佐々木勝彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2018年5月
ささき かつひこ
佐々木 勝彦
本名 佐々木 勝彦
生年月日 (1944-12-24) 1944年12月24日(77歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
身長 177cm
血液型 O型
職業 俳優声優
ジャンル テレビドラマ映画吹き替え
著名な家族 佐々木孝丸(祖父)
千秋実(父)
宮本信子(再従妹)
事務所 バイ・ザ・ウェイ
フクダ&Co.(業務提携)
主な作品
映画
ゴジラ対メガロ
メカゴジラの逆襲
吹き替え
ザ・ホワイトハウス
テンプレートを表示

佐々木 勝彦(ささき かつひこ[1]1944年昭和19年〉12月24日[2][3][1] - )は、日本の男性俳優声優。本名は同じ[2]

東京都出身[2][3]法政大学[2]経営学部卒業[1]文学座研究所第8期[4]、ジャックプロダクション[5]、田中事務所を経て[2]、1988年に青年座映画放送に入団[6]。2020年からバイ・ザ・ウェイに所属[4]。声優業はフクダ&Co.に所属(業務提携)[4]

身長177cm[4]。祖父は佐々木孝丸[1]、父は千秋実[1](孝丸の娘婿)。宮本信子は再従妹(宮本の父が千秋と従兄弟)。

人物・来歴[編集]

ゴジラシリーズに出演しており、特撮ファンに知られている1人。『ゴジラ対メガロ』公開前に東宝ゴジラの着ぐるみを着たことがあったという[7]

杉並区生まれ[1]。大学在学中、たまたま父の運転手を務めることになり、撮影所に出入りしているうちに演劇への興味を抱く。大学卒業後、文学座の養成所へ入所[1]

養成所を卒業後にドラマデビュー。そのドラマを見ていた藤本真澄からの誘いがあり、東宝の専属俳優制末期に入社。1971年誰のために愛するか』で映画デビュー[1]。当初は「小林桂樹の後を継ぐのはお前だ」とのことで三枚目で売り出されたが、1971年に専属制が廃止されると二枚目役が増えた[7]

死去した平田昭彦小林勝彦小川真司から持ち役の一部を引き継いでいる。

親子3代にわたり「ゴジラシリーズ」に出演を果たしている[注釈 1]

1994年からは声優業にも進出、洋画や海外ドラマの吹き替えの担当は、リーアム・ニーソンロバート・デ・ニーロアレック・ボールドウィンマーティン・シーンチョン・ドンファンなどが挙げられる[8]。佐々木と共演した京田尚子は演技が上手いと思った共演者に佐々木を挙げ「本当にお上手だった」と評した[9]

特技は[2][3]ギター[2][3]野球[3]。趣味は生け花[3]ゴルフ[3]水泳[2][3]

出演作品(俳優)[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

出演作品(声優)[編集]

太字はメインキャラクター。

吹き替え[編集]

担当俳優[編集]

アレック・ボールドウィン
ウィリアム・ハート
エド・ハリス
サム・エリオット
チョン・ドンファン
マーティン・シーン
リーアム・ニーソン
ロバート・デ・ニーロ

映画[編集]

ドラマ[編集]

アニメ[編集]

テレビアニメ[編集]

1996年
2003年
2004年
2006年
2009年
2013年
2014年
2015年

OVA[編集]

劇場アニメ[編集]

ゲーム[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 祖父は『怪獣大戦争』、父は『ゴジラの逆襲』に出演。
  2. ^ 通算7回ゲスト出演。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 東宝特撮映画全史 1983, p. 530, 「怪獣・SF映画俳優名鑑」
  2. ^ a b c d e f g h 日本タレント名鑑'82』VIPタイムズ社、1981年、84頁。 
  3. ^ a b c d e f g h 佐々木勝彦 - 日本タレント名鑑
  4. ^ a b c d 佐々木 勝彦”. フクダ&Co.. 2020年1月19日閲覧。
  5. ^ 『日本タレント名鑑'80』VIPタイムズ社、1979年、83頁。 
  6. ^ 佐々木 勝彦”. ザテレビジョン. KADOKAWA. 2020年1月19日閲覧。
  7. ^ a b DVD『ゴジラ対メガロ』のコメンタリーより。
  8. ^ 佐々木 勝彦 - 株式会社フクダ&Co.
  9. ^ 「声」を追求し、究める〈卒業生・京田尚子さん〉” (日本語). アオガクプラス (2021年10月15日). 2021年12月6日閲覧。
  10. ^ a b 東宝特撮映画全史 1983, p. 537, 「主要特撮作品配役リスト」
  11. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 221, 「『ゴジラVSビオランテ』作品解説/俳優名鑑」
  12. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 225, 「『ゴジラVSキングギドラ』作品解説/俳優名鑑」
  13. ^ 東宝特撮映画大全集 2012, p. 173, 「『血を吸う薔薇』作品解説/俳優名鑑」
  14. ^ ヴァレリアン 千の惑星の救世主”. ふきカエル大作戦!! (2018年3月30日). 2018年4月23日閲覧。
  15. ^ 波瑠「GODZILLA」日本語吹き替え版声優でヒロインに!”. 映画ニュース. 映画.com (2014年6月25日). 2017年10月5日閲覧。
  16. ^ “ゴジラ キング・オブ・モンスターズ”. ふきカエル大作戦!!. (2019年6月3日). https://www.fukikaeru.com/?p=11931 2019年6月28日閲覧。 
  17. ^ ジャックと天空の巨人”. ふきカエル大作戦 (2013年3月15日). 2017年7月22日閲覧。
  18. ^ ダークナイト”. 日曜洋画劇場. 2016年7月21日閲覧。
  19. ^ モービウス”. ふきカエル大作戦!! (2022年4月1日). 2022年4月2日閲覧。
  20. ^ “ロックダウン”. ワーナー ブラザース ジャパン. https://warnerbros.co.jp/home_entertainment/detail.php?title_id=57541& 2021年5月17日閲覧。 
  21. ^ ドゥーム・パトロール”. U-NEXT. 2021年7月2日閲覧。
  22. ^ 登場人物”. ヘチ 王座への道. NHK. 2019年12月1日閲覧。
  23. ^ 石原史朗編「「暁のヨナ」アニメ最新ニュース!」『花とゆめ』2014年21号、白泉社、2014年10月4日、 2頁。
  24. ^ 映画『ククリレイジュ-三星堆伝奇-』公式サイト”. 2020年2月3日閲覧。
  25. ^ 『バイオハザード6 Special Package(スペシャルパッケージ)』“日本語ボイスパック”など収録DLCを紹介”. ファミ通.com. Gzブレイン. 2013年7月4日閲覧。
  26. ^ 『エルダー・スクロールズ・オンライン』日本語版キャストに藤原啓治さんや平川大輔さんを起用”. 電撃オンライン. アスキー・メディアワークス (2016年5月5日). 2016年5月5日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『東宝特撮映画全史』、監修 田中友幸東宝出版事業室、1983年12月10日。ISBN 4-924609-00-5 
  • 『東宝特撮映画大全集』、執筆:元山掌 松野本和弘 浅井和康 鈴木宣孝 加藤まさしヴィレッジブックス、2012年9月28日。ISBN 978-4-86491-013-2 
  • 中村 深海/著『永遠の東宝映画俳優』佐々木勝彦インタビュー くまがい書房、2014年

外部リンク[編集]