壤晴彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
じょう はるひこ
壤 晴彦
プロフィール
本名 松本 敬通[1]
性別 男性
出身地 日本の旗 日本京都府京都市[2]
生年月日 (1948-01-25) 1948年1月25日(75歳)
身長 176 cm[3]
職業 俳優声優演出家
事務所 ヘリンボーン[3]
公式サイト 壤 晴彦 Herringbone|株式会社ヘリンボーン
俳優活動
活動期間 1970年代 -
ジャンル テレビドラマ舞台
声優活動
活動期間 1970年代 -
ジャンル アニメゲーム吹き替え
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

壤 晴彦(じょう はるひこ、1948年[4]1月25日[3] - )は、日本俳優声優演出家京都府京都市出身[2]ヘリンボーン所属[3]

演劇倶楽部『座』主宰[3]。略字:壌晴彦。かつては麦 草平芸名でも活動していた[5]

略歴[編集]

京都府京都市出身[2]。実家は料亭を経営していた[5]京都市立堀川高等学校[6]同志社大学経済学部卒業[2]

高校時代に惚れ込んだ狂言大藏流、茂山千五郎(現茂山千作人間国宝)に弟子入りし師事。だがある時、「毎日お狂言の稽古の声が聞こえてくるような環境に育った者が相手では、もうどうにもならない」と考えたことがきっかけで狂言からは離れる[5]

狂言を離れてからも「芝居はやりたい」という思いがあり、別の側面から興味を持っていたフランス演劇をしようと劇団四季に入団。初舞台は『イエス・キリスト・スーパースター』のペテロ[5]。また、入団してからは声優としても活動。

その後はフリーとなり、大沢事務所を経て、現在はヘリンボーンに所属。

蜷川幸雄演出による、シェイクスピア作『テンペスト』(1988年エディンバラ国際演劇祭、1992年ロンドン・バービカンセンター)や、三島由紀夫作・『近代能楽集 卒塔婆小町』(1990年イギリス・エディンバラ国際演劇祭批評家賞を受賞)等に主演。

1992年、演劇研究室『座』(現:演劇倶楽部『座』)を設立。現代版浄瑠璃「詠み芝居」という新ジャンルを創出。定期公演を続けながら後進の指導にあたっている。

1993年演出活動開始。1997年“語りすと平野啓子”「語りの世界“鶴八鶴次郎”」演出で文化庁芸術祭大賞を受賞。2002年ニッセイファミリーフェスティバル・ミュージカル『赤いろうそくと人魚』『りゅうの目のなみだ』、神奈川国際芸術フェスティバル・オペラ『遠い帆』ほか、全国の市民ミュージカルをサポート。

1994年のイギリスロイヤル・シェイクスピア・カンパニー(RSC)プロデュース『ペール・ギュント』には、唯一の日本人キャストとして参加。『ザ・ロッキーホラーショウ』などのミュージカル作品出演も多い。

NHKの「大河ドラマ」や「連続テレビ小説」演技コーチ、リアス三陸気仙沼大使、日本朗読文化協会顧問、大阪芸術大学の講師[7] なども務める。

人物[編集]

主な出演舞台は、『ハムレット』(2003年、ジョナサン・ケント演出)、カルチュラル・オリンピアード参加作品『オイディプス王』(2004年、蜷川幸雄演出)、ニューヨーク・リンカーン・センターフェスティバル招待作品『近代能楽集 卒塔婆小町』(2005年、蜷川幸雄演出)、『タイタス・アンドロニカス』(2006年、蜷川幸雄演出)など。

声優としては、ジェフリー・ラッシュ吹き替えや『ライオン・キング』のスカー、『バグズ・ライフ』のホッパーといったディズニー作品の悪役など様々な役を演じている。始めてしばらくは「絶対にレギュラーは取れない」と言われるほど舞台の仕事が多忙だった為、CMナレーションの仕事が多かったという[5]。また、好きな作品である『風の谷のナウシカ』のナウシカ役である島本須美と初共演した思い出から、2019年には「遡れるならうんと早く声の仕事始めてて関わりたかった」と綴っている[8]

子供の頃は歌舞伎女形役者になりたかったが、2代目中村鴈治郎に背が高いことから立役しかできない可能性を示唆され断念している[5]

