イメージビデオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

イメージビデオオリジナルビデオの一種で、紹介したい対象物のイメージを映像化した作品またはその映像ジャンル。英語の"image"と"video"を組み合わせた、和製英語である。略称は"IV"。

概要[編集]

人物、動植物、自動車、鉄道車両、企業およびその企業方針(ポリシー)など取り上げる対象(テーマ)は多岐に渡るが、特にグラビアアイドルなどの女性モデルを扱うものが有名である。歌手を含めたミュージシャンを扱う作品としては、ミュージック・ビデオが存在する。

初期の媒体はVHSが主流で、2000年代にはDVDに置き換わった。Blu-ray Discネット配信での同時リリースもあるほか、衛星放送のかたちでテレビジョン放送波に乗ることもある。DVD媒体のものについては「イメージDVD」の表現が使われることもあるが、VHS媒体やBD媒体のものをさして「イメージVHS」「イメージBD」などと表現することは比較的少ない。

グラビア系イメージビデオ[編集]

歴史と内容[編集]

芸能人に限定した場合、グラビアアイドルを紹介するために制作される事が多い。同様の目的で、写真集と同時に制作される事もあるが、中には写真集の制作過程を紹介した内容、いわゆる「メイキングビデオ」の扱いとしているものもある。媒体の主体がDVDに移行してからは、写真集への付録とされる事も増えてきている。

1980年代中盤から、上記のようなグラビアアイドルなどの紹介を行うイメージビデオが制作されるようになった。

2000年代になるとイメージビデオの媒体はVHSからDVD-Videoへと移行した。DVDは1枚あたりの製造費が非常に安価であり、高い収益率が確保できる。また、家庭用ビデオカメラの低価格化・高性能化やパーソナルコンピュータの性能向上によるノンリニア編集環境の普及などの要因も重なり、イメージビデオの製作・販売にかかるハードルが極めて低くなった。このことから、個人経営を含む中小メーカーの大量参入、毎月のリリース本数の増加などがみられるようになった。

主なメーカー[編集]

関連項目[編集]