古田肇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
古田 肇
ふるた はじめ
生年月日 (1947-09-13) 1947年9月13日(73歳)
出生地 日本の旗 日本 岐阜県岐阜市
出身校 東京大学法学部
前職 国家公務員経済産業省外務省
外務省経済協力局
現職 岐阜県知事
所属政党 無所属
公式サイト 古田はじめ official site

岐阜県の旗 第16・17・18・19代 岐阜県知事(公選)
当選回数 4回
在任期間 2005年2月6日 - 現職
テンプレートを表示

古田 肇(ふるた はじめ、1947年9月13日 - )は、日本政治家通産経産外務官僚岐阜県知事(公選第16・17・18・19代)。

来歴[編集]

岐阜県岐阜市生まれ。岐阜市立加納中学校岐阜県立岐阜高等学校卒業。1971年6月、東京大学法学部卒業[1]。同年7月、通商産業省(現・経済産業省)に入省[1]。同期入省に杉山秀二(事務次官)、今井康夫(特許庁長官)、鹿島幾三郎らがいる。1974年フランス国立行政学院(ENA)に留学した。

1994年羽田孜内閣総理大臣秘書官に就任し、村山富市内閣総理大臣の下でも引き続き首相秘書官を務めた。1996年参議院岐阜県選挙区補欠選挙の候補者に目されるが、出馬を見送った。2002年外務省に出向し経済協力局長に就任。川口順子外務大臣の下、ODA(政府開発援助)改革に尽力した。2004年9月、梶原拓岐阜県知事(当時)から後継指名を受け、経済産業省を退官した[2]

2005年2月、岐阜県知事選挙に無所属で立候補し、初当選を果たした。2011年6月、フランスのレジオン・ドヌール勲章シュヴァリエ受章。2017年の知事選で4選。

人物[編集]

古田県政の評価[編集]

県政の進め方への評価[編集]

岐阜新聞は2020年12月23日付の特集[4]で、県幹部の意見として「スピード感がすごい」「手堅く進める」と一定の評価をした。特に新型コロナ肺炎が拡大した2020年2月~3月の対応を「専門家や市町村長、経済団体の役員」などと連携して進め「会議が形だけになっている都道府県もある中で、岐阜県では知事に対する専門家からの信頼も厚い」と評価している。

財政再建[編集]

岐阜新聞は、2020年12月25日付「検証古田県政4期16年」の特集で、古田県政における財政再建に関して、その成果を評価している。岐阜新聞によれば、故・梶原拓前知事による積極的な公共事業投資による県の借金で県の財政は悪化し、実質公債費比率は19.1%と、県債発行に必要な18%未満を大幅に超えるなど、財政悪化を招いたとして梶原県政を批判した。一方、古田に関しては、10年度からの財政再建により、わずか3年で、この状態を解消したとして、一定の評価をしている。県職員や県議の声として、この財政再建を「古田氏の顕著な功績だ」と伝えている。岐阜県の2019年度の実質公債費比率は6.6%で、全国で3番目に良好な値にいる。このことに関して、岐阜新聞は、県担当者の声として「将来に過度に負担をかけない財政運営ができている」と伝え、県政の財政再建の実績を認めた[5]

コロナ対策への評価[編集]

新型肺炎に対して、古田は11月27日の記者会見で「愛知県由来、なかでも名古屋市の繁華街由来」が多いと注意喚起をした[6]。岐阜新聞によれば、古田はコロナ対策に関して、県庁舎整備費などを移し替えで85億円を捻出、さらに2021年度の補正予算として1104億円を工面したと伝えている。また、県担当者の声として「できることはすぐやるように」と支持があったと伝えている。岐阜新聞は、この決断に対して「国の方針を先どる形で補正を組んだ。勇気の要る、思い切った決断だった」「スピード感のある対応だった」と評価した[7]

また、岐阜新聞によれば、コロナ状況として「ステージ4の50%に近付きつつある」という古田の認識を伝え、「年末年始が瀬戸際だ」と、危機感を募らせていることを伝えている。県の対応として、ホテルの借り上げなどをして「自宅療養ゼロ」を掲げているが、古田の言葉として「このままでは維持できない状況」と、切迫している状況を伝えている。古田は県民へ「初詣の自粛」や「酒類を伴う大人数での飲食の自粛」を改めて呼びかけた。また「成人式の延期」なども市町村に要請し、これを受けて、大垣市、可児氏、川辺町などは、5月の大型連休への延期を決めた[8]。古屋衆議院議員はこれら対応を「先手先手の取り組み」として評価し、豚コレラや新型肺炎など感染症対策の古田の手腕を「見事」と評価した[9]