母親の影響で映画好きであり、大学進学まで二浪していた間は1年に250本ほど観ていたという[5]

声優業で印象深かった役に『コン・エアー』吹替版のジョン・マルコヴィッチを挙げている。また、『ライオン・キング』のスカー役は影響力の大きさに驚いたという[5]

「麦草平」の芸名については、壤によると四季の時代に「ある人が持って来てくれて、付けちゃった芸名」だという[5]

同じ俳優・声優である菅生隆之とは長年の友人である[9]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

オリジナルビデオ[編集]

舞台[編集]

  • 演劇倶楽部『座』6作品日替わり公演〜詠み芝居「高野聖」「野菊の墓」「雨月物語」ほか〜(紀伊國屋ホール)演出・出演
  • ハムレット」ジョナサン・ケント演出(世田谷パブリックシアター、りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館、ロンドン・サドラーズ・ウェルズ劇場)出演
  • 演劇倶楽部『座』 詠み芝居「鶴八鶴次郎」(東京芸術劇場) 演出・出演
  • ワルプルギスの音楽劇「FAUST《ファウスト》」白井晃演出(世田谷パブリックシアター、北九州芸術劇場)出演
  • 演劇倶楽部『座』詠み芝居「少年探偵団」(紀伊國屋ホール) 演出
  • カルチュラル・オリンピアード参加作品「オイディプス王」蜷川幸雄演出(Bunkamuraシアターコクーン、ヘロディス・アティコス劇場【ギリシャ・アテネ】)出演
  • 演劇倶楽部『座』アトリエ公演 「座版 動物園物語」(西荻窪がざびい)演出・出演
  • 演劇倶楽部『座』 詠み芝居「鶴八鶴次郎」(全国ツアー公演)演出・出演
  • 演劇倶楽部『座』「肝っ玉おっ母とその子供たち」(草月ホール)演出・出演
  • 「ロミオとジュリエット」蜷川幸雄演出(日生劇場) 出演
  • ロミオとジュリエット」蜷川幸雄演出(愛知厚生年金会館、シアタードラマシティ、北九州芸術劇場、ほか全国ツアー公演)出演
  • 演劇倶楽部『座』 詠み芝居「鶴八鶴次郎」(シアターVアカサカ) 演出・出演
  • ニューヨーク リンカーン・センターフェスティバル招待作品「近代能楽集〜卒塔婆小町〜」蜷川幸雄演出(彩の国さいたま芸術劇場、りゅーとぴあ、愛知勤労会館、シアターBRAVA!、ニューヨーク・リンカーン・センター)出演(主演:小町役)
  • 天保十二年のシェイクスピア」蜷川幸雄演出(Bunkamuraシアターコクーン、シアターBRAVA!)出演
  • 演劇倶楽部『座』 詠み芝居「野菊の墓」(全国ツアー公演) 演出・出演
  • 演劇倶楽部『座』 詠み芝居「おたふく」(シアターVアカサカ) 演出・出演
  • タイタス・アンドロニカス蜷川幸雄演出(彩の国さいたま芸術劇場、イギリス他)出演
  • 「現代狂言」古典狂言×コント・南原清隆・野村万之丞企画(国立能楽堂、大槻能楽堂)演出・台本
  • 演劇倶楽部『座』&芸術集団『燦の会』「愛の儚 -蜘蛛の糸・白・杜子春-」(東京芸術劇場小ホール) 演出・出演
  • 演劇倶楽部『座』 詠み芝居「山椒大夫」(ベニサン・ピット) 演出・出演
  • 演劇倶楽部『座』 詠み芝居『鶴八鶴次郎』(全国ツアー・四谷区民ホール) 演出・出演
  • 「親不孝ざんげ」沢竜二演出(紀伊國屋ホール)出演
  • ひばり」蜷川幸雄演出(Bunkamuraシアターコクーン)出演
  • 藪原検校」蜷川幸雄演出(Bunkamuraシアターコクーン他)出演
  • 演劇倶楽部『座』 詠み芝居「鳥の物語」(ベニサン・ピット)演出・出演
  • オセロー」蜷川幸雄演出(彩の国さいたま芸術劇場大ホール他)出演
  • 演劇倶楽部『座』 詠み芝居「野菊の墓」(東京芸術劇場小ホール)演出・出演
  • ルドルフ 〜ザ・ラスト・キス〜帝国劇場)出演(オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ 役)
  • スミレ刑事の花咲く事件簿(2011年5月、新国立劇場中劇場) - 太田黒4兄弟 役
  • キングダム(2023年2月、昭王)

