肉体関係 (隠語)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

肉体関係(にくたいかんけい)とは、

  • 男女の性的な交渉のこと[1]

概要[編集]

なお、「肉体」とは生身の身体そのものを意味しており、直接的な性欲の対象として捉えた際に多く使用される言葉である。

該当する例[編集]

一般に、第三者から嫌悪される関係であるにもかかわらずセックスに及んだ双方を誹謗中傷するために使用する。

ゴシップ記事を中心にした雑誌スポーツ新聞でも用いられている[2]

エロ本アダルトビデオなどでも使用されている[3]

該当しない例(性行為がある場合)[編集]

  • 正式に結婚している夫婦間の性行為。
  • 結婚や婚約を前提としたり公にしている恋人関係の性行為(婚前交渉)。
  • 強姦の場合はどちらかが同意していない被害者であるため、肉体関係には該当しない。
  • 性風俗での性行為は、お互いに恋愛感情よりも金銭の授受が最優先であることから該当しない。

該当しない例(性行為がない場合)[編集]

通常、お互いの身体が直接的に触れ合うようなことがなく性行為がなければ、そもそも肉体関係には該当しない。

類義語[編集]

「肉体」という言葉を用いた性的な類義語には「肉体交渉」がある[4]。その他、痴情や情事など。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 広辞苑第五版p.2022【肉体関係】
  2. ^ スポーツ新聞では東スポWEB「前横浜市長が“ヤッた”とされる日論争」(発行:2010年02月01日・新聞:東京スポーツ新聞)にて、不倫疑惑の記事中に「横浜市内のホテルで初めて肉体関係を持ち、以後、週に1回ぐらいの割合で関係を重ねた」などの使用例。
  3. ^ アダルトビデオでは「思春期の誘惑 義父と肉体関係を持つ娘」(ヒビノ/SODグループ 2010年)にて近親相姦、「OLレズビアン オフィス生まれの肉体関係」(発売:2010年・メーカー:アンナと花子/北都グループ)にて同性愛職場恋愛など、一般的に禁忌とされる性行為を演出した内容の使用例。
  4. ^ 『日本語大辞典 第二版』小学館、2003年 第10巻にて「肉体交渉」の項目より。水上勉の小説『越前竹人形』(1963年)の文中にて「自分と一ど(一度)だって肉体交渉はない」などの使用例。

関連項目[編集]