小野正利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小野 正利
Galneryus Sho.jpg
2014年の写真
基本情報
出生名 小野 正利(おの まさとし)
別名 SHO
生誕 (1967-01-29) 1967年1月29日(52歳)
出身地 日本の旗 日本,東京都足立区
学歴 専修大学法学部中退
ジャンル ポップスHR/HM
職業 歌手
作詞家
ボイストレーナー
担当楽器 ギター
活動期間 1992年 -
レーベル ソニー・ミュージックレコーズ
(1992年 - 1996年)
トライエム
(1997年)
メルダック
(1999年)
ビクターエンタテインメント
(1999年)
ニトロプラス
(2000年)
ネオプレックス
(2000年 - 2004年)
ソニー・ミュージックダイレクト
(2008年)
ハピネット
(2011年)
バップ
(2011年)
響ミュージック
(2014年)
ワーナーミュージック・ジャパン
(2017年 - )
事務所 スイートベイジル
(1992年 - 1999年)
マーベリック
(1999年 - 2006年)
シブヤテレビジョン
(2006年 - )
共同作業者 FORT BRAGG
(1986年 - 1992年)
GALNERYUS
(2009年 - )
公式サイト www.onomasatoshi.com

小野 正利(おの まさとし、1967年昭和42年〉1月29日 - )は、東京都足立区出身、埼玉県春日部市育ちの歌手GALNERYUSボーカリスト。ボーカルスクール講師。血液型AB型。所属事務所は株式会社シブヤテレビジョン

人物[編集]

中学時代に高い声域に注目されて、バンド活動を始める[1]。邦楽コピーバンドでの活動を経て、高校時代からはライヴハウスを中心に活動、大学時代からはハードロックバンド(FORT BRAGG)で活動していた[1]

学歴は専修大学松戸高等学校卒業、専修大学法学部中退。大学在学中は社会科教師を目指していた。

デビュー当時から4オクターブ音域を持つ[2]と言われ(ただし実際に楽曲で使用している音域はほぼ3オクターブである)、海外のHR/HM歌手にも遜色ないクリアかつ突き抜けるようなハイトーンボイスで話題となる。

近年は高音に拘らず、中低音域も活かした歌い方を確立しており、喚声点を感じさせないミックスボイスでHR/HMからバラードまで幅広いジャンルで活動している。また、日本テレビ系列の「ものまねバトル」において、その独特のハイトーンを生かしたものまねを披露し、レギュラー出演者として定着。

2009年にメタルバンドGALNERYUSに加入し、HR/HMボーカリストに返り咲いた[3]

2010年からは自身の歌手活動と並行して、ボーカルスクールビッセの主任講師として後進の指導にも当たっている。ボイストレーナーとして指導しているAKB48中田ちさと[4][5]仲谷明香[5]田名部生来[6][5]内田眞由美[5][7]は自らのブログ等で小野の名前を挙げることがあり、彼女たちからは「小野先生」と呼ばれている。

その他では、テレビ朝日系深夜番組「お願い!ランキング」にてお笑いコンビフルーツポンチのメンバー村上健志の歌唱指導や、日本テレビ系番組「キャラオケ18番」等でボーカルトレーナーとしても出演している。

音楽遍歴は、小学校6年の頃に初めて買ったレコードにフィンガー5を挙げており、中学生になるとCHAGE and ASKAを聴いたり、友人からアコースティック・ギターを教えてもらい長渕剛などを弾いていた[8]。高校生の頃にLOUDNESSを聴いたときは衝撃を受けたという[8]。大学生になると洋楽のHR/HMを聴くようになり、好きなボーカリストとしてデイヴィッド・カヴァデールロニー・ジェイムス・ディオクラウス・マイネスコーピオンズ)などを挙げている[8]。また過去に、自身はTHE ALFEEBLIZARDに影響を受けたとも語っている[9]

エピソード[編集]

  • 私生活では20歳から煙草を吸い続けており、愛煙家である[10]。なお、2017年に掲載されたインタビュー内で小野は(あくまで持論ではあるものの)「煙草は声に影響しない」と語っている[10]。しかし、上述のハイトーンボイスのイメージからか「喫煙をしない」と思い込まれる事があり、その例として出演したとあるイベント先の人物がホテルを取ってくれたのだが、その部屋が「禁煙」であったために一晩中煙草が吸えず苦労したというエピソードをインタビュー内で語った事がある[10]
  • 歌手としてデビューする切っ掛けは、六本木の飲み屋で皿洗いのアルバイトをしていたときに、その会社の社長から「バンドをやっているらしいな、ちょっと歌ってみろ!」と言われ、たまに歌っていたところ、あるとき音楽事務所(スイートベイジル)の社長がやって来て「ウチでやらない?」と誘われたことから[8]
  • デビュー当時からシングル「You're the Only…」のヒット後や紅白歌合戦の出演後も築20年のコーポの6畳一間のアパートに住んでいた[11]。小野は住居にこだわりは無かったが、事務所の人間に「世間体もあるから引っ越して」と言われ、会社が見つけてきた家賃約18万の1LDKのマンションに引っ越したが、いざマンションに住んでみるとカーテンや家具にこだわりだすようになり、その結果短期間でお金が無くなっていき預金はできなかったという[11]

略歴[編集]

1980年代
1989年
1992年
1990年代後半
1999年
2001年
2005年
2006年
  • ボーカルスクール(MOVE)を開設[10]
2007年
  • 8月には活躍の場を広げ、音楽のみならず、演劇の舞台「IMAGINE 9.11」に初出演。同年12月に「アマデウス・ジャパン」で主演。
2009年
  • 5月30日にはヘヴィメタルバンド・GALNERYUSの代役ボーカリストとして、「PURE ROCK JAPAN LIVE 2009」に参加。
  • 9月、GALNERYUSのボーカリストとして正式加入[12]
2011年
  • 11月に洋楽のHR/HMを中心としたカバーアルバム『The Voice -Stand Proud!-』をリリース[13]
  • 少年ジャンプ連載の漫画「HUNTER × HUNTER」のアニメオープニングテーマ歌唱をつとめ、12月にはマキシシングルとして「Departure!」を発売[14]
2012年
2013年
  • 1月26日には自らが命名した公開レコーディングバースデーライブ「TAKE ONE」を行い、8月7日にライブアルバムとして自身の公式SHOPで発売。
2014年
2017年
  • 12月にはデビュー25周年を記念して、往年の洋楽曲をカバーしたカバー・アルバム『VS』をリリース[16]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1992年(平成4年)/第43回 You're the Only… 02/28 LINDBERG
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

ディスコグラフィー[編集]

以下はソロでの作品の記述。GALNERYUSとしての作品はGALNERYUS#ディスコグラフィーを参照。

シングル[編集]

発売日 タイトル
1st 1992年5月21日 ピュアになれ
2nd 1992年6月21日 虹〜ろくでなしBLUES
3rd 1992年8月1日 You're the Only…
4th 1992年11月1日 Fly Away
5th 1993年2月21日 Forever My Love
6th 1993年5月21日 もっと美しくなれ
7th 1993年11月21日 Believe
8th 1994年10月21日 もう一度 君が欲しい
9th 1995年7月21日 いつのまにか君を
10th 1995年8月21日 キレイだね
11th 1995年10月1日 いつのまにか君を(アコースティック・バージョン)
12th 1996年3月25日 二人だけのSTORIES
13th 1996年5月22日 君に来た夏
14th 1996年6月21日 Loving You
15th 1