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

OVA[編集]

ゲーム[編集]

吹き替え[編集]

担当俳優[編集]

J・K・シモンズ
ジェフ・ブリッジス
ジェフリー・ラッシュ

映画[編集]

1973年
1985年
1991年
1995年
1997年
1998年
1999年
2000年
2008年
2009年
2010年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年
2021年

ドラマ[編集]

アニメ[編集]

1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2002年
2012年
2015年
2017年

特撮[編集]

ナレーター[編集]

その他コンテンツ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 堀川同窓会報 100周年記念・特別号
  2. ^ a b c d 壤晴彦 プロフィール”. 講演依頼.com. 2020年2月7日閲覧。
  3. ^ a b c d e 壤 晴彦”. ヘリンボーン. 2020年2月7日閲覧。
  4. ^ キャスト紹介
  5. ^ a b c d e f g h i 壌晴彦 インタビュー(Wayback Machineによるアーカイブ)”. 吹替の帝王. 2021年1月31日閲覧。
  6. ^ 堀川同窓会報 (PDF)”. 堀川同窓会. 京都市立堀川高等学校. p. 4. 2020年2月7日閲覧。
  7. ^ 教員紹介”. 大阪芸術大学. 2020年5月5日閲覧。
  8. ^ 本人のツイート(2019年1月4日) - Twitter
  9. ^ 獣電戦隊キョウリュウジャー公式完全読本」(ホビージャパン) P47 菅生隆之インタビューより。
  10. ^ 星界の紋章”. メディア芸術データベース. 2016年8月17日閲覧。
  11. ^ アニメ「ワンピース」地獄のお茶会編突入!ビッグ・マム海賊団の超スケールに、ルフィ達が挑む!新ビジュアル公開!”. ONE PIECE.com (2018年2月26日). 2018年3月4日閲覧。
  12. ^ “「閃の軌跡」来年1月放送開始、内山昂輝・水瀬いのりがアニメにも出演”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年11月17日). https://natalie.mu/comic/news/501707 2022年11月17日閲覧。 
  13. ^ 壤晴彦【吹替え】” (2017年5月26日). 2017年6月2日閲覧。
  14. ^ 恋におちたシェイクスピア”. WOWOW (2016年6月24日). 2016年7月27日閲覧。
  15. ^ パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド〜PIRATES OF THE CARIBBEAN: AT WORLD'S END”. 日曜洋画劇場. 2016年7月18日閲覧。
  16. ^ 英国王のスピーチ”. WOWOW (2016年6月24日). 2016年7月26日閲覧。
  17. ^ 吹替の帝王-日本語吹替版専門映画サイト(2019年6月18日時点でのアーカイブ)
  18. ^ デイ・アフター 首都水没”. 日曜洋画劇場. 2016年7月17日閲覧。
  19. ^ ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月21日閲覧。
  20. ^ GARMWARS ガルム・ウォーズ”. ふきカエル大作戦!! (2016年5月13日). 2017年5月7日閲覧。
  21. ^ “話題のふきカエ ジャスティス・リーグ”. ふきカエル大作戦!!. (2017年11月28日). http://www.fukikaeru.com/?p=8265 2017年11月28日閲覧。 
  22. ^ “話題のふきカエ アントマン&ワスプ”. ふきカエル大作戦!!. (2018年9月3日). https://www.fukikaeru.com/?p=10169 2018年9月3日閲覧。 
  23. ^ ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット -日本語吹き替え版”. ふきカエル大作戦!! (2021年9月21日). 2021年9月25日閲覧。
  24. ^ “梨里杏 二十歳は烈車戦隊トッキュウジャーに捧げたい!現場で志尊淳に困ってる!?”. 芸能ニュースラウンジ (モバイルメディアプロダクション). (2014年1月26日). http://newslounge.net/archives/112891 2014年1月26日閲覧。 
  25. ^ 第20駅『笑顔は危険』”. 烈車戦隊トッキュウジャー|東映. 2014年7月5日閲覧。

外部リンク[編集]