ルイジ・ロ・カーショ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ルイジ・ロ・カーショ
Luigi Lo Cascio
Luigi Lo Cascio
2009年
生年月日 (1967-10-20) 1967年10月20日(55歳)
出生地 イタリアの旗 イタリア パレルモ
職業 俳優
ジャンル 映画舞台
活動期間 1992年 -
 
受賞
ヴェネツィア国際映画祭
パシネッティ賞 最優秀男優賞
2001年ぼくの瞳の光
その他の賞
テンプレートを表示

ルイジ・ロ・カーショ(Luigi Lo Cascio, 1967年10月20日 - )は、イタリア俳優[1]

経歴[編集]

パレルモ生まれ[2]。高校卒業後、医学部に進学したが、2年後に俳優を志して退学[3]。街頭演劇グループでの活動を経て[3]1992年、シルヴィオ・ダミーコ国立演劇芸術アカデミーを卒業[4]

2000年マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ監督作『ペッピーノの百歩』で主演を務め[5]、映画初出演にしてダヴィッド・ディ・ドナテッロ主演男優賞を獲得。

2001年、『ぼくの瞳の光』で第58回ヴェネツィア国際映画祭男優賞を受賞[6]

2003年には、マルコ・ベロッキオ監督作『夜よ、こんにちは[7]およびマルコ・トゥリオ・ジョルダーナ監督作『輝ける青春』に出演[8]

2012年、『La città ideale』で監督デビューを果たした。

2018年9月6日、フェルトリネッリ社より長編小説『Ogni ricordo un fiore』を出版し、小説家としてデビューした[9]

フィルモグラフィ[編集]

映画[編集]

  • ペッピーノの百歩 I cento passi(2000年)
  • ぼくの瞳の光 Luce dei miei occhi(2001年)
  • わたしの一番幸せな日 Il più bel giorno della mia vita(2002年)※イタリア映画祭2003にて上映
  • 夜よ、こんにちは Buongiorno, notte(2003年)
  • 輝ける青春 La meglio gioventù(2003年)
  • Mio cognato(2003年)
  • JIGSAW ジグソー Occhi di cristallo(2004年)
  • 映画のようには愛せない La vita che vorrei(2004年)※イタリア映画祭2006上映時タイトル『私が望む人生』
  • 心の中の獣 La bestia nel cuore(2005年)※イタリア映画祭2006にて上映
  • 氷の挑発2 Mare nero(2006年)
  • Il dolce e l'amaro(2007年)
  • 狂った血の女 Sanguepazzo(2008年)
  • Il pacco(2008年)※短編
  • セントアンナの奇跡 Miracle at St. Anna(2008年)
  • シチリア!シチリア! Baarìa(2009年)
  • バール・マルゲリータに集う仲間たち Gli amici del bar Margherita(2009年)※イタリア映画祭2010にて上映
  • われわれは信じていた Noi credevamo(2010年)※イタリア映画祭2011にて上映
  • フォンターナ広場 イタリアの陰謀 Romanzi di una strage(2012年)
  • La città ideale(2012年)※兼監督
  • 狼は暗闇の天使 Salvo(2013年)※イタリア映画祭2014上映時タイトル『サルヴォ』
  • 人間の値打ち Il capitale umano(2014年)
  • Il nome del figlio(2015年)
  • われらの子供たち I nostri ragazzi(2014年)※イタリア映画祭2015にて上映
  • いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち Smetto quando voglio - Masterclass(2017年)
  • いつだってやめられる 闘う名誉教授たち Smetto quando voglio - Ad honorem(2017年)
  • 閉ざされた雪国 Il mangiatore di pietre(2018年)
  • シチリアーノ 裏切りの美学 Il traditore(2019年)
  • Lacci(2020年)

テレビ[編集]

  • Il sogno del maratoneta(2012年)
  • Il bambino cattivo(2013年)

主な受賞[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ イタリアの人気俳優ルイジ・ロ・カーショ来日! 最も優れたイタリア映画が観れる「チャオ! チネマ・イタリアーナ」”. CINEMA TOPICS ONLINE (2004年4月28日). 2015年1月28日閲覧。
  2. ^ キャスト”. フォンターナ広場 イタリアの陰謀. ムヴィオラ. 2015年1月28日閲覧。
  3. ^ a b repubblica.it. “Luigi Lo Cascio. Biografia e filmografia” (イタリア語). trovacinema.repubblica.it. 2019年2月27日閲覧。
  4. ^ キャスト”. 夜よ、こんにちは. ビターズ・エンド. 2015年1月28日閲覧。
  5. ^ Young, Deborah (2000年9月15日). “Review: ‘The Hundred Steps’”. Variety. 2015年1月28日閲覧。
  6. ^ Rooney, David (2001年9月9日). “Nair roars at Venice fest”. Variety. 2015年1月28日閲覧。
  7. ^ Scott, A. O. (2005年11月11日). “Faking the Family Life, With a Kidnapping Victim Behind the Bookshelf”. The New York Times. 2015年1月28日閲覧。
  8. ^ Wilmington, Michael (2005年3月30日). “Movie review: 'The Best of Youth'”. Chicago Tribune. 2015年1月28日閲覧。
  9. ^ Libro Ogni ricordo un fiore - L. Lo Cascio - Feltrinelli - I Narratori | LaFeltrinelli” (イタリア語). www.lafeltrinelli.it. 2019年2月27日閲覧。

外部リンク[編集]