ショーン・ペン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Sean Penn
ショーン・ペン
ショーン・ペン
2013年
本名 Sean Justin Penn
生年月日 (1960-08-17) 1960年8月17日(61歳)
出生地 カリフォルニア州サンタモニカ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 俳優映画監督
ジャンル 映画
活動期間 1974年 -
配偶者 マドンナ(1985 - 1989)
ロビン・ライト(1996 - 2010)
レイラ・ジョージ(2020 - )
著名な家族 父:レオ・ペン
母:アイリーン・ライアン
兄:マイケル・ペン
弟:クリス・ペン
主な作品
初体験/リッジモント・ハイ
俺たちは天使じゃない
カリートの道
デッドマン・ウォーキング
ゲーム
シン・レッド・ライン
ギター弾きの恋
アイ・アム・サム
ミスティック・リバー
21グラム
ミルク
ツリー・オブ・ライフ
LIFE!
博士と狂人
 
受賞
アカデミー賞
主演男優賞
2003年ミスティック・リバー
2008年ミルク
カンヌ国際映画祭
男優賞
1997年シーズ・ソー・ラヴリー
ヴェネツィア国際映画祭
男優賞
1998年キャスティング・ディレクター
2003年21グラム
ユネスコ連盟賞
2002年11'09''01/セプテンバー11
ベルリン国際映画祭
銀熊賞(男優賞)
1996年デッドマン・ウォーキング
全米映画批評家協会賞
主演男優賞
2008年ミルク
ニューヨーク映画批評家協会賞
主演男優賞
2008年ミルク
ロサンゼルス映画批評家協会賞
主演男優賞
2008年ミルク[1]
ニュー・ジェネレーション賞
1983年バッド・ボーイズ
放送映画批評家協会賞
主演男優賞
2003年ミスティック・リバー
2008年ミルク
アンサンブル演技賞
2008年『ミルク』
ジョエル・シーゲル博愛賞
2011年
AFI賞
作品賞TOP10
2007年イントゥ・ザ・ワイルド
ゴールデングローブ賞
主演男優賞(ドラマ部門)
2003年ミスティック・リバー
セザール賞
名誉賞
2015年
全米映画俳優組合賞
主演男優賞
2008年ミルク
その他の賞
テンプレートを表示

ショーン・ペンSean Penn, 1960年8月17日 - )は、アメリカ合衆国俳優映画監督

来歴[編集]

生い立ち[編集]

カリフォルニア州サンタモニカで生まれる。父レオ・ペンは俳優兼映画監督、母アイリーン・ライアンは女優。兄のマイケル・ペンは、ミュージシャンであり、エイミー・マンの夫でもある。弟のクリス・ペンも俳優だった。祖父母はリトアニア及びロシアからのユダヤ人、母はイタリア人及びアイルランド人の、父はスペイン人の血を引く。父方の旧姓はPiñon(ピニョン)であり、セファルディムの子孫とされる。

キャリア[編集]

父レオの監督する大草原の小さな家第112話『ジョーンズおじさんの鐘』にてノンクレジットながら初めて名前付きの役を演じる[2]

1979年にテレビ映画『誰がウェブスターを殺したか』で注目を集め、1981年に『タップス』で映画デビューを果たすと、翌年には『初体験/リッジモント・ハイ』で初主演を務める。

1989年の『俺たちは天使じゃない』ではロバート・デ・ニーロと、1993年の『カリートの道』ではアル・パチーノと共演。当時としては格上であった俳優達を相手に一歩も引けを取らない演技を披露し、高い評価を獲得していく。

1997年カンヌ国際映画祭にて

1995年、『デッドマン・ウォーキング』で死刑を目の前にした殺人鬼を演じると、批評家や観客から演技を絶賛され、翌年にベルリン国際映画祭男優賞を受賞、アカデミー主演男優賞に初ノミネートされる。翌年の1997年にはジョン・カサヴェテスの遺稿を映画化した『シーズ・ソー・ラヴリー』でカンヌ国際映画祭 男優賞を受賞、更にその翌年の1998年には『キャスティング・ディレクター』でヴェネツィア国際映画祭 男優賞を受賞し、3年連続受賞で世界三大映画祭の男優賞を制覇。

その後もテレンス・マリック監督の20年振りの復帰作である『シン・レッド・ライン』や、2度目のアカデミー主演男優賞ノミネートを果たしたウディ・アレン監督作品『ギター弾きの恋』等、伝説的監督の作品に連続して出演。2001年には『アイ・アム・サム』で7歳の知能しか持たない父親という難役に挑戦。観客の感涙を誘う演技を披露し、3度目のアカデミー主演男優賞ノミネートを受ける。

