カイヅカイブキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
カイヅカイブキ
SabinaKaizuca.jpg
カイヅカイブキ
分類
: 植物界 Plantae
: 裸子植物門 Pinophyta
: マツ綱 Pinopsida
: マツ目 Pinales
: ヒノキ科 Cupressaceae
: ビャクシン属 Juniperus
: イブキ J. chinensis
栽培品種 : カイヅカイブキ 'Kaizuka'
学名
Juniperus chinensis L. 'Kaizuka'
シノニム

Juniperus chinensis var. torulosa, Sabina chinensis 'Kaizuka'[1]

和名
カイヅカイブキ、カイズカイブキ

カイヅカイブキ(貝塚伊吹、学名Juniperus chinensis 'Kaizuka')は、ヒノキ科ビャクシン属小高木。ビャクシンの栽培品種。枝が巻き上がるように成育する。

概要[編集]

原産地は中国日本。漢名を「龍柏」といい、中国では山東省以南の各都市で広く植樹されており、台湾香港でも一般的。主に、春に挿し木接ぎ木で増やす。

砂地など、水はけのよい場所が適する。低温には弱いが、排気ガスに強く、公園生け垣などにも用いられる。また、剪定によって造形をするのにも用いられる。強く剪定したり樹勢が弱るとスギの葉に似た針状の葉を付けた枝を生じることがあるが、これは鱗片葉をもつビャクシン類には共通の特徴である。

ナシと近接して植えると赤星病を媒介するため、主なナシの産地には赤星病防止条例があり[2]、植栽規制と除去命令が制定されている。

地方公共団体の木[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  2. ^ 【赤星病防止条例のある自治体】
    • 千葉県松戸市
    • 千葉県八千代市
    • 千葉県市川市
    • 千葉県鎌ケ谷市
    • 千葉県柏市
    • 千葉県船橋市
    • 千葉県白井市
    • 埼玉県蓮田市
    • 埼玉県春日部市
    • 埼玉県白岡市
    • 埼玉県久喜市