マルハン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社マルハン
Maruhan Corporation
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
602-0822、100-6228
(京都本社)京都府京都市上京区出町今出川上る青龍町231
(東京本社)東京都千代田区丸の内一丁目11-1パシフィックセンチュリープレイス丸の内 28階
本店所在地 東京都[1]
設立 1972年(西原産業株式会社)
業種 サービス業
法人番号 3130001003894
事業内容 パチンコホール経営 他
代表者 韓昌祐代表取締役会長
鈴木嘉和(代表取締役副会長)
韓裕(代表取締役社長
資本金 100億円
売上高 連結: 1兆6,788億円
(2017年3月期)
営業利益 連結: 373億7600万円
(2017年3月期)
純利益 連結: 199億3100万円
(2017年3月期)
純資産 連結: 2616億6400万円
(2017年3月31日時点)
総資産 連結: 4994億8400万円
(2017年3月31日時点)
従業員数 12,505人(2017年3月時点)
決算期 3月末日
主要株主 株式会社エー・ゼット・インターナショナル(韓会長の資産管理会社)
主要子会社 関連会社の項目を参照
外部リンク http://www.maruhan.co.jp/
特記事項:創業は1957年5月。本社は、京都と東京の2本社制。1988年10月に「株式会社マルハンコーポレーション」へ、1999年10月に現商号へ商号変更。
テンプレートを表示

株式会社マルハン英称:Maruhan Corporation)は、京都府京都市(京都本社)と東京都千代田区(東京本社)に本社を持つ、パチンコチェーン店「マルハン」を中心にボウリング場、映画館も運営するアミューズメント系総合企業。

概要[編集]

店舗例(北海道札幌市の白石店)

韓昌祐1972年に設立し(創業は1957年)、2015年12月30日現在、徳島県島根県沖縄県を除く全国316店舗を展開するパチンコホール最大手企業で、創業者一族の同族企業でもある。2009年3月期に売上高が2兆円を突破し、業界2位のダイナム(2009年3月期・約9,706億円)を倍以上上回った。企業ブランドメッセージは、「人生にヨロコビを」、「We need たのしい!!」。

株式公開(上場)を目指し東京証券取引所と協議をした過去があるが、別のパチンコホール企業がジャスダックに上場申請した際に、「パチンコホールの営業形態には完全に合法とは言い切れない側面があり、厳密な意味で投資家の保護を保証できない」という理由で上場申請を却下された事例[2] があることから、日本国内での株式公開は今のところ極めて厳しいとされている。

各種レジャー産業にとどまらず金融業への進出もはかっており、2008年5月22日にはカンボジアで"Sathapana Bank Plc." サタパナ銀行(旧:マルハンジャパン銀行)を開業している。 同行はカンボジアで初めて日本企業の出資により開業する商業銀行である。資本金は2500万ドルでマルハンの出資比率は85%で残り15%はカンボジア国内資本となっている。 また、同行はカンボジア国内でシェア2位[3]を獲得している。

社名の由来[編集]

会長・韓昌祐がボウリングの玉、パチンコの玉を連想させる玉、地球、円満の「マル(丸)」に社長名の「ハン(韓)」からマルハンとした[4]

なお、韓国のとある新聞で「(マルハンの由来は)日の丸のマルと恨みのハン(恨の朝鮮語読み)という記事が出た」とされるが、韓はテレビ朝日ワイド!スクランブル』の取材の中で「そんな理由で付けるわけがない」と否定し、上記の由来をインタビュアーの山本晋也に述べている。(但し、証言したテレビ取材シーンのキャプチャは有る。)

沿革[編集]

  • 1957年5月 - 京都府峰山町(現・京丹後市)にオープンした喫茶「るーちぇ」内に個人経営のパチンコ店を開設。
  • 1967年 - ボウリング場経営を始める。
  • 1972年 - 「西原産業株式会社」設立。静岡市にボウリング場(静清フレンドボウル→プラザアピア、現在のボウルアピア静岡)オープン。
  • 1988年10月 - 社名を「株式会社マルハンコーポレーション」に変更する。
  • 1995年 - 東日本地区での事業の基盤として「マルハン パチンコタワー」を渋谷区に開設する。
  • 1999年10月 - 「株式会社マルハン」へ商号変更。
  • 2001年 - パチンコ店100店舗を達成。
  • 2002年 - パシフィックセンチュリープレイス丸の内に東京本社設立。東日本地区の事業拡大を進めるとともに京都本社との2本社体制を確立。
  • 2004年 - スロット専門店「マルハンスロット」1号店を神戸市西区潤和にオープン。また、NOMOベースボールクラブのスポンサー企業となる。
  • 2004年6月 - 「株式会社ダイエー」および「東洋テクノ株式会社」と株式売買契約を締結し、東証1部上場の株式会社イチケンを子会社化。
  • 2005年 - パチンコ店として初の売上高1兆円企業となる。
  • 2005年6月 - 大分トリニータとオフィシャルスポンサー契約結ぶ。しかしユニフォーム広告におけるコンプライアンス抵触カテゴリー企業のため費用対効果が薄いとして2009年をもって撤退[5]
  • 2005年 - 売上高1兆円に相当する資本金とするため、3億9300万円から100億円とする。
  • 2006年 - パチンコ店200店舗達成。
  • 2007年 - 創業50周年。本店を東京都に移転[1]
  • 2007年 - カジノ事業に参入。
  • 2008年 - カンボジアマルハンジャパン銀行 (MARUHAN Japan Bank Plc) を開業。
  • 2009年 - 大阪市浪速区フェスティバルゲート売却に関する競争入札に参加し、同施設を14億2000万円で落札。同社ではスポーツを中心とするアミューズメント施設として2013年に再オープンさせる予定。
  • 2013年5月 - ゴルフ場大手の太平洋クラブ(2012年に民事再生法の適用を申請し経営再建中)とスポンサー契約を締結、同社を事実上傘下に収める[6]
  • 2016年1月 - マルハンパチンコタワー渋谷、ビルの賃貸契約を更新できず閉店。

事業所[編集]

登記上の本店は東京側である。

関連会社[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 京都府本社「転入転出企業」の実態調査 (PDF)”. (株)帝国データバンク. p. 4 (2012年4月10日). 2013年11月16日閲覧。
  2. ^ ■ パチンコ店業界、株式上場不発 - 月刊グリーンべると・2006年4月30日
  3. ^ マルハングループ サタパナ銀行がカンボジア第2位の商業銀行へ
  4. ^ 「マルハン」の由来 玉の「丸い」に民族名の「ハン(韓)」」、『週刊ポスト』2011年11月18日号、NEWSポストセブン2011年11月10日2014年1月15日閲覧。
  5. ^ 大分スポンサーのマルハン今季限りで撤退 - 日刊スポーツ、2009年9月14日
  6. ^ ■ マルハンが太平洋クラブの再建支援企業に - 月刊グリーンべると・2013年5月14日

関連項目[編集]

スポンサーTV番組[編集]

現在

過去

外部リンク[編集]