2003年公開のクリント・イーストウッド監督作品『ミスティック・リバー』で娘を殺されて復讐に燃える父親を演じ、4度目にして悲願となるアカデミー主演男優賞を受賞した。また、同年にはアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督作品『21グラム』で余命僅かながらも臓器移植を受けた男を演じ、2度目となるヴェネツィア国際映画祭 男優賞を受賞する。

2008年にはハーヴェイ・ミルクを演じた『ミルク』で2度目となるアカデミー主演男優賞を受賞。同年の第61回カンヌ国際映画祭では審査員長を務めた。

監督業[編集]

1991年の『インディアン・ランナー』以降、映画監督にも進出しており、2007年の『イントゥ・ザ・ワイルド』は自身の監督作品として最高評価を獲得し、アカデミー賞でも2部門にノミネートされた。

私生活[編集]

1985年に歌手のマドンナと結婚したが、4年後に離婚。1987年には飲酒運転と暴行で逮捕、6ヶ月の実刑を受けている。

前妻ロビン・ライトとのツーショット(2006年)

1991年から女優のロビン・ライトと交際(同棲)し、1991年に長女(ディラン・フランシス)が、1993年に長男(ホッパー・ジャック)が誕生。1996年に結婚。おしどり夫婦として知られていたが、2007年12月に二人の離婚申請が『ピープル』誌に掲載された[3]。だが翌2008年4月に申請を撤回し復縁した[4]。2009年4月、今度はショーンの方から法的別居を申請。だが3週間後の5月下旬にはまたこの申請の取り消しを求めるなど夫婦間のゴタゴタが続いた[5]。後日、夫妻は再度離婚を申請し2010年7月正式に離婚が成立した。

捕鯨に対する抗議活動などをおこなっている環境保護団体のシーシェパードを支援している。[6]

2013年から女優のシャーリーズ・セロンと交際し婚約までしたが、2015年に破局[7]

翌2016年から女優レイラ・ジョージと交際を始め、2020年に結婚[8]。結婚は三度目[9]

主な作品[編集]

出演[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1981 誰がウェブスターを殺したか
The Killing of Randy Webster
ドン・フレモント
1981 タップス
Taps
アレックス・ドワイヤー
1982 初体験/リッジモント・ハイ
Fast Times at Ridgemont High
ジェフ・スピコリ
1983 Summerspell ブディ 日本未公開
バッド・ボーイズ
Badboys
ミック・オブライエン
1984 クラッカーズ/警報システムを突破せよ!
Crackers
ディラード
月を追いかけて
Racing with the Moon
ヘンリー・“ホッパー”・ナッシュ / ルー 日本未公開
1985 コードネームはファルコン
The Falcon and the Snowman
ドールトン・リー
1986 ロンリー・ブラッド
At Close Range
ブラッド・ホワイトウッド.Jr
上海サプライズ
Shanghai Surprise
グレンドン・ウェイシー
1987 ディア・アメリカ 戦場からの手紙
Dear America: Letters Home from Vietnam
ナレーター 日本未公開
1988 Cool Blue フィル クレジット表記なし
日本未公開
カラーズ 天使の消えた街
Colors
ダニー・マクガヴァン
ジャッジメント・イン・ベルリン
Judgment in Berlin
グンサーX 日本未公開
1989 カジュアリティーズ
Casualties of War
トニー・ミザーヴ軍曹
俺たちは天使じゃない
We're No Angels
ジム
1990 ステート・オブ・グレース
State of Grace
テリーヌーナン
1991 Schneeweißrosenrot 本人 ドキュメンタリー
1992 Cruise Control ジェフリー 短編映画
1993 The Last Party 本人 ドキュメンタリー
カリートの道
Carlito's Way
デイヴィッド・クレインフェルド ゴールデングローブ賞 助演男優賞ノミネート
1995 デッドマン・ウォーキング
Dead Man Walking
マシュー・ポンスレット ベルリン国際映画祭銀熊賞 (男優賞)受賞
アカデミー主演男優賞ノミネート
ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ドラマ部門)ノミネート
1997 ギルティ・オブ・ラブ
Loved
Man on the Hill (Michael) 日本未公開
シーズ・ソー・ラヴリー
She's So Lovely
エディ・クィン カンヌ国際映画祭 男優賞受賞
Uターン
U Turn
ボビー・クーパー
ゲーム
The Game
コンラッド・ヴァン・オートン
ヒューゴ・プール
Hugo Pool
奇妙なヒッチハイカー
1998 キャスティング・ディレクター
Hurlyburly
エディ ヴェネツィア国際映画祭 男優賞受賞
シン・レッド・ライン
The Thin Red Line
ウェルシュ曹長
1999 マルコヴィッチの穴
Being John Malkovich
本人 クレジット表記なし
ギター弾きの恋
Sweet and Lowdown
エメット・レイ アカデミー主演男優賞ノミネート
ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ドラマ部門)ノミネート
2000 A Constant Forge 本人 ドキュメンタリー
真夜中の銃声
Up at the Villa
ローリー・フリント 日本未公開
夜になるまえに
Before Night Falls
クコ・サンチェス
悪魔の呼ぶ海へ
The Weight of Water
トーマス・ジェーンズ 日本未公開
2001 DOGTOWN & Z-BOYS
Dogtown and Z-Boys
ナレーター ドキュメンタリー
The Beaver Trilogy Groovin' Larry (segment Beaver Kid 2) 日本未公開
Scene Smoking: Cigarettes, Cinema & the Myth of Cool 本人 ドキュメンタリー
See How They Run 本人 ドキュメンタリー
アイ・アム・サム
I Am Sam
サム・ドーソン アカデミー主演男優賞ノミネート
ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ドラマ部門)ノミネート
2003 アンビリーバブル
It's All About Love
マルチェロ 日本未公開
ミスティック・リバー
Mystic River
ジミー・マーカム アカデミー主演男優賞受賞
ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ドラマ部門)受賞
英国アカデミー賞 主演男優賞ノミネート
21グラム
21 Grams
ポール・リヴァーズ ヴェネツィア国際映画祭 男優賞受賞
英国アカデミー賞 主演男優賞ノミネート
2004 リチャード・ニクソン暗殺を企てた男
The Assassination of Richard Nixon
サミュエル・J・ビック
2005 ザ・インタープリター
The Interpreter
トビン・ケラー
2006 オール・ザ・キングスメン
All the King's Men
ウィリー・スターク
2008 ミルク
Milk
ハーヴェイ・ミルク アカデミー主演男優賞受賞
ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ドラマ部門)ノミネート
英国アカデミー賞 主演男優賞ノミネート
Witch Hunt ナレーター ドキュメンタリー
トラブル・イン・ハリウッド
What Just Happened
本人役
2010 フェア・ゲーム
Fair Game
ジョゼフ・ウィルソン
2011 ツリー・オブ・ライフ
The Tree of Life
ジャック
きっと ここが帰る場所
This Must Be the Place
シャイアン
2013 L.A. ギャング ストーリー
Gangster Squad
ミッキー・コーエン
LIFE!
The Secret Life of Walter Mitty
ショーン・オコンネル
2015 ザ・ガンマン
The Gunman
ジム・テイラー 兼製作
日本公開は2016年2月6日[10]
2016 アングリーバード
The Angry Birds Movie
テレンス 声の出演
2019 博士と狂人
The Professor and the Madman
ウィリアム・マイナー

