タンジェントポリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

タンジェントポリイタリア語: Tangentopoli)は、イタリアの政官業の癒着を表現した言葉。イタリア語で「汚職の町」を意味し、1992年から始まった大規模な汚職捜査とその結果としての政界再編を指している。

冷戦の終焉などもあってイタリア政界に大きな変化を与えた事から、この事件をもってイタリア第一共和制からイタリア第二共和制へと移行したと見る向きもある。

概要[編集]

汚職の常態化[編集]

イタリアの政治は、第二次世界大戦後、キリスト教民主主義(DC)、イタリア社会党(PSI)、イタリア民主社会党(PSDI)、イタリア共和党(PRI)を中心とする中道・左派政党が一貫して政権を担ってきた。その結果として汚職が一般化し、国民の政治不信が高まるものの、上下両院は比例代表制による選挙制度であったため、イタリア共産党をのぞく主要4党が上下両院で過半数の議席を占める構図は大きく変化せず、政権基盤が揺らぐことはなかった。

しかし、1992年ミラノ検察庁が市立養護老人施設の汚職捜査をきっかけに捜査対象を国会議員に拡大した。ミラノ地検の検事であったアントニオ・ディ・ピエトロの指揮下による「マーニ・プリーテ(清廉な手)」と呼ばれる捜査作戦は全国に波及し、1992年-1994年までに3,000人(うち約400人が国会議員)が摘発された。

選挙制度改革[編集]

アンドレオッティとロッジP2リーチオ・ジェッリ

これらの汚職が表ざたになったことから、これまで持ちこたえてきた連立与党への国民の信頼は失墜し、非政治家のカルロ・アツェリオ・チャンピが首相に就任した。

チャンピ内閣は比例代表制による上下両院の硬直化を打破するため、小選挙区制の導入を柱とする選挙制度改革を実施、1994年の総選挙では既成政党が軒並み議席を減らした。

第二次世界大戦後より長年政権を担当してきたDC,PSIはジュリオ・アンドレオッティマフィアとの関係発覚や、ベッティーノ・クラクシチュニジア亡命などで求心力を失い分裂、解散に追い込まれた。

沿革[編集]

1992年[編集]

1993年[編集]

関連項目[編集]