愛人/ラマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
愛人/ラマン
L' Amant
監督 ジャン=ジャック・アノー
脚本 ジェラール・ブラッシュ
ジャン=ジャック・アノー
原作 マルグリット・デュラス
製作 クロード・ベリ
出演者 ジェーン・マーチ
レオン・カーフェイ
音楽 ガブリエル・ヤレド
撮影 ロベール・フレース
編集 ノエル・ボワソン
配給 日本の旗 ヘラルド
公開 フランスの旗 1992年1月22日
日本の旗 1992年5月9日
上映時間 116分
製作国 フランスの旗 フランス
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
配給収入 10億円[1] 日本の旗
テンプレートを表示

愛人/ラマン』(L' Amant)は、1992年に製作されたフランス、イギリス合作の恋愛映画ジャン=ジャック・アノー監督。1984年に出版されたマルグリット・デュラスの自伝的小説が原作。

ストーリー[編集]

1929年のフランス領インドシナが舞台。華僑の中国人青年と貧しいフランス人少女の恋。

主人公の少女は、母と2人の兄と共にベトナムで暮らしていた。母は現地で教師をしていた。しかし、母は現地の役人にだまされ、土地のほとんどが海水に浸かってしまう土地を買わされてしまう。そのため、一家は貧しい暮らしを送っていた。母は長兄ばかりを可愛がり、兄は母からもらった金で阿片を買い、彼女と、少女にとっての2番目の兄に暴力を振るい、2人を苦しめていた。

現地のフランス人女学校に通う彼女はある日、メコン川のボート乗り場で、1人の華僑の青年に話しかけられる。やがて2人は関係を持つようになる。

少女は、彼と関係を持つのは、初めは単なる快楽のため、お金稼ぎのためだと割り切っていた。母親も最初は中国人青年との関係を良くは思わなかったが、娘が中国人青年から金をもらっていることを知り、その金が貧困をしのぎフランスへ帰る資金になることがわかり、2人の関係を許した。

しかしそのうちに、彼女の感情が微妙に変化し始め、2人は離れがたい仲になっていく。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 日本テレビ版
少女 ジェーン・マーチ 深見梨加 田中敦子
中国人青年 レオン・カーフェイ 原康義 松橋登
フレデリック・マイニンガー 藤波京子 藤田弓子
上の兄 アルノー・ジョヴァニネッティ 成田剣 平田広明
下の兄 メルヴィル・プポー 仲野裕 成田剣
エレーヌ・ラゴネル リサ・フォークナー 天野由梨 渕崎ゆり子
ナレーション ジャンヌ・モロー 谷育子 奈良岡朋子

原作との相違点[編集]

補足[編集]

この映画に原作者であるマルグリット・デュラスはかなりの難色を示したと言われている。

なお、ナレーションはジャンヌ・モローである。

パッケージソフト[編集]

  • DVD「愛人/ラマン 〈無修正版〉」2000年8月25日発売。東北新社

脚注[編集]

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)514頁

関連作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]