帰り来ぬ青春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
帰り来ぬ青春
シャルル・アズナヴールシングル
リリース
規格 7インチ45rpm
作詞・作曲 シャルル・アズナヴール
テンプレートを表示

帰り来ぬ青春」 (かえりきぬせいしゅん、Hier encore) はフランスシンガーソングライターであるシャルル・アズナヴールが、1964年に発表した楽曲である[1]

原題(フランス語題)の意味は「昨日だけ」。英語Yesterday, When I Was Youngイタリア語版、スペイン語版も制作されている。

カバー[編集]

アメリカではカントリー・ミュージシャンのRoy Clarkが1969年にカバーしたバージョン(英訳詞:Herbert Kretzmer)がBillboard Hot Country Singlesチャートで9位(総合チャートのBillboard Hot 100では19位)を記録したほか、ビング・クロスビーシャーリー・バッシージャック・ジョーンズなど多くのアーティストによってカバーされている。ビルボードによると1972年までに90回以上カバーされている[2]

日本では尾崎紀世彦(訳詞:吉原幸子)、ザ・ピーナッツ(訳詞:なかにし礼[3])、弘田三枝子マーサ三宅和田アキ子などがカバーしている。

和田アキ子のカバー[編集]

帰り来ぬ青春
readymade mix 2004
和田アキ子シングル
初出アルバム『フリー・ソウル 和田アキ子』
A面 帰り来ぬ青春 readymade mix 2004
B面 生きる
リリース
ジャンル 歌謡曲ソウル
時間
レーベル テイチクエンタテインメント
作詞・作曲 津坂浩(訳詞)
C.Aznavour / H.Kretzmer(作曲)
和田アキ子 シングル 年表
愚かな女たち
2004年
帰り来ぬ青春 readymade mix 2004
(2005年)
HEY!
(2005年)
テンプレートを表示

和田アキ子19枚目のシングルふれあう愛」(1974年)のカップリング曲として収録。

2004年11月24日に発売されたアルバム『フリー・ソウル 和田アキ子』に、小西康陽リミックスした「帰り来ぬ青春 readymade mix 2004」として再収録。翌2005年3月2日にシングルカットされた[4](77枚目)。

収録曲[編集]

  1. 帰り来ぬ青春 readymade mix 2004
    訳詞:津坂浩/作曲:Charles Aznavour / Herbert Kretzmer/編曲:小西康陽
    TBS系ドラマ『聞かせてよ愛の言葉を』主題歌
  2. 生きる
    作詞・作曲・編曲:小西康陽/オーケストレーション:村山達哉
    TBS系ドラマ『和田アキ子 特別企画ドラマ ザ・介護番長』主題歌
  3. 帰り来ぬ青春 readymade mix 2004(インストゥルメンタル)
  4. 生きる(インストゥルメンタル)

「生きる」は2007年のシングル「ゴールデンタイム」のカップリングに林有三&サロン'68 アーリーサマーRemixとして再録された。

出典[編集]

  1. ^ Catalog of copyright entries - Volume 10, Part 1, Issue 1 - 1967, p. 232
  2. ^ Billboard 8 Jul 1972
  3. ^ クリス松村 (2012年6月28日). “帰り来ぬ青春”. 2018年6月16日閲覧。
  4. ^ 和田アキ子[帰り来ぬ青春 readymade mix 2004 / 生きる:TECA-11669]”. テイチクエンタテインメント. 2018年6月16日閲覧。