スターリングラード (2001年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スターリングラード
Enemy at the Gates
監督 ジャン=ジャック・アノー
脚本 ジャン=ジャック・アノー
アラン・ゴダール
原作 ウィリアム・クレイグ
製作 ジャン=ジャック・アノー
ジョン・D・スコフィールド
製作総指揮 アラン・ゴダール
アリサ・テイガー
出演者 ジュード・ロウ
ジョセフ・ファインズ
エド・ハリス
音楽 ジェームズ・ホーナー
撮影 ロベール・フレース
編集 ノエル・ボワソン
ハンフリー・ディクソンズ
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 日本ヘラルド映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2001年3月16日
日本の旗 2001年4月14日
上映時間 131分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ドイツの旗 ドイツ
イギリスの旗 イギリス
アイルランドの旗 アイルランド
言語 英語
ドイツ語
ロシア語
製作費 $68,000,000[1]
興行収入 $96,976,270[1]
テンプレートを表示

スターリングラード』(原題: Enemy at the Gates)は、2001年製作のアメリカドイツイギリスアイルランド合作の戦争映画ジャン=ジャック・アノー監督。上映時間 132分。

第二次世界大戦時にソビエト連邦狙撃兵として活躍し、英雄となった実在の人物ヴァシリ・ザイツェフを主人公に、当時のスターリングラード(現ヴォルゴグラード)での激戦(スターリングラード攻防戦)を描いたフィクション


ストーリー[編集]

1942年アドルフ・ヒトラー率いるドイツ第三帝国はその絶頂にあった。かつての友好関係を破棄して侵攻してきたドイツ軍とソビエト連邦共産党赤軍戦いはドイツ軍が有利に運び、ソ連西部の一帯はドイツ軍の勢力圏と化していた。それでもなお、ドイツ軍は黒海・カスピ海方面の油田地帯を抑えるべく進軍を進め、その途上に横たわる大都市スターリングラードで激戦を繰り広げていたが、ドイツ軍の重装備の前にソ連軍は消耗を強いられていた。

ウラルの羊飼いであり、幼いころから祖父に狼を撃つことを仕込まれていたヴァシリ・ザイツェフは、今、赤軍に身を置いていた。ソ連軍による突撃がドイツ軍に撃退された後、ヴァシリ・ザイツェフと政治将校ダニロフは遺体の中に潜んでいたが、ドイツの高級将校達が壊れた建物で寛ぐシーンを目撃する。ダニロフは絶好の機会と狙撃を試みるが、実戦の経験が浅く、銃に弾が装填されていないことも確認せずに、引き金を引くという未熟さを露呈してしまう。

彼は兵士であるザイツェフとの会話で銃の操作に彼の方が長けていると判断し狙撃を任せる。ヴァシリは砲弾の爆発に狙撃を合わせるという巧妙な手段によって瞬時にドイツ軍の高級将校達と、ヴァシリの気配に気づいた護衛の兵士を殺害することに成功した。

政治将校に狙撃の才能を認められたことで、ヴァシリの立場は一転する。広報係であるダニロフはヴァシリを有能な狙撃兵としてソ連共産党機関紙で喧伝、狙撃によって次々とドイツ将兵を葬るヴァシリの活躍にソ連軍の士気は高揚、彼は一躍戦場の英雄となる。

しかし、女兵士タ-ニャをめぐりヴァシリとダニロフには軋轢が生じる。一方、ドイツ軍はヴァシリを仕留めるため、スターリングラードに狙撃の達人であるケーニッヒ少佐を派遣してくる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
VHSDVD 日本テレビ
ヴァシリ・ザイツェフ ジュード・ロウ 平田広明 竹若拓磨
ダニロフ ジョセフ・ファインズ 堀内賢雄 田中実
エルヴィン・ケーニッヒ少佐 エド・ハリス 佐々木勝彦 津嘉山正種
ターニャ・チェルノワ レイチェル・ワイズ 田中敦子 冬馬由美
ニキータ・フルシチョフ ボブ・ホスキンス 富田耕生 石田太郎
サーシャ・フィリポフ ガブリエル・トムソン 高山みなみ 小野賢章
クリコフ ロン・パールマン 宝亀克寿 廣田行生
ミセス・フィリポフ エヴァ・マッテス 火野カチコ 野村須磨子
フリードリヒ・パウルス将軍 マティアス・ハビッヒ 清川元夢 益富信孝
役不明又はその他 小形満
後藤哲夫
桜澤凛
木村雅史
吉田裕秋
上田陽司
水落幸子
佐藤せつじ
高橋耕次郎
喜多川拓郎
浜田賢二
水内清光
手塚秀彰
北斗誓一
佐々木睦
藤本譲
正木美也子
翻訳 鈴木導 平田勝茂
演出 安江誠 壷井正
調整 飯塚秀保
効果 リレーション
スタジオ グロービジョン
プロデューサー 大塚恭司
北島有子
プロデューサー補 野地玲子
村井多恵子
制作 グロービジョン 古田啓介
川島誠一
グロービジョン
初回放送 2003年10月31日
金曜ロードショー

その他[編集]

  • エルヴィン・ケーニッヒ少佐という人物はドイツ側に公式記録が残っておらず、ソ連軍が、自軍の狙撃兵であるヴァシリ・ザイツェフを戦意高揚のためのプロパガンダとして作成した架空の人物である可能性が濃厚である。
  • 現実のヴァシリは猟師だったわけではなく、マグニトゴルスクの建築専門学校を卒業後1936年から海軍に入隊し、軍事経済学校を卒業。第二次世界大戦当初は、ロシア太平洋艦隊の会計班長だった。
  • 映画公開に際し、スターリングラード攻防戦に参加したロシアの退役軍人より、本映画はスターリングラード攻防戦の評価を不当に貶めるものであり、また、ソ連軍や将兵らの描写も、過度に辛辣であり実情から離れているとして、映画上映に反対する意見書がロシア下院に提出されている[2]
  • 冒頭の戦闘シーンではヴァシリは銃も与えられずに戦場へ送り出されるが、現実では1942年9月から第1047狙撃連隊に配属され、スターリングラード攻防戦に参加している。
  • 冒頭、主人公らをスターリングラードに運んでくる装甲列車T-34/85戦車の主砲が付いているが、T-34/85はこの時まだ開発すらされていない。その後、第二次世界大戦終戦に至っても、ソビエト軍は同85ミリ砲を装甲列車に採用していない。
  • 途中「ソ連国歌」が演奏される場面があるが、設定の1942年当時の国歌は「インターナショナル」であるため、誤りである(ソ連国歌は1944年から)。その上、流された歌詞は1977年改定以後のものである。
  • ターニャとザイツェフは確かに親しく、また狙撃手としてのターニャはザイツェフの一番弟子であったが、恋人同士だったのかという点では証言が分かれている。
  • クライマックスでダニロフは頭を撃たれて死亡しているが、ソ連の記録では、ダニロフは肩を撃たれただけで助かっている。

スタッフ[編集]

脚注[編集]

関連事項[編集]

外部リンク[編集]