シャーリー・バッシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シャーリー・バッシー
Shirley Bassey Wembley 2006.jpg
基本情報
出生名 Shirley Veronica Bassey
生誕 (1937-01-08) 1937年1月8日(80歳)
出身地 ウェールズの旗 ウェールズカーディフ
ジャンル ポップ・ミュージック
職業 歌手
担当楽器 ボーカル
活動期間 1953年 -
レーベル フィリップス, コロムビア, ユナイテッド・アーティスツ, デッカ, ゲフィン
公式サイト www.dameshirleybassey.com

シャーリー・バッシーDame Shirley Veronica Bassey DBE1937年1月8日[1] - )は、イギリスウェールズの歌手。英国エリザベス女王より男性でいう勲位(ナイト)の女性版である大英帝国勲章(デイム・コマンダー)を授けられている。

1950年代中頃から活躍し、「20世紀後半のイギリスでもっとも人気のある女性歌手の一人」である[2][3]

アメリカ合衆国では、とりわけ、「007 ゴールドフィンガー」(1964年)、「007 ダイヤモンドは永遠に」(1971年)、「007 ムーンレイカー」(1979年)といったジェームズ・ボンド映画のテーマ曲を録音したことで知られており、複数のボンド作品のテーマ曲を歌った唯一の歌手である。ユネスコ平和芸術家も務めている[2][4][5]

日本公演[編集]

10月21日 日本武道館、24日 神奈川県立県民ホール、29日 神戸文化ホール、30日 京都会館、11月2日,3日 フェスティバルホール、4日 倉敷市民会館
11月11日 東京厚生年金会館、13日 神奈川県立県民ホール、15日,16日,17日 フェスティバルホール、19日,20日 福岡市民会館、22日 名古屋市民会館、24日 NHKホール、25日,28日 東京厚生年金会館、29日 神奈川県立県民ホール、12月1日 宮城県民会館、2日 郡山市民会館

脚注[編集]

  1. ^ The Times 8 January 2010. Retrieved 2010-01-09.
  2. ^ a b Allmusic bio
  3. ^ Paphides, Pete (2009年10月30日). “Dame Shirley Bassey: The Performance review - CD reviews - music - Times Online”. Times Online website (London: Times Newspapers Ltd). http://entertainment.timesonline.co.uk/tol/arts_and_entertainment/music/cd_reviews/article6895666.ece 2009年12月10日閲覧。  "Welsh diva thrives on new material written by artists half her age"
  4. ^ Hattenstone, Simon (2009年10月24日). “Shirley Bassey Interview”. London: The Guardian. http://www.guardian.co.uk/music/2009/oct/24/shirley-bassey-interview 2009年11月20日閲覧。 
  5. ^ Roberts, David (2006). British Hit Singles & Albums (19th ed.). London: Guinness World Records Limited. pp. 44–45. ISBN 1-904994-10-5.