リーアム・ニーソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リーアム・ニーソン
Liam Neeson
Liam Neeson
2012年
本名 William John Neeson
生年月日 1952年6月7日(64歳)
出生地 北アイルランドの旗 北アイルランドアントリム州
国籍 アイルランドの旗 アイルランド
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
身長 193 cm
職業 俳優
ジャンル 映画・テレビ
活動期間 1978年 -
配偶者 ナターシャ・リチャードソン(1994年 - 2009年・死別)
主な作品
シンドラーのリスト
スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス
キングダム・オブ・ヘブン
バットマン ビギンズ
ナルニア国物語』シリーズ
96時間』シリーズ
備考
大英帝国勲章(OBE)

リーアム・ニーソンLiam Neeson, 本名: ウィリアム・ジョン・ニーソン (William John Neeson OBE), 1952年6月7日 - )は、北アイルランド出身の俳優ニューヨーク在住。

生い立ち[編集]

北アイルランドアントリム州出身。父親のバーナード・ニーソンはカトリック系の小学校の管理人、母親のキャサリン(旧姓ブラウン)は調理師[1]。4人兄弟の3番目[2]。9歳の時からボクシングをはじめる[3]。1971年にクイーンズ大学ベルファストに入学するが、演劇に興味を持ち中退[4]。ビール工場や助建築家、アマチュアのボクサーを経て、2年間ベルファストの劇団で演技を学ぶ。

キャリア[編集]

ダブリンアビー・シアターの一員になり、舞台俳優としてキャリアをスタートさせる。映画監督ジョン・ブアマンに見出されて、1981年に『エクスカリバー』で映画デビューを果たした。

1993年公開のスティーヴン・スピルバーグ監督映画『シンドラーのリスト』でオスカー・シンドラーを演じてアカデミー主演男優賞にノミネートされた。また、同年には『アンナ・クリスティ』でブロードウェイデビューを果たし、トニー賞にノミネートされた。1996年公開の『マイケル・コリンズ』でマイケル・コリンズを演じてヴェネツィア国際映画祭 男優賞を受賞した。

1999年公開の『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』では主役のクワイ=ガン・ジンを演じた。

2010年には再びスピルバーグとタッグを組み、エイブラハム・リンカーンを演じることが決まっていたが、このプロジェクトは時間がかかり過ぎ、「58歳になった自分が56歳で死去したリンカーンを演じるのはふさわしくない」と降板を決意した[5]

2015年、スパイクテレビ主催のガイズ・チョイス・アワードで「ビゲスト・アス・キッカー(最もタフな男)」賞を受賞 [6]

私生活[編集]

レイフ・ファインズ(右)と歓談するリーアム

1994年に『ネル』で共演したナターシャ・リチャードソンと結婚。1995年に長男(マイケル・リチャード・アントニオ)、1996年に次男(ダニエル・ジャック)が誕生。

1999年にこれまでの功績が称えられ、イギリス王室よりOBEが授与された。

2008年8月にテレビ番組『グッド・モーニング・アメリカ』にて、アメリカ合衆国の市民権を取得したことを明かした[7]。「いまでもアイリッシュとしての誇りを持ち続けているが、アメリカの市民権を獲得したことも、とても誇りに思っている。」と語っている。

妻のナターシャ・リチャードソンは、2009年3月16日にカナダモントリオールのスキー場でスキー中に転倒した。帰宅後、彼女は激しい頭痛を訴え、ニューヨーク市内の病院に入院した。その後、昏睡状態になり脳死状態になった[8]。2日後の18日、事故前の本人の希望に従い、人工呼吸器を含めた全ての生命維持装置が取り外され、彼女は45歳の若さでニューヨーク市内の病院にて死去した[9]。おしどり夫婦として有名だったため突然の訃報に各国のメディアがこぞって報道し、葬儀の時、哀しみに打ちひしがれて義母(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)に支えられながら歩く様子が撮影された。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1978
Pilgrim's Progress
旅人
1979
Christiana
勇者
1981
Charlie Was a Rich Man
テレビ映画

