土鍋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Cainz Donabe Hakusen-nagashi 19cm 1.jpg
土鍋
土鍋

土鍋(どなべ)は、陶土)を原料とする日本陶器

ルーツは縄文時代に煮炊きに使われた土器に遡り、中世~近世は素焼きの土鍋も使われた[1]

利用[編集]

土鍋は水炊きちゃんこ鍋などの鍋料理に利用される[2][3]。また、おでんなどの煮込み料理[2]燻製づくりref name="日経20181215"/>にも使われる。

このほかグラタンドリア、ローストチキンなどオーブンで調理する西洋料理、魚介類野菜などを使った蒸し料理炊飯などにも利用される[2][4]ようになっている。このため直火のほか、オーブンや電子レンジに対応した土鍋もある[2]。またIH調理用に、アルミニウムを溶射したり、ステンレス板やカーボン板を底面に固定したりしたIH土鍋もある[2]

特性[編集]

蓄熱性
陶器の比熱の約2倍といわれており、土鍋は一度温めると冷めにくい[2]
保湿性
土鍋などの耐熱陶器は多孔質で一般に吸水率が10%程度あり、調理物の乾燥を防ぐことができる[2]

調理と保管[編集]

目止め[編集]

初めて使用する土鍋には釉薬部分に入った細かい溝(貫入)や気泡などが全体的にみられる[5]。これらは水漏れの原因となったり、臭いやカビの原因となる[2][5]。それを防ぐため初めて使用する土鍋の場合、お粥を炊いたり、のとぎ汁や小麦粉を入れた水をひと煮立ちさせてデンプンで埋める「目止め」と呼ばれる処理が必要である[2][5](製品によっては目止めが不要な土鍋もある)。

熱による変化[編集]

土鍋は急激な熱の変化に弱く、冷めた土鍋を急に強火で熱したり、熱いままの土鍋を水で洗ったりすると割れることがある[5]

保管[編集]

土鍋は多孔質であるため汚れを放置したり乾燥が不十分だと臭いやカビの原因となる[2][5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 【モノごころ ヒト語り】土鍋 家族つなぐ力秘める日本経済新聞』夕刊20218年12月15日(社会・スポーツ面)2022年6月26日閲覧
  2. ^ a b c d e f g h i j よくわかる四日市萬古焼読本”. 萬古陶磁器振興協同組合連合会. 2020年2月24日閲覧。
  3. ^ 福森道歩 『土鍋だから、おいしい料理』2015年、6頁。 
  4. ^ 福森道歩 『土鍋だから、おいしい料理』2015年、6-7頁。 
  5. ^ a b c d e 福森道歩 『土鍋だから、おいしい料理』2015年、6頁。 

関連項目[編集]