ジャン・レノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジャン・レノ
Jean Reno
Jean Reno
2016年
本名 Juan Moreno y Herrera Jimenez
生年月日 (1948-07-30) 1948年7月30日(75歳)
出生地 フランス保護領モロッコ カサブランカ
国籍 フランスの旗 フランス
民族 アンダルシア人
身長 187cm
職業 俳優
ジャンル 映画
活動期間 1980年 -
活動内容 1980年:テレビ・舞台デビュー
1982年:映画デビュー
1990年:ブレイク
1995年:アメリカ進出
2000年:ヨーロッパ映画賞
配偶者 ジュネヴィエーヴ・レノ(1977年 – 1995年)
ナタリー・ティシュキーエヴィチ(1996年 – 2001年)
ゾフィア・ボルツカ(2006年 – )
著名な家族 長女サンドラ(1978年 – )1人目の妻との実子
長男ミカエル(1980年 – )1人目の妻との実子
次男トム(1996年 – )2人目の妻との実子
次女セレーナ(1998年 – )2人目の妻との実子
三男シーロ(2009年 – )3人目の妻との実子
四男ディーン(2011年 – )3人目の妻との実子
主な作品
グラン・ブルー
レオン
フレンチ・キス
ミッション:インポッシブル
GODZILLA
RONIN
クリムゾン・リバー』シリーズ
WASABI
ホテル・ルワンダ
エンパイア・オブ・ザ・ウルフ
ピンクパンサー』シリーズ
ダ・ヴィンチ・コード
シェフ! 〜三ツ星レストランの舞台裏へようこそ〜
しあわせはどこにある
プロヴァンスの休日
ザ・ファイブ・ブラッズ
 
受賞
ヨーロッパ映画賞
世界的貢献賞
2000年
その他の賞
テンプレートを表示

ジャン・レノJean Reno, 本名: Juan Moreno y Herrera Jimenez[1][2], 1948年7月30日 – )は、フランス俳優

経歴[編集]

出自[編集]

モロッコカサブランカ生まれ。両親はスペインアンダルシア州出身で、フランコ政権を嫌い国外へ逃れていた。家族でフランス・メトロポリテーヌへ移住したのは1960年である。フランスでルネ・シモンフランス語版設立の演劇学校に通った[3]

業績[編集]

リュック・ベッソン監督の多くの映画に出演。同監督の『グラン・ブルー』(1988年)と『レオン』(1994年)は彼に大きな成功をもたらした。ブレイク後、ハリウッドの仕事が急増、『フレンチ・キス』(1995年)でメグ・ライアンとケビン・クラインと共演、『ミッション:インポッシブル』(1996年)でトム・クルーズと、『RONIN』(1998年)でロバート・デ・ニーロと共演し、以降もハリウッド、フランス両方の作品に積極的に出演し続けている。

私生活[編集]

1977年にGenevieveと結婚し2児をもうけるが1995年に離婚。1996年にNathalie Dyszkiewiczと再婚し2児をもうけるが2001年に離婚。2006年7月29日に女優のゾフィア・ボルッカと再婚した[4]。2009年と2011年に息子が生まれている。

2003年に市民名誉賞を授与された[5]

