ステファノ・アコルシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Stefano Accorsi
ステファノ・アコルシ
ステファノ・アコルシ
生年月日 (1971-03-02) 1971年3月2日(48歳)
出生地 イタリアの旗 イタリア ボローニャ[1]
職業 俳優
ジャンル 映画舞台テレビ

ステファノ・アコルシStefano Accorsi, 1971年3月2日[1] - )は、イタリア俳優である。姓はアッコルシとも表記される[2]

経歴[編集]

生い立ち~キャリア初期[編集]

ボローニャで生まれ[1]、両親の出身地であるボローニャ県ブドリオ村落バニャローラ(Bagnarola)で幼少期を過ごす。高校卒業後、ボローニャの地方紙「イル・レスト・デル・カルリーノ」紙に掲載された新聞広告を見てプピ・アヴァティに連絡したことをきっかけに映画『Fratelli e sorelle』(1991年)に出演し、その後、ボローニャのアレッサンドラ・ガランテ・ガッローネ演劇学校に入学する。入学直後には、子供向けテレビ映画『Il videocatechismo』に出演している。

1993年に演劇学校を卒業しボローニャで劇団(Compagnia del Teatro Stabile di Bologna)に参加する。

ブレイク[編集]

1994年ネスレ社のアイスクリーム商品マキシボン(Maxibon)のテレビコマーシャルに出演して広く人気を集め、イタリア語英語をごちゃ混ぜにして使った(マカロニック)キャッチフレーズ「Du gust is megl che uan(Two gusto is meglio che one=「ワン種類よりツー種類の味がある方がいいよね」)が大流行する。1995年、人気バンド883の楽曲「Una canzone d'amore」のミュージックビデオに出演する。

1996年、エンリコ・ブリッツィ(Enrico Brizzi)の同名小説に基づく主演映画『Jack Frusciante è uscito dal gruppo』がサプライズヒットを記録したのに続き、1998年公開のルチャーノ・リガブエ(Luciano Ligabue)監督作『ラジオフレッチャ』でダヴィッド・ディ・ドナテッロ主演男優賞を獲得し、俳優としての地位を不動のものとする。

2000年代[編集]

2001年にはフェルザン・オズペテク監督作『無邪気な妖精たち』でイタリア・ゴールデングローブ最優秀男優賞を獲得する。

2002年ミケーレ・プラチド監督作『愛という名の旅』に出演し、第59回ヴェネツィア国際映画祭男優賞を獲得する[3]

2006年、ドミティッラ・カラマイ(Domitilla Calamai)の同名小説に基づくジュリー・ガヴラス(Julie Gavras)監督のフランス映画『ぜんぶ、フィデルのせい』に出演する。2008年にはジル・ルグラン(Gilles Legrand)監督のフランス映画『La jeune fille et le loups』でレティシア・カスタと初めて共演したほか、セルジオ・カステッリット演出による舞台『ダウト 疑いをめぐる寓話』に出演する。

2009年開催のサンレモ音楽祭では、没後10年を迎えたシンガーソングライターのファブリツィオ・デ・アンドレ(Fabrizio De André)の誕生日を記念して、プレミアータ・フォルネリア・マルコーニおよび俳優のクラウディオ・サンタマリアとともにデ・アンドレの代表曲「Bocca di Rosa」を歌った。

2010年代[編集]

2011年にはルーチョ・ペッレグリーニ(Lucio Pellegrini)監督作『気楽な人生』でピエルフランチェスコ・ファヴィーノとともに主演を務めたほか、ダニエーレ・ガッリャノーネ(Daniele Gaglianone)監督作『錆び』に出演する。2012年、『狂えるオルランド』に基づくマルコ・バリアーニ(Marco Baliani)演出の舞台『Furioso Orlando』に出演する。2013年、テレビシリーズ『Il clan dei camorristi』に出演する。