Nailed
若きカトリック教徒
エクスカリバー
Excalibur
ガウェイン
1983 銀河伝説クルール
Krull
キーガン

Across the Water
マーティン テレビ映画
1984 バウンティ/愛と反乱の航海
The Bounty
チャールズ・チャーチル
1985 ひと夏の青春
The Innocent
ジョン・カーンズ
SFキング・オブ・アーサー/魔剣伝説
Arthur the King
グラック テレビ映画

Lamb
マイケル・ラム
1986 ミッション
The Mission
フィールディング
デルタ・フォース
The Delta Force
隊員 アンクレジット
デュエット・フォー・ワン
Duet for One
トッター
華麗なる女実業家/続・炎のエマ
Hold the Dream
ブラッキー・オニール テレビ映画
1987 容疑者
Suspect
カール・アンダーソン
殺人容疑
Sworn to Silence
ヴィンセント テレビ映画
死にゆく者への祈り
A Prayer for the Dying
リーアム・ドハーティ
1988 サティスファクション
Satisfaction
マーティン・ファルコン
プランケット城への招待状
High Spirits
マーティン・ブロガン
ダーティハリー5
The Dead Pool
ピーター・スワン
情熱の代償
The Good Mother
レオ・カッター
1989 パトリック・スウェイジ/復讐は我が胸に
Next of Kin
ブライアー・ゲイツ
1990 ダークマン
Darkman
ペイトン・ウェストレイク/ダークマン
スピリット/傷だらけの栄光
The Big Man
ダニー
1991 疑惑に抱かれて
Under Suspicion
トニー・アーロン
1992 夫たち、妻たち
Husbands and Wives
マイケル・ゲイツ
嵐の中で輝いて
Shining Through
フランツ=オットー・ディートリッヒ
ルビー・カイロ
Ruby Cairo
ファーガス・ラム
奇跡を呼ぶ男
Leap of Faith
ウィル・ブラヴァーマン
1993 哀愁のメモワール
Ethan Frome
イーサン・フローム
シンドラーのリスト
Schindler's List
オスカー・シンドラー
1994 ネル
Nell
ジェローム・ロヴェル博士
1995 ロブ・ロイ/ロマンに生きた男
Rob Roy
ロブ・ロイ・マグレガー
1996 マイケル・コリンズ
Michael Collins
マイケル・コリンズ ヴェネツィア国際映画祭 男優賞を受賞
判決前夜/ビフォア・アンド・アフター
Before and After
ベン・ライアン
1998 レ・ミゼラブル
Les Miserables
ジャン・バルジャン
1999 ホーンティング
The Haunting
デヴィッド・マロウ
スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス
Star Wars Episode I: The Phantom Menace
クワイ=ガン・ジン
2000 ガンシャイ
Gun Shy
チャーリー
2002 K-19
K-19: The Widowmaker
ミハイル・ポレーニン副長
ギャング・オブ・ニューヨーク
Gangs of New York
ヴァロン神父
スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃
Star Wars Episode II: Attack of the Clones
クワイ=ガン・ジン 声の出演
2003 ラブ・アクチュアリー
Love Actually
ダニエル
2004 愛についてのキンゼイ・レポート
Kinsey
アルフレッド・キンゼイ

Patrick
[ナレーター ドキュメンタリー(声優)
2005 キングダム・オブ・ヘブン
Kingdom of Heaven
ゴッドフリー・オブ・イベリン
バットマン ビギンズ
Batman Begins
ヘンリー・デュカード/ラーズ・アル・グール
プルートで朝食を
Breakfast on Pluto
リーアム神父
ナルニア国物語/第1章: ライオンと魔女
The Chronicles of Narnia:The Witch, The Lion and The Wardrobe
アスラン 声の出演
2006 セラフィム・フォールズ
Seraphim Falls
カーヴァー
2008 ナルニア国物語/第2章: カスピアン王子の角笛
The Chronicles of Narnia:Prince Caspian
アスラン 声の出演
アザーマン -もう一人の男-
The Other Man
ピーター
96時間
Taken
ブライアン・ミルズ
崖の上のポニョ
Ponyo on the Cliff by the Sea
フジモト 英語版(声優)
2009 レクイエム
Five Minutes of Heaven
アリスター・リトル
アフターライフ
After.Life
エリオット
CHLOE/クロエ
Chloe
デビッド・スチュアート
2010 タイタンの戦い
Clash of the Titans
ゼウス
特攻野郎Aチーム THE MOVIE
The A-Team
“ハンニバル”ジョン・スミス大佐
ナルニア国物語/第3章: アスラン王と魔法の島
The Chronicles of Narnia: The Voyage of the Dawn Treader
アスラン 声の出演
スリーデイズ
The Next Three Days
デイモン・ペニントン
2011 アンノウン
Unknown
マーティン・ハリス博士