監督[編集]

公開年 邦題
原題
主演
1991 インディアン・ランナー
The Indian Runner
ヴィゴ・モーテンセン
1995 クロッシング・ガード
The Crossing Guard
ジャック・ニコルソン
2001 プレッジ
The Pledge
ジャック・ニコルソン
2002 11'9''01/セプテンバー11
11'09'01 - September 11
アーネスト・ボーグナイン
2007 イントゥ・ザ・ワイルド
Into the Wild
エミール・ハーシュ
2016 ラスト・フェイス
The Last Face
シャーリーズ・セロン

日本語吹き替え[編集]

山路和弘が担当することが多い。

脚注[編集]

  1. ^ 「ウォーリー」がLA映画批評家協会賞!アカデミー作品賞へ好発進”. 映画.com (2008年12月11日). 2014年4月29日閲覧。
  2. ^ 大草原の小さな家現在と過去クレジットにも出てこない子ども役のショーン・ペン
  3. ^ White, Nicholas. Sean Penn and Robin Wright Penn Divorcing. People. December 27, 2007.
  4. ^ "Sean Penn, wife Robin end divorce proceeding." Reuters. April 9, 2008.
  5. ^ ショーン・ペン、また別れを撤回!法的別居の申請書を取り消す”. シネマトゥデイ (2009年5月22日). 2009年5月23日閲覧。
  6. ^ シー・シェパードを支援するエンタメ界の大物たち”. AFPBB News (2010年1月8日). 2014年4月29日閲覧。
  7. ^ 婚約していたショーン・ペン&シャーリーズ・セロンが破局”. シネマトゥデイ (2015年6月18日). 2015年6月18日閲覧。
  8. ^ 31歳の年の差婚。ショーン・ペンが女優のレイラ・ジョージと極秘結婚。”. VOGUE (2020年8月4日). 2020年8月4日閲覧。
  9. ^ ショーン・ペンがZoom婚! 31歳下恋人と結婚 - ライブドアニュース
  10. ^ ショーン・ペンがムキムキに肉体改造、「ザ・ガンマン」公開日決定”. 映画ナタリー (2015年11月11日). 2015年11月11日閲覧。

外部リンク[編集]