ドミグラスソースカツ丼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドミグラスソースカツ丼

ドミグラスソースカツ丼(ドミグラスソースカツどん)とは、丼物のひとつで、カツ丼の一種である。岡山市ご当地グルメ
デミグラスソースカツ丼(デミグラスソースカツどん)とも呼ばれ、デミカツ丼(デミカツどん)、ドミカツ丼(ドミカツどん)等の略称で呼ばれることが多い。
この記事内では、以下「デミカツ丼」の略称を用いるものとする。

特長[編集]

デミカツ丼とは、を盛ってデミグラスソースをかけ、その上に千切りキャベツを乗せ、その上から揚げたての豚カツをいくつかに切り分けて乗せてその上からデミグラスソースをかけるもの、あるいは、デミグラスソースの中にくぐらせた豚カツを乗せるものである。
トッピングとして、グリーンピースを数個乗せたりうずら生卵をのせたりする場合も多い。
なお、店や調理者によって若干特徴が異なる。
例として、千切りキャベツの代わりに乱切りしたキャベツの茹でた物をのせる、キャベツ自体を使用せず飯の上に直接、豚カツを乗せる、飯の上にはデミグラスソースをかけず豚カツのみにデミグラスソースをつける、等が挙げられる。

歴史[編集]

岡山市の料理店「味司野村」の創業者である野村佐一郎が、東京のホテルで料理修行中に考案した。その後、1931年の味司野村の創業時に提供を開始した。
その後、評判を呼び大衆食堂喫茶店洋食店、ラーメン店などでも同様の料理を提供しはじめ、いつしか岡山市中心市街地では多くの店がデミカツ丼をラインナップするようになった。
特に有名なお店は、ラーメン屋のだて、洋食屋のやまと、お寿司のもりや寿司などがある。
なお、デミカツ丼を古くから提供している店はデミカツ丼を単に「カツ丼」としてメニューとしており、通常の卵とじのカツ丼も並行しておいてある場合は「卵とじカツ丼」、「卵カツ丼」、「カツたま丼」などの名称を用いている。
最近になってデミカツ丼をメニューとした店では、デミカツ丼は「デミカツ丼」の名称で提供する場合もある。
また、これらの特長は岡山市の中心市街地(つまり元々の岡山市)にみられるものである。郊外(合併によって岡山市となった地域など)ではこうした特長はあまり見られない。
ちなみに、考案店の「味司野村」は会席料理のほかカツ丼の専門フロアも営業している。

使用されるデミグラスソースについて[編集]

市販されているものや、他の料理で使用されるデミグラスソースをそのまま使う場合は少なく、店や調理者が独自のソースを作って使用している場合が多い。
ソースのベースとして使用されるものとして、煮干し鶏ガラなどの出汁フォン・ド・ボー中華スープウスターソースなど様々なバリエーションがある。
なお、岡山市中心市街地においては、ラーメン店にてラーメンとともに提供されることも多い。
これは、ラーメンの出汁がデミグラスソースに応用ができるからとの説がある。

ラーメン店との関係[編集]

前述のとおり、岡山市中心市街地においてラーメンとともにデミカツ丼を提供しているラーメン店が多い。
ラーメンとのセットメニューとなっている場合も多く、それらの店ではラーメンとともに人気メニューとなっている。
ラーメン店でデミカツ丼が提供される理由として、ラーメンの出汁がデミグラスソースのベースとして応用できる、この地域での大衆食として定着しておりサイドメニューとして適切であった、当時の人気ラーメン店が提供していたために対抗して競合他店でも提供しだした、といった説がある。

類似するカツ丼[編集]

新潟県長岡市の洋風カツ丼

「カツライス」や「洋風カツ丼」といった類似の料理は日本各地にあり、ドミグラスソースを用いたカツ丼は岡山市独特のものではない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]