丸縁のメガネを愛用しており 自身でメガネのデザイン(ジャン・レノ アイウェア)を立ち上げている。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考 吹き替え
1982 サン・スーシの女
La passante du Sans-Souci
田原アルノ
1983 最後の戦い
Le Dernier Combat
乱暴な男 (吹き替え版なし)
1984 真夜中のミラージュ
Notre histoire
隣人
1985 サブウェイ
Subway
ドラマー
フレンチ・ノアール/真実と裏切りの掟
Strictement personnel
Detective Villechaize
1986 I LOVE YOU
I Love You
1988 グラン・ブルー
Le Grand Bleu
エンゾ・モリナーリ 屋良有作(テレビ朝日版)
壤晴彦(テレビ東京版)
1990 ニキータ
Nikita
ヴィクトル 小関一(ソフト版)
麦人(日本テレビ版)
1991 グラン・マスクの男
L'Homme au masque d'or
ヴィクトール・ガエタノ (吹き替え版なし)
オペレーション
L'opération Corned-Beef
シャーク 山野史人
1992 パリの大泥棒
Loulou Graffiti
Pique la Lune 玄田哲章
1993 おかしなおかしな訪問者
Les Visiteurs
ゴッドフロア 肥後克広
フライト・フロム・ジャスティス
Flight from Justice
チャーリー・バート テレビ映画
奇跡の旅
Homeward Bound The Incredible Journey
シャドウ フランス語吹替 神山卓三
1994 レオン
Leon
レオン 大塚明夫(ソフト版)
大塚明夫(完全版旧録)
大塚明夫(完全版新録)
菅生隆之(テレビ朝日版)
ライオン・キング
The Lion King
ムファサ アニメ映画
フランス語吹替
大和田伸也
1995 ボクサー 最後の挑戦
Lee truffes
パトリック 大塚明夫
フレンチ・キス
French Kiss
Inspector Jean-Paul Cardon 大友龍三郎(ソフト版)
ブラザートム(日本テレビ版)
愛のめぐりあい
Par del les nuages/Al di la delle nuvole
カルロ (吹き替え版なし)
1996 ミッション:インポッシブル
Mission:Impossible
フランツ 池田勝(ソフト版)
大塚明夫(フジテレビ版)
佐々木勝彦(テレビ朝日版)
ジャガー
Le Jaguar
ジャン
1997 ロザンナのために
Roseanna's Grave
マルセロ
奥サマは魔女〜魔王の陰謀〜
Un amour de sorciere
モロク・エドラマレク 大塚明夫
フィフス・エレメント
The Fifth Element
ミスター・シャドー 声のみの出演 TBA
1998 ビジター
Les couloirs du temps: Les visiteurs 2
ゴッドフロア TBA
GODZILLA
Godzilla
フィリップ・ローシェ 菅生隆之(ソフト版)
銀河万丈(日本テレビ版)
RONIN
Ronin
ヴィンセント 金尾哲夫(ソフト版)
谷口節(フジテレビ版)
中田譲治(テレビ朝日版)
1999 紅の豚 ポルコ・ロッソ アニメ映画
フランス語吹替
森山周一郎
2000 クリムゾン・リバー
The Crimson Rivers
ピエール・ニーマンス警視 菅生隆之(ソフト版)
菅生隆之(フジテレビ版)
アルマーニ
Giorgio Armani: A Man for All Seasons
本人 ドキュメンタリー
2001 マイ・ラブリー・フィアンセ
Just Visiting
ティボールト 菅生隆之
WASABI
WASABI
ユベール 大塚明夫(ソフト版)
菅生隆之(テレビ東京版)
アトランティス 失われた帝国
Atlantis: The Lost Empire
ヴィニー・サントリーニ アニメ映画
フランス語吹替
内藤剛志
2002 ローラーボール
Rollerball
アレクシス・ペトロヴィッチ 石塚運昇(VHS版)
菅生隆之(テレビ東京版)
シェフと素顔と、おいしい時間
Décalage horaire
フェリックス 磯部勉
2003 ルビー&カンタン
Tais-toi!
ルビー
2004 クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち
Les rivières pourpres II - Les anges de l'apocalypse
ピエール・ニーマンス警視 菅生隆之
ホテル・ルワンダ
Hotel Rwanda
テレンス社長 クレジットなし 大塚明夫
コルシカン・ファイル
L'enquête Corse
アンジェ・レオーニ 菅生隆之
2005 エンパイア・オブ・ザ・ウルフ
L'Empire des loups
ジャン=ピエール・シフェール
人生は、奇跡の詩
La tigre e la neve
フアド
2006 ピンクパンサー
The Pink Panther
ジルベール・ポントン
ダ・ヴィンチ・コード
The Da Vinci Code
ベズ・ファーシュ 菅生隆之(劇場公開版)
石塚運昇(フジテレビ版)
フライボーイズ
Flyboys
ジョルジュ・セノール 菅生隆之
マウス・タウン ロディとリタの大冒険
Flushed Away
ル・カエール アニメ、声の出演 辻親八
2008 ライヤーゲーム
Ca$h
マキシム (吹き替え版なし)
2009 ピンクパンサー2
The Pink Panther 2
ジルベール・ポントン 菅生隆之
インサイドゲーム
Le premier cercle
マイロ
南の島のリゾート式恋愛セラピー
Couples Retreat
マルセル 龍波しゅういち(ソフト版)
銀河万丈(VOD版)
アーマード 武装地帯
Armored
クイン 菅生隆之
2010 黄色い星の子供たち
La rafle
ダヴィッド・シェインバウム医師
バレッツ
L'immortel
シャルリ 菅生隆之
2011 マーガレット
Margaret
ラモン (吹き替え版なし)
2012 シェフ! 〜三ツ星レストランの舞台裏へようこそ〜
Comme un chef
アレクサンドル・ラガルド 菅生隆之
バーニング・クロス
Alex Cross
ジル・メルシエ
2014 プロヴァンスの休日
Avis de mistral
ポール 日本公開は2017年7月 [6] (吹き替え版なし)
しあわせはどこにある
Hector and the Search for Happiness
ディエゴ 山本格
2015 ザ・スクワッド
Antigang
セルジュ 日本公開は2017年1月[7] 菅生隆之
2016 THE PROMISE/君への誓い
The Promise
フルネ提督 (吹き替え版なし)
2017 グレート・アドベンチャー
俠盜聯盟
ピエール 菅生隆之
2019 ラスト・バレット
Cold Blood Legacy
ヘンリー
セブン・ラビリンス 少女ポリーナと七つの迷宮
Поліна і таємниця кіностудії
Polina and the mystery of a film studio
ホログラムの男性 WOWOW放映時のタイトルは『少女ポリーナと7つの迷宮』[8][9]
ライオン・キング
The Lion King
ムファサ フランス語吹替 江口洋介
2020 アーニャは、きっと来る
Waiting for Anya
アンリ (吹き替え版なし)
ザ・ファイブ・ブラッズ
Da 5 Bloods
デローシュ Netflixオリジナル映画 土師孝也
レッド・グラビティ
Le Dernier Voyage
アンリ・W・R
ドアマン
The Doorman
ヴィクトル・デュボワ 菅生隆之
ローグ・シティ
Bronx
アンジュ・レオネッティ (吹き替え版なし)
2023 ダイ・ハート
Die Hart: The Movie
クロード・ヴァン・デ・ヴェルデ Amazonオリジナル 菅生隆之