2015年、自身の原案に基づきタンジェントポリを題材としたテレビシリーズ『1992』に主演する。2016年マッテオ・ロヴェーレ監督作『ゴッド・スピード・ユー!』に出演し、ダヴィッド・ディ・ドナテッロ主演男優賞を獲得する。2017年にはセルジオ・カステッリット監督作『フォルトゥナータ』に出演したほか、『1992』の続編となるテレビシリーズ『1993』に主演する。2018年にはルチャーノ・リガブエ監督作『メイド・イン・イタリー』およびガブリエーレ・ムッチーノ監督作『家族にサルーテ!イスキア島は大騒動』に出演する。

私生活[編集]

2003年から2013年にかけて、フランスの女優レティシア・カスタと交際し、一男一女をもうけている。

2015年にビアンカ・ヴィターリ(Bianca Vitali)と結婚し、夫妻には2017年に息子が一人誕生した[4]

受勲[編集]

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

公開年 邦題

原題

役名 備考
1991 Fratelli e sorelle マッテオ
1992 Un posto アントニオ
1994 Strane storie- Racconti di fine secolo
1995 Facciamo paradiso クレジットなし
Un giorno ideale per i pescibanana 短編
1996 Jack Frusciante è uscito dal gruppo アレックス
Vesna va veloce ウェイター
ぼくらの世代

La mia generazione

ボノーリ イタリア映画祭2001にて上映[5]
1997 Naja トニーノ
1998 I piccoli maestri ジジ ナストロ・ダルジェント主演男優賞ノミネート
ラジオフレッチャ

Radiofreccia

フレッチャ イタリア映画祭2001にて上映[5]

ダヴィッド・ディ・ドナテッロ主演男優賞受賞

1999 Ormai è fatta! ホルスト・ファンタッツィーニ ダヴィッド・ディ・ドナテッロ主演男優賞ノミネート
Un uomo perbene デッラ・ヴァッレ弁護士
Più leggero non basta マルコ テレビ映画
2000 Capitani d'aprile サルゲイロ・マイア
2001 Tabloid
最後のキス

L'ultimo bacio

カルロ
無邪気な妖精たち

Le fate ignoranti

ミケーレ イタリア映画祭2003にて上映[6]

ナストロ・ダルジェント主演男優賞受賞

イタリア・ゴールデングローブ最優秀男優賞

息子の部屋

La stanzadel figlio

トンマーゾ
サンタ・マラドーナ

Santa Maradona

アンドレア・ストラニエロ イタリア映画祭2002にて上映[7]
2002 愛という名の旅

Un viaggio chiamato amore

ディーノ・カンパーナ イタリア映画祭2004にて上映[8]

第59回ヴェネツィア国際映画祭男優賞受賞

ヤング・カサノバ

Il giovane Casanova

ジャコモ・カサノヴァ テレビ映画
2004 Ovunque sei マッテオ
愛はふたたび

L'amore ritrovato

ジョヴァンニ イタリア映画祭2005にて上映[9]
2005 Provincia meccanica マルコ・バッタリア ダヴィッド・ディ・ドナテッロ主演男優賞ノミネート

ナストロ・ダルジェント主演男優賞ノミネート

野良犬たちの掟

Romanzo criminale

ニコラ・シャロイア
2006 Les brigades du tigre
ぜんぶ、フィデルのせい

La faute à Fidel!

フェルナンド
2007 対角に土星

Saturno contro

アントニオ イタリア映画祭2008にて上映[10]
キッスをよろしく

Un baiser s'il vous plaît

クラウディオ
Les deux mondes
2008 La jeune fille et les loups
Baby Blues
2009 イヤとは言わない

Je ne dis pas non

2010 もう一度キスを

Baciami ancora

カルロ イタリア映画祭2011にて上映[11]
Nous trois
2011 気楽な人生

La vita facile

ルカ イタリア映画祭2012にて上映[12]
Tous les Soleils アレッサンドロ
錆び

Ruggine

サンドロ イタリア映画祭2012にて上映[12]
Une nuit dans Paris 短編
2013 L'arbitro クルチャーニ
はじまりは5つ星ホテルから

Viaggio sola

アンドレア ダヴィッド・ディ・ドナテッロ助演男優賞ノミネート
Io non ti conosco 短編
2014 La nostra terra
2016 ゴッド・スピード・ユー!

