ドミグラスソースカツ丼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドミグラスソースカツ丼

ドミグラスソースカツ丼(ドミグラスソースカツどん)は岡山市ご当地グルメ丼物のひとつで、カツ丼の一種である。 デミグラスソースカツ丼とも表記され、ドミカツ丼デミカツ丼の略称で呼ばれる。

概要[編集]

丼鉢に盛った白飯に切り分けた豚カツを乗せ、ドミグラスソース(と称するソース)をかけたものである。 カツの下に茹でたキャベツを敷いたり、脇にキャベツの繊切りが添えられたりすることが多い。 彩りにグリーンピースを数粒散らしたり、トッピングとして生卵を落としたりする場合もある。

歴史[編集]

岡山市の料理店「味司野村」の創業者である野村佐一郎が、東京のホテルでの料理修行中に考案し、1931年の開業時より提供を開始した。
その後、市内の大衆食堂喫茶店洋食店、ラーメン店なども同様の料理を提供し始め、いつしか岡山市の中心部では多くの店がメニューに掲げるようになった。 代表的な有名店は、ラーメン屋の「だて」、洋食屋の「やまと」、寿司屋の「もりや寿司」などである。
古くからの店の多くはこのタイプのカツ丼を単に「カツ丼」としてメニューに記載しており、卵とじのカツ丼は「卵とじカツ丼」「卵カツ丼」「カツたま丼」などの名称を用いて区別している。 ただし比較的近年にできた店や、岡山市中心部以外の地域では「ドミグラスソースカツ丼」等の名称で提供されることが多い。
考案店の「味司野村」は元々会席料理など和食全般を扱う店であったが、現在はカツ丼専門店「カツ丼野村」として営業している。

使用されるソースについて[編集]

ドミグラスソース、デミグラスソースと呼んでいるが、本物のドミグラスが用いられる例はほとんどなく、店や調理者が独自のソースを作って使用している。 ソースに用いられる素材は煮干し鶏ガラなどの出汁フォン・ド・ボー中華スープウスターソーストマトケチャップなど、店によって様々である。

ラーメン店との関係[編集]

岡山市の中心部ではドミグラスソースカツ丼を提供するラーメン店が多く、ラーメンとのセットメニューとしても定番となっている。
この理由については、ラーメンの出汁がソースのベースとして応用できる、この地域での大衆食として定着しておりサイドメニューとして適切であった、 当時の人気ラーメン店が提供していたために対抗して競合他店も追随した、などの説が語られている。

類似する料理[編集]

新潟県長岡市の洋風カツ丼

「カツライス」や「洋風カツ丼」といった類似の料理は日本各地に存在しており、ドミグラス風のソースを用いたカツ丼は岡山市独特のものではない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]