ドラマ[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
2013 刑事ジョー パリ犯罪捜査班
Jo
ジョアシャン“ジョー”・サン=クレール ドラマ初主演
2022 そしてサラは殺された
¿Quién mató a Sara?
レイナルド・ゴメス
伝えたかった、アイラブユー
Toutes ces choses qu'on ne s'est pas dites
ミシェル・ソレル/アンドロイド
お嬢様は謎解きがお好き
Un asunto privado
ヘクトル Amazonオリジナル作品

CM[編集]

その他[編集]

日本語吹き替え[編集]

主に担当しているのは、以下の二人である。

菅生隆之
クリムゾン・リバー』を筆頭に、大半の作品で担当しており、レノの専属(フィックス)として定着している[12]
大塚明夫
レオン』で初担当。菅生に次いで多く吹き替えており、主に初期の作品を担当した。

このほかにも、銀河万丈石塚運昇麦人屋良有作大友龍三郎玄田哲章なども声を当てている。

受賞歴[編集]

  • Giraldillo de Oro賞(セビリア映画祭、2007年)[13]

脚注[編集]

  1. ^ Jean Reno - scheda attore”. Film.it. 2010年4月30日閲覧。
  2. ^ France Guide - Famous French people of recent foreign descent”. Eupedia (1994年4月19日). 2010年4月30日閲覧。
  3. ^ Jean Reno Biography - Yahoo! Movies”. Movies.yahoo.com. 2010年4月30日閲覧。
  4. ^ “ジャン・レノ、フランスで結婚式”. シネマトゥデイ. (2006年7月31日). https://www.cinematoday.jp/news/N0008789 2013年3月4日閲覧。 
  5. ^ “J・レノ、シラク大統領から名誉を受ける”. シネマトゥデイ. (2003年12月22日). https://www.cinematoday.jp/news/N0004234 2013年3月4日閲覧。 
  6. ^ 映画情報 > プロヴァンスの休日”. シネマトゥデイ. 2016年7月28日閲覧。
  7. ^ “ジャン・レノがド派手な銃撃戦繰り広げるポリスアクション「ザ・スクワッド」”. 映画ナタリー. (2016年11月15日). https://natalie.mu/eiga/news/209378 2016年11月15日閲覧。 
  8. ^ セブン・ラビリンス 少女ポリーナと七つの迷宮 - allcinema
  9. ^ 少女ポリーナと7つの迷宮”. WOWOW. 2022年6月12日閲覧。
  10. ^ 注目のドラえもん役はジャン・レノ! 『実写版ドラえもんCM』主要キャラの全貌が明らかに”. オリコン (2011年11月18日). 2015年8月10日閲覧。
  11. ^ “実写版ドラえもん”新作で出来杉くん役&ジャン・レノの思いが明らかに!”. 東京ウォーカー角川マガジンズ) (2012年7月13日). 2015年8月10日閲覧。
  12. ^ 20年ぶりに再見しても、やっぱりカッコイイものはカッコイイ!「大人の男の振る舞い」を改めて学べる、名優たち・声優たちの演技対決──『ヒート 製作20周年記念版』(2017年3月30日アーカイブ分)” (2017年3月10日). 2023年7月28日閲覧。
  13. ^ ジャン・レノ Giraldillo de Oro賞を受賞”. AFP (2007年11月10日). 2019年1月28日閲覧。

外部リンク[編集]