パトリス・ルコント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パトリス・ルコント
Patrice Leconte
パトリス・ルコント Patrice Leconte
生年月日 (1947-11-12) 1947年11月12日(74歳)
出生地 フランスの旗 フランスパリ
国籍 フランスの旗 フランス
職業 映画監督
主な作品
『リディキュール』
 
受賞
ロサンゼルス映画批評家協会賞
外国語映画賞
2003年列車に乗った男
放送映画批評家協会賞
外国語映画賞
1996年リディキュール
英国アカデミー賞
非英語作品賞
1996年『リディキュール』
セザール賞
作品賞
1996年『リディキュール』
監督賞
1996年『リディキュール』
その他の賞
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞
外国語映画賞

1996年『リディキュール』
テンプレートを表示

パトリス・ルコントPatrice Leconte, 1947年11月12日 - )は、フランスパリ出身の映画監督脚本家である。

略歴[編集]

IDHEC(フランスの高等映画学院)で映画監督になる勉強をしたが、卒業後にバンド・デシネ漫画家またイラストレーターとして漫画雑誌社で働く。1975年に初めての長編映画を製作した。以来、コメディドラマラブストーリーアクションまで幅広いジャンルの映画を製作している。

リディキュール』で第22回(1996年度)セザール賞作品賞と監督賞を受賞している。また、セザール賞では『タンデム』で作品・監督・脚本賞に、『仕立て屋の恋』で作品・監督賞に、『髪結いの亭主』で作品・監督・脚本賞に、『橋の上の娘』で監督賞にノミネートされた。

これまで、カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に『仕立て屋の恋』『リディキュール』が、ベルリン国際映画祭のコンペティション部門に『フェリックスとローラ』『親密すぎるうちあけ話』が、ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門で『列車に乗った男』が上映された。『列車に乗った男』は観客賞を受賞した。

監督した作品でカメラオペレーターとして自らカメラを回すことも多い。

主な監督作品[編集]

エピソード[編集]

  • 『ぼくの大切なともだち』の日本公開前の、2008年6月21日の「王様のブランチ」にルコントが出演し、モンマルトルにある事務所内でインタビューが行われた。ルコントの事務所の壁は、絵や映画スターのポスター(ウディ・アレングルーチョ・マルクスなど)で満載。また、ウルトラマンのフィギュアも置いてあった。
  • 映画祭などで高評価を得る作品を撮る一方、2006年のフランス国内年間興行成績で1位になった Les Bronzés 3 - Amis pour la vie (レ・ブロンゼ/一生の友達)のような娯楽作品も手がけている。なお、この作品は2位の『アイス・エイジ2』の1.5倍以上の興行収入をおさめた。

脚注[編集]

外部リンク[編集]