プレミアータ・フォルネリア・マルコーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プレミアータ・フォルネリア・マルコーニ
P.F.M.
PFM1.jpg
母国リニャーノ・サッビアドーロ公演 (2007年8月)
基本情報
出身地 イタリアの旗 イタリア
ジャンル プログレッシブ・ロック
活動期間 1970年 - 現在
レーベル Numero Uno
マンティコア
Zoo
Dischi
RCAレコード
ソニー・ミュージック
Musiza
Aereostella
公式サイト http://www.pfmpfm.it/
メンバー フランツ・ディ・チョッチョ(Vo/Ds)
パトリック・ジヴァス(B)
ルチオ・ファブリ(Vio)
マルコ・スフォーリ(G)
アレッサンドロ・スカリオーネ(Key)
ロベルト・ガウディ(Ds)
アルベルト・ブラビン(Key/Vo)
旧メンバー 以下を参照
バンドのロゴ

プレミアータ・フォルネリア・マルコーニ(Premiata Forneria Marconi)は、1970年[1]イタリアで結成されたプログレッシブ・ロックバンド

1973年からの国際展開に際してピート・シンフィールドの発案[2]P.F.M.、或いはPFMという略称が使用された[3]が、母国イタリアでは引き続きフル・ネームが使用されていた。

概歴[編集]

2007年のバンドメンバー

当初はI Quelli(イ・クエッリ)というバンド名で、ディスキ・リコルディから1965年にシングル盤でデビュー。ルーチョ・バッティスティ(Lucio Battisti)のレコーディングに参加した時、バッティスティからバンドを再編成する事をアドバイスされ、確執のあったメンバーと袂を分かち[4]、プレミアータ・フォルネリア・マルコーニとして1970年12月[4]に再スタートした。

1971年イエスディープ・パープル等のイタリア公演で前座を務めて[4]イタリアの聴衆への認知度を高めていった。そして1972年3月、ルーチョ・バッティスティのレーベルであるヌメロ・ウーノ(Numero Uno)から、アルバム『幻想物語』でデビュー。イタリア国内チャートで最高4位まで上昇し、さらに同年暮れにはセカンドアルバム『友よ』をリリースした。これと前後してELPのイタリア公演の前座として出演し、それがきっかけとなってグレッグ・レイクに注目されてイギリスに招かれ、『友よ』をベースとした英語詞主体のアルバム『幻の映像[5]を制作、1973年3月にロンドンのABCフラム劇場でイギリスでの初ステージを実現し、さらに8月のレディングのロック・フェスティバルに出演。このステージが聴衆から高い評価を得た[6]。この時のラインナップはフラヴィオ・プレーモリ(キーボード、ボーカル)、フランツ・ディ・チョッチョ(ドラム、ボーカル)、ジョルジオ・ピアッツァ(ベース)、フランコ・ムッシーダ(ギター、ボーカル)、マウロ・パガーニ(バイオリン、フルート、ヴォーカル)の5人編成だったが、9月にマンティコア・レーベルから国際デビューした前後に、ベースがピアッツァからアレアに在籍していたヤン・パトリック・ジヴァスに交代した。

日本でも国際デビュー直後からマスコミに注目され[6]、1975年11月にはボーカルのベルナルド・ランゼッティ(Bernardo Lanzetti)を加えた6人編成で来日して東京(2回)/名古屋/大阪の合計4回公演を行っている[6]

その後、1976年のアルバム『チョコレート・キングス』リリース後にマウロ・パガーニが脱退するなど、グループの改編が続き、1977年にリリースした『ジェット・ラグ』を最後に主軸となる歌詞をイタリア語に戻すなどの変化が生じた。さらにメンバーチェンジを経て、2010年6月現在はディ・チョッチョ、ムッシーダ、ジヴァスの3人[7]が正式メンバーとして在籍。数度の休止を挟みつつも長年にわたる音楽活動を続けている。

来日記録
2002年1975年以来となった2度目の来日公演を催行、その模様は『ライブ・イン・ジャパン 2002』というCDとDVDとしてリリースされ、さらに2006年にも来日している。
また、近年、不定期で、ファブリツィオ・デ・アンドレ(イタリアの個性派・シンガーソングライター。故人。かつてPFMがバック・バンドを務めてイタリア国内を巡業した)をトリビュートするライヴを行なっており、その模様を収めたDVD "PFM Canta de Andre"、トリビュートCD "A.D.2010 - La Buona Novella" も発表している。
2011年の来日ではプログレッシヴ・ロック・フェスに出演[8]2014年にはデビュー40周年記念公演を開催した[9]

