Mr.シャチホコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Mr.シャチホコ
本名 前田 晃克
(まえだ てるよし)
生年月日 (1993-03-19) 1993年3月19日(26歳)
出身地 日本の旗 日本 愛知県あま市(旧・海部郡甚目寺町
(出生は名古屋市[1]
血液型 O型
身長 178 cm
最終学歴 日本体育大学卒業
芸風 ものまね
事務所 オフィスK
活動時期 2015年 -
配偶者 みはる(2018年 - )
テンプレートを表示

Mr.シャチホコ(ミスターシャチホコ、1993年3月19日 - )は、日本ものまねタレントである。オフィスK所属。

愛知県あま市(旧・海部郡甚目寺町)出身。愛知県立中村高等学校日本体育大学体育学部卒業。妻は同じくものまねタレントのみはる[2]

来歴[編集]

本人曰く、小学生の頃から目立ちたがり屋で、この頃はB'z、サザンオールスターズの物真似でクラスのヒーロー的存在だったという[3]。当時は学校の先生のものまねを始め、高校生になった時には歌マネもするようなり、Mr.Childrenの桜井和寿のものまねはその頃からやっていた[1]。高校の体育教員になるのを目指していたことから、日本体育大学に進学[4]。大学在学中はボクシング部に所属していたが、退部して時間に余裕が出来たためにYouTubeMr.Children桜井和寿サザンオールスターズ桑田佳祐の「奇跡の地球」を一人二役で物真似する動画をアップしたところ動画再生回数が2万回を突破したことをきっかけに、ものまね番組からスカウトされてデビューした[4]。スカウトされた頃はちょうど大学3年生で教育実習をしている時期であり、ものまね番組の収録日程と教育実習に期間が重なったことで、結果、親に内緒でものまね番組出演の方を選び[3]教員免許は結局取得出来なかったことで、大学卒業と共に本格的に芸人を目指すようになった[4]そっくり館キサラのオーディションには3回目で合格[3]

元々はMr.Children桜井の歌真似を得意としていたが[5]2018年後半に和田アキ子のしゃべりものまねでブレイクした。従来の和田アキ子のものまねは歌まねが多く、バラエティ番組でしゃべっているときのものまねは斬新なアプローチであった[6]。和田のしゃべりものまねの練習を始めた頃に、みはるの友達であったまちゃまちゃが経営する会員制の飲み屋で披露したところ、客にも好評で、和田に詳しいまちゃまちゃからも色々と情報を仕入れていき磨かれていった[5]2018年9月には『林先生が驚く初耳学!』(毎日放送TBS系列)で和田本人との共演を果たしている[7]。この時はシャチホコのものまねなど認めないと激怒しているという登場の仕方だったが、結局これはドッキリで、和田から快く「公認」してもらえたという[4]。ただ、それまで「酔った和田アキ子」は見たことが無く、そのことを和田に直接話したところ、和田から誘われて飲み会に参加。そこで「酔った和田」を見ることが叶っている[8]

趣味はテレビゲームカードゲーム[3]

父は三重県亀山市八百屋を経営している。

かつらを取った素顔は、20代の時点で頭髪の生え際がかなり後退気味というもので、妻のみはるには「すでに30歳は超えているように見える」と思われている[9]

芸風[編集]

前述の通り和田アキ子のしゃべりものまねを得意としているが、歌ものまねもものまねグランプリで披露したことがある。また、和田の他に以下のものまねレパートリーがある。芸名はMr.Children「Tomorrow never knows」の仮タイトル「金のシャチホコ」と[1]、自身が愛知県出身ということで名古屋城の金の鯱から由来する[3]

ものまねレパートリー[編集]

他多数

出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 和田アキ子のモノマネで人気急上昇中! 「Mr.シャチホコ」が語る“私の履歴書”(1/3)”. デイリー新潮 (2018年11月30日). 2019年1月11日閲覧。
  2. ^ 和田アキ子のモノマネで人気急上昇中! 「Mr.シャチホコ」が語る“私の履歴書”(3/3)”. デイリー新潮 (2018年11月30日). 2019年1月11日閲覧。
  3. ^ a b c d e 日経エンタテインメント! 2019年5月号 p.44「バラエティびとNEO」
  4. ^ a b c d 和田アキ子のモノマネで人気急上昇中! 「Mr.シャチホコ」が語る“私の履歴書”(2/3)”. デイリー新潮 (2018年11月30日). 2019年1月11日閲覧。
  5. ^ a b 2019 新春「笑」芸人解体新書「共演は? Mr.シャチホコは和田アキ子を“しゃべり”で料理」(2/3)”. 日刊ゲンダイ (2019年1月10日). 2019年1月11日閲覧。
  6. ^ Mr.シャチホコの和田アキ子のモノマネはなぜ、笑えるのか
  7. ^ 2019 新春「笑」芸人解体新書「共演は? Mr.シャチホコは和田アキ子を“しゃべり”で料理」(3/3)”. 日刊ゲンダイ (2019年1月10日). 2019年1月11日閲覧。
  8. ^ Mr.シャチホコ、念願の“和田アキ子飲み会”に参加 酔ったアッコは「滅茶苦茶かわいかった」”. スポーツニッポン (2019年5月3日). 2019年5月3日閲覧。
  9. ^ Mr.シャチホコ アッコカツラ脱ぎ捨てスタジオ騒然 25歳とは…”. スポーツニッポン (2019年2月9日). 2019年7月10日閲覧。
  10. ^ a b c 2019 新春「笑」芸人解体新書「共演は? Mr.シャチホコは和田アキ子を“しゃべり”で料理」(1/3)”. 日刊ゲンダイ (2019年1月10日). 2019年1月11日閲覧。
  11. ^ a b c d e f そっくり館キサラによるプロフィール
  12. ^ Inc, Natasha. “有吉MC「オールスター後夜祭'19春」あかつ、コウメ、ジョイマン、ザコシ集結” (日本語). お笑いナタリー. 2019年4月10日閲覧。

外部リンク[編集]