コロナ対策について、県幹部は、岐阜新聞のインタビューで「古田氏の求める仕事のレベルとスピードについていくのが大変」として、結果が求められる危機管理に対して、前後24時間の結果と対策を求める対応について「迅速」な対応ができたと評価した。古田の対応を「頭だけで突っ走ることなく」「情報をできるだけ集め」ていることをあげ、「着実に進めていくスタイル」と評価した[10]

豚コレラ対策への評価[編集]

2018年に岐阜県などで発生した豚コレラ対策について、岐阜新聞へのインタビューに対して県職員は「危機管理に真骨頂」と絶賛した。県幹部の言葉として「県職員との会議の場から、農林水産省の幹部や国会議員に直接電話をして姿勢を正す場面もあった」として「国と対等に渡り合う」「対応は完ぺきだった」としている[11]

古田県政への批判[編集]

古田への批判として「情報発信力の低さ」が指摘されている。岐阜新聞は、テレビなどの出演を嬉々としている他都府知事がいる一方で、古田の露出は「控え目」としている。その原因を「本人の性格」と分析したうえで「県の対策は全国的にアピールできる内容なのに発信力が弱い」と批判している[12]

また、中日新聞はベテラン議員の話として、昔は「知事もいろんな職員とカレーを食べながら」意見を聴くなどの姿勢があったことを挙げて、職員に「溶け込もうとした」という逸話を紹介した。しかし「カレーライスの会もいつしかなくなった」として、その議員が「新型コロナ対応などの古田の手腕を評価」しつつも、職員とのコミュニケーションの不足を指摘している。さらに、2021年の県知事選挙で保守分裂になった要因として、県議らの陳情を古田が受け入れなかった事例があり「県議らの不満」が溜まり保守分裂につながったと分析した。しかし、中日新聞は記事の論評として、県議らの陳情を受け入れなかったことは県政において「決して大きな失点ではない」としている。また、関係者の談話として「古田降ろしは感情論にすぎない」というコメントを紹介した[13]

古田県政への県民の評価[編集]

岐阜新聞は2020年12月7日朝刊で、古田県政への県民の評価を発表した。古田の県政運営について「評価する」が12%、「ある程度評価する」が51%で合計63%が一定の評価をする一方、「評価しない」などの非評価層は13%にとどまっている[14]

2021年岐阜県知事選挙の選挙活動[編集]

古田は、2021年1月7日に告示された岐阜県知事選挙に立候補したが、コロナの感染拡大や首都圏での非常事態宣言発令をうけ「この状況で県庁を離れることはできない」として、個人演説会や集会等の人を集めた選挙活動には加わらないと明らかにした[15]

略歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 知事のプロフィール - 岐阜県公式ホームページ(秘書課)
  2. ^ “県政史上最長の5選目指す…岐阜県の古田知事が来年1月の知事選に出馬の意向固める”. 東海テレビ. (2020年10月12日). https://www.tokai-tv.com/tokainews/article.php?i=143600&date=20201012 2020年11月22日閲覧。 
  3. ^ 岐阜国体の思い出/黒木 尚之さん(下呂市)”. 第67回国民体育大会【ぎふ清流国体】. 2020年11月22日閲覧。
  4. ^ 岐阜新聞2020年12月23日付1面  検証古田県政4期16年
  5. ^ 2020年12月25日 岐阜新聞検証古田県政4期16年
  6. ^ 。朝日新聞2020年11月28日 岐阜版
  7. ^ 岐阜新聞の2020年12月25日付「検証古田県政4期16年」
  8. ^ 岐阜新聞の2020年12月26日付「県が医療機器宣言」
  9. ^ 岐阜新聞2020年11月24日付社会面
  10. ^ 岐阜新聞2020年12月23日付1面 検証古田県政4期16年
  11. ^ 岐阜新聞2020年12月23日付1面 検証古田県政4期16年
  12. ^ 岐阜新聞2020年12月23日付1面 検証古田県政4期16年
  13. ^ 中日新聞 2020年11月28日 1面 激震 2021年知事選
  14. ^ 岐阜新聞2020年12月7日朝刊 コロナ対策重視 岐阜県知事選、有権者アンケート
  15. ^ 岐阜新聞 2021年1月7日 社会面 古田氏選挙活動せず

外部リンク[編集]

公職
先代:
梶原拓
岐阜県の旗 岐阜県知事
民選第16・17・18・19代:2005年 -
次代:
(現職)
官職
先代:
西田恒夫
日本の旗 外務省経済協力局長
2002年 - 2004年
次代:
佐藤重和