A Child's Garden of Poetry
テレビ映画(声優)
2012 THE GREY 凍える太陽
The Grey
オットウェイ
タイタンの逆襲
Wrath of the Titans
ゼウス
バトルシップ
Battleship
シェーン提督
ダークナイト ライジング
The Dark Knight Rises
ヘンリー・デュカード/ラーズ・アル・グール
96時間/リベンジ
Taken 2
ブライアン・ミルズ
2013 サード・パーソン
Third Person
マイケル
Girl Rising -少女たちの挑戦-
Girl Rising
ナレーション
俺たちニュースキャスター 史上最低!?の視聴率バトルinニューヨーク
Anchorman 2: The Legend Continues
ヒストリー・ネットワークの司会 クレジットなし
サバンナ・アドベンチャー
Khumba
ファンゴ 声の出演

Jeff Wayne's Musical Version of the War of the Worlds Alive on Stage! The New Generation
ジャーナリスト
2014 フライト・ゲーム
Non-Stop
ビル・マークス
LEGO ムービー
The Lego Movie
バッド・コップ/グッド・コップ 声の出演
荒野はつらいよ 〜アリゾナより愛をこめて〜
A Million Ways To Die In The West
クリンチ
誘拐の掟
A Walk Among the Tombstones
マット・スカダー
96時間/レクイエム
Taken 3
ブライアン・ミルズ
ロード
Road
ナレーター
ナッツジョブ サーリー&バディのピーナッツ大作戦!
The Nut Job
ラックーン (声優)
2015 ラン・オールナイト
Run All Night
ジミー・コンロン
テッド2
Ted 2
渋男 カメオ出演

Entourage
本人役

A Christmas Star
ナレーター/ラジオDJ (声優)
2016 スノーホワイト/氷の王国
The Huntsman: Winter's War
ナレーター 声の出演、クレジットなし

Silence
クリストヴァン・フェレイラ

Operation Chromite
ダグラス・マクアーサー

A Monster Calls
モンスター

ゲーム[編集]

日本語吹き替え[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Liam Neeson Biography”. 2007年4月18日閲覧。
  2. ^ Liam Neeson”. 2007年4月18日閲覧。
  3. ^ “Star who shone in the boxing ring”. BBC News. (2006年12月13日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/northern_ireland/6175251.stm 2007年4月18日閲覧。 
  4. ^ “Liam Neeson graduates 40 years on”. BBC News. (2009年5月7日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/northern_ireland/8037845.stm 2009年6月9日閲覧。 
  5. ^ “スピルバーグの伝記映画『リンカーン』をリーアム・ニーソンが降板か?”. シネマトゥデイ. (2010年8月2日). http://www.cinematoday.jp/page/N0025962 2013年1月7日閲覧。 
  6. ^ 「今年最高の男」賞に『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のクリス・プラット!”. シネマトゥデイ (2015年6月9日). 2015年6月10日閲覧。
  7. ^ “リーアム・ニーソン、アメリカ市民権を獲得”. シネマトゥデイ. (2009年9月1日). http://www.cinematoday.jp/page/N0019425 2013年1月7日閲覧。 
  8. ^ シネマトゥデイ (2009年3月19日). “スキー事故、 ナターシャ・リチャードソン脳死状態に”. 2009年3月19日閲覧。
  9. ^ “スキー事故のナターシャ・リチャードソン、45歳で死去”. シネマトゥデイ. (2009年3月19日). http://www.cinematoday.jp/page/N0017380 2013年1月7日閲覧。 

外部リンク[編集]