敬治 (2013年6月22日). “そば王国、山形 「冷たい肉そば」驚きのコクとコシ”. NIKKEI STYLE. p. 3. 2017年12月12日閲覧。
  3. ^ a b 『るるぶドライブ東北ベストコース’16』 JTBパブリッシング2015年、89頁。ISBN 9784533104411
  4. ^ a b 『立ち食いそば手帳 名店120 首都圏編』 学研プラス2015年、27頁。ISBN 9784059149132
  5. ^ a b c d 『南東北蕎麦と温泉めぐり: 福島・宮城・山形』 幹書房2008年、94頁。ISBN 9784902615371
  6. ^ 高橋敬治 (2013年6月22日). “そば王国、山形 「冷たい肉そば」驚きのコクとコシ”. NIKKEI STYLE. p. 1. 2017年12月12日閲覧。
  7. ^ ビジュアル系演歌歌手 最上川 司さん”. 山形県庁 (2015年11月6日). 2017年12月12日閲覧。

外部リンク[編集]