初体験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

初体験(はつたいけん 英:First experience)は、何らかの物事や状態を初めて体験(経験)することを指す。「しょたいけん」と読む場合もある。

映画や小説などの関連用語[編集]

恋愛や性行為などの関連用語[編集]

初体験
主に、人生において初めて体験する具体的な性行為を指す。性行為にはキスペッティングも含まれるが、主に生殖器が交わる性交(セックス)にまで至った場合を意味することが多い。過去に性行為の体験が皆無であった場合、男性童貞(どうてい)、女性処女(しょじょ)と呼ばれる。従って、恋人関係にある男女のセックスであっても、性風俗でのセックスであっても構わないが、単独行為のオナニーは含まれない。なお、童貞や処女でなくとも、体験する性行為の内容(同性愛乱交顔射中出しなど)が初めてであった場合は初体験とすることがある。官能小説アダルトビデオのタイトルやキャッチコピーなどにも多用されている。[1]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 官能小説では、松田佳人著「初体験 同級生と担任美教師」(フランス書院2001年)や御影凌著「美少女 ないしょの初体験授業」(マドンナメイト、2004年)など。アダルトビデオでは、佐山愛主演「解禁18才! 平成生まれ娘の初体験まつり〜初脱ぎ! 初フェラ! 初SEX!」(パラダイスTV2007年)や瑠川リナ主演「ドキドキ初体験セックス 初めての顔射&3P」(トゥルリラ、2010年)、企画女優主演「ヴァージンレズ 彼女と彼女の初体験レズ vol.1」(U&K2008年)など。

関連項目[編集]