第51回ベルリン国際映画祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

第51回ベルリン国際映画祭2001年2月7日から18日まで開催された。

概要[編集]

コンペティション部門には23本の長編映画と、11本の短編映画が上映された。その中でフランス映画『インティマシー/親密』が金熊賞を受賞。コンペティション部門やフォーラム部門において、韓国、タイ、中国、日本といったアジアからの優れた映画に注目が集まった。また、カーク・ダグラス名誉金熊賞を、熊井啓がベルリナーレ・カメラを受賞した。

受賞[編集]

上映作品[編集]

コンペティション部門[編集]

長編映画のみ記載。アルファベット順。邦題がついていない場合は原題の下に英題。
題名
原題
監督 製作国
処女
À ma soeur!
カトリーヌ・ブレイヤ フランスの旗 フランスイタリアの旗 イタリア
愛你愛我 リン・チェンシン  台湾中華人民共和国の旗 中国フランスの旗 フランス
Bamboozled スパイク・リー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ショコラ
Chocolat
ラッセ・ハルストレム イギリスの旗 イギリスアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
小説家を見つけたら
Finding Forrester
ガス・ヴァン・サント アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フェリックスとローラ
Félix et Lola
パトリス・ルコント フランスの旗 フランス
インティマシー/親密
Intimacy
パトリス・シェロー イギリスの旗 イギリスフランスの旗 フランス
ドイツの旗 ドイツスペインの旗 スペイン
JSA
공동경비구역 J.S.A
パク・チャヌク 大韓民国の旗 韓国
狗神 INUGAMI 原田眞人 日本の旗 日本
幸せになるためのイタリア語講座
Italiensk for begyndere
ロネ・シェルフィグ  デンマーク スウェーデン
クロエ 利重剛 日本の旗 日本
沼地という名の町
La ciénaga
ルクレシア・マルテル アルゼンチンの旗 アルゼンチンフランスの旗 フランススペインの旗 スペイン
無邪気な妖精たち
Le fate ignoranti
フェルザン・オズペテク イタリアの旗 イタリアフランスの旗 フランス
Little Senegal ラシッド・ブシャール アルジェリアの旗 アルジェリアフランスの旗 フランスドイツの旗 ドイツ
マレーナ
Malèna
ジュゼッペ・トルナトーレ イタリアの旗 イタリア
My Sweet Home フィリッポス・ツィトス ドイツの旗 ドイツギリシャの旗 ギリシャ
北京の自転車
十七岁的单车
ワン・シャオシュアイ 中華人民共和国の旗 中国
めぐり逢う大地
The Claim
マイケル・ウィンターボトム イギリスの旗 イギリスフランスの旗 フランスカナダの旗 カナダ
テイラー・オブ・パナマ
The Tailor of Panama
ジョン・ブアマン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国アイルランドの旗 アイルランド
トラフィック
Traffic
スティーヴン・ソダーバーグ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
Weiser ヴォイチェフ・マルチェフスキ ポーランドの旗 ポーランドアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国スイスの旗 スイス
エマ・トンプソンのウィット 命の詩
Wit
マイク・ニコルズ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
Una historia de entonces ホセ・ルイス・ガルシ スペインの旗 スペイン

コンペティション外[編集]

日本映画[編集]

コンペティション部門に原田眞人監督の『狗神 INUGAMI』と利重剛監督の『クロエ』が出品されたが、両者とも受賞は逃した。

他にはパノラマ部門で辻仁成の『ほとけ』、熊井啓の『日本の黒い夏─冤罪』(国際功労賞受賞)、フォーラム部門で中川陽介の『Departure』、相米慎二の『風花 kaza-hana』、新藤風の『LOVE/JUICE』、竹中直人の『連弾』、松井稔の『日本鬼子 日中15年戦争・元皇軍兵士の告白』、熊切和嘉の『空の穴』がそれぞれ上映された。

審査員[編集]

外部リンク[編集]