メンバー[編集]

現メンバー[編集]

フランツ・ディ・チョッチョ(Vo/Ds) 2007年
パトリック・ジヴァス(B) 2011年
  • フランツ・ディ・チョッチョ Franz Di Cioccio - ボーカル/ドラムス (1970- )
  • パトリック・ジヴァス Patrick Djivas - ベース (1974- )
  • ルチオ・ファブリ Lucio Fabbri - ヴァイオリン (1979-1987, 2002- )
  • マルコ・スフォーリ Marco Sfogli - ギター (2015- )
  • アレッサンドロ・スカリオーネ Alessandro Scaglione - キーボード (2012- )
  • ロベルト・ガウディ Roberto Gualdi - セカンド・ドラムス (1999-2002, 2011- )
  • アルベルト・ブラビン Alberto Bravin - キーボード/ボーカル (2015- )

旧メンバー[編集]

  • フランコ・ムッシーダ Franco Mussida - ギター/ボーカル (1970-2015)
  • フラヴィオ・プレーモリ Flavio Premoli - キーボード/ボーカル (1970-1980, 1997-2005)
  • マウロ・パガーニ Mauro Pagani - フルート/ヴァイオリン/ボーカル (1970-1976)
  • ジョルジオ・ピアッツァ Giorgio Piazza - ベース (1970-1974)
  • ベルナルド・ランゼッティ Bernardo Lanzetti - ボーカル (1975-1977)
  • グレゴリー・ブロック Gregory Bloch - ヴァイオリン (1976–1977)
  • ウォルター・カローニ Walter Calloni - セカンド・ドラムス (1982-1987)
  • ヴィットリオ・コスマ Vittorio Cosma - キーボード (1984-1989)
  • ロベルト・コロンボ Roberto Colombo - キーボード (1979)
  • ステファノ・タバーニーズ Stefano Tavernese - ヴァイオリン (1997-1999)
  • フィル・ドラミー Phil Drummy - ボーカル (1998)
  • ジャンルカ・ タリアヴィーニ Gianluca Tagliavini - キーボード (2006-2011)
  • ピエロ・モンテリージ Piero Monterisi - セカンド・ドラムス (2002-2010)

アルバム・ディスコグラフィー[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

ライブ・アルバム[編集]

コンピレーション・アルバム[編集]

日本公演[編集]

  • 1975年
11月23日 渋谷公会堂
11月25日 大阪厚生年金会館
11月28日 名古屋市公会堂
11月29日 中野サンプラザ
  • 2002年
5月8日、9日 ブルーノート大阪
5月11日、12日 CLUB CITTA'
  • 2006年
5月12日、13日、14日 CLUB CITTA'
  • 2011年
8月28日 日比谷野外音楽堂
11月4日、6日、7日 CLUB CITTA'
  • 2014年
5月30日 TOKYO DOME CITY HALL
5月31日 DUO MUSIC EXCHANGE

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ I Quelliとしては1964年に結成されている。
  2. ^ ライブアルバム『クック=ライブレコーディング=』の国内盤CD(VICP-63229)の解説より。
  3. ^ アルバム『幻の映像』の裏ジャケットや、それ以降の『甦る世界』、『チョコレート・キングス』、『ジェット・ラグ』などのジャケットにもこの略称が使用されている。また、イタリア国内展開時のファーストアルバム『幻想物語』のCDジャケットにも、この略称は使用されている。
  4. ^ a b c アルバム『幻の映像』日本国内盤CD(KICP 2701)のライナーノーツの解説より。
  5. ^ ピート・シンフィールドが2曲のプロデュース及び英語詞を担当している。
  6. ^ a b c アルバム『友よ』日本国内盤CD(K32Y 2156)の解説より。
  7. ^ ライヴでは数名サポートが加わる。
  8. ^ PFM、来日公演に合わせCD再登場 - BARKS
  9. ^ PFM、デビュー40周年記念特別コンサートで5月に来日が決定 - RO69

外部リンク[編集]