ぜんざい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あんみつと白玉ぜんざい(関東)
汁のあるぜんざい(関西)

ぜんざい(善哉)は、(主に小豆)を砂糖で甘く煮た日本の食べ物である。

白玉団子、栗の甘露煮などと共に供されることが多い。 一般的には豆の原型が存在するものを指して用いられるが、例外もある。

関東地方では、汁気のないそのものをぜんざいと呼ぶが、関西地方では粒餡を用いた温かい汁物をぜんざいと呼ぶ [1][2]。汁気のない餡を用いたものは、関西では「亀山」や「小倉(おぐら)」と呼ばれる。

(汁物に関しては「汁粉」も参照)

語源[編集]

ぜんざいの語源は主に2説ある。

1つは仏教用語である「善哉(ぜんざいよきかな)」を由来とする説である。一休宗純が最初に食べたとされ、この食べ物の美味しさに「善哉」と叫んだ事から名称とされた。「善哉」とは仏が弟子を褒める時に使う言葉であり、サンスクリット語の素晴らしいを意味する「sadhu」の漢訳である。

もう1つは、出雲地方の神事「神在祭」で振る舞われた「神在餅」を由来とする説である。「神在餅」の「じんざい」が訛り、「ぜんざい」へと変化したと言われている。島根県松江市鹿島町の佐太神社のホームページ[1]にはこのような記載がある。

11月25日は神々をお送りする神等去出(からさで)神事が執り行われます。この日はカラサデさんといわれ、神前に供えていた餅と小豆を一緒に煮て小豆雑煮を作り再び供えていました。これを「神在餅(じんざいもち)」と呼び、今も宮司宅では家例としてこの日に小豆雑煮を作り、屋敷内の祖霊社、稲荷社、邸内の歳神にお供えいたします。昔は里人の間でもこの日の朝に餅をつ搗き参拝する慣わしがあり、参拝するものは必ず一重ねのオカガミ(餅)をもって参った後、小豆を入れた雑煮餅を作って家の神棚に供えてから銘々も頂く風習があったようです。この「神在餅」が転化して「ぜんざい」になったといわれているのです。 

『ぜんざい発祥の地』佐太神社

松江藩の地誌『雲陽誌(うんようし)』佐陀大社の項に「此祭日俚民白餅を小豆にて煮家ことに食これを神在餅といふ出雲の国にはしまる世間せんさい餅といふはあやまりなり」とあります。その他、いくつかの古文献にも「神在餅」についての記述があるところから当社は「ぜんざい発祥の地」であるといわれています。」と書かれており、実際に出雲地方の正月に食べる雑煮は小豆汁の雑煮であるなど小豆との関係が強い。神前に供えた餅自体が「善哉」であり、この餅を食べる為の小豆を使用した食事をも善哉と呼ぶようになったとする説。

沖縄県のぜんざい[編集]

沖縄のぜんざい(沖縄県西表島にて)

現在の沖縄県で「ぜんざい」と呼ばれる食べ物は、砂糖あるいは黒糖で甘く煮た金時豆かき氷をかけたものである。白玉などが入ることもある。 もともとは「あまがし」という緑豆大麦を甘く煮て冷やした食べ物であったが、戦後は主に金時豆で作られるようになり、冷蔵庫の普及と共にかき氷を載せるようになった。本土のように温かくして食べることもないわけではないが、提供する店は少なく冬季限定のメニューとされていることが多い。

宮古島には「宮古あずき」と呼ばれる黒ささげを使った「宮古ぜんざい」がある。

鯛ぜんざい[編集]

南国市など高知県香長平野では、吸い物などの出汁を取った後の尾頭付きのを丸ごとぜんざいの中に入れ、宴席で取り分ける「鯛ぜんざい」という料理が存在する。

資料[編集]

  1. ^ ぜんざいとおしるこの違い (食育大事典)
  2. ^ 関西のぜんざい、関東ではおしるこ 呼び方なぜ違う (日本経済新聞 2013/11/17)

関連項目[編集]