Veloce come il vento

ロリス ダヴィッド・ディ・ドナテッロ主演男優賞受賞

ナストロ・ダルジェント主演男優賞受賞

2017 フォルトゥナータ

Fortunata

パトリツィオ イタリア映画祭2018にて上映[2]
2018 メイド・イン・イタリー

Made in Italy

リコ イタリア映画祭2018にて上映[2]
家族にサルーテ!イスキア島は大騒動

A casa tutti bene

パオロ
2019 Il campione

テレビ[編集]

放映年 邦題

原題

役名 備考
1995 Voci notturne リナルド ミニシリーズ
2000 Come quando fuori piove リディオ ミニシリーズ
2002 Le ragioni del cuore ミニシリーズ
2013 Il clan dei camorristi アンドレア・エスポジート
2015 1992 レオナルド・ノッテ
2016 ヤング・ポープ 美しき異端児

The Young Pope

イタリアの首相 第6話「第6章 悪魔との対話」
2017 1993 レオナルド・ノッテ

他の出演作品[編集]

  • ネスレ Maxibon Motta(1994年) - コマーシャル
  • 883「Senza averti qui」(1995年) - ミュージックビデオ
  • 883「Una canzone d'amore」(1995年) - ミュージックビデオ
  • カルメン・コンソリ(Carmen Consoli)「L'ultimo Bacio」(2000年) - ミュージックビデオ
  • ネッファ(Neffa)「Passione」(2007年) - ミュージックビデオ
  • ジョヴァノッティ(Jovanotti)「Baciami ancora」(2010年) - ミュージックビデオ
  • プジョー 208(2012年) - コマーシャル

吹き替え[編集]

舞台[編集]

主な受賞[編集]

ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞

  • 主演男優賞(1999年) 『ラジオフレッチャ』
  • 主演男優賞(2017年) 『ゴッド・スピード・ユー!』

ナストロ・ダルジェント賞

  • 主演男優賞(2001年) 『無邪気な妖精たち』
  • 新人監督特別賞(2014年) 『Io non ti conosco
  • 主演男優賞(2016年) 『ゴッド・スピード・ユー!』

ヴェネツィア国際映画祭

イタリア・ゴールデングローブ賞

  • 最優秀男優賞(2001年) 『無邪気な妖精たち』

チャック・ドーロ賞

  • 主演男優賞(1999年) 『ラジオフレッチャ』
  • 主演男優賞(2001年) 『最後のキス』

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Stefano Accorsi - Overview”. AllMovie. 2019年4月10日閲覧。
  2. ^ a b c 作品情報 | イタリア映画祭2018”. 朝日新聞社. 2019年4月10日閲覧。
  3. ^ 映画ニュース ヴェネチア国際映画祭、閉幕。 - allcinema”. www.allcinema.net. 2019年4月13日閲覧。
  4. ^ online, Redazione (2017年4月21日). “«È nato Lorenzo!!!» Stefano Accorsi è di nuovo papà” (イタリア語). Corriere di Bologna. 2019年2月28日閲覧。
  5. ^ a b asahi.com : 朝日新聞社 - 「イタリア映画祭2001」”. www.asahi.com. 2019年4月12日閲覧。
  6. ^ asahi.com : 朝日新聞社 - 「イタリア映画祭2003」”. www.asahi.com. 2019年4月12日閲覧。
  7. ^ asahi.com : 朝日新聞社 - 「イタリア映画祭2002」”. www.asahi.com. 2019年4月12日閲覧。
  8. ^ イタリア映画祭2004~作品紹介”. www.asahi.com. 2019年4月12日閲覧。
  9. ^ イタリア映画祭2005 公式ホームページ”. www.asahi.com. 2019年4月12日閲覧。
  10. ^ asahi.com : 朝日新聞社 - イタリア映画祭2008 ― 作品紹介”. www.asahi.com. 2019年4月12日閲覧。
  11. ^ asahi.com : 朝日新聞社 - 「イタリア映画祭2011」 - 作品情報”. www.asahi.com. 2019年4月12日閲覧。
  12. ^ a b 朝日新聞社 -「イタリア映画祭2012」- 作品情報”. www.asahi.com. 2019年4月12日閲覧。

外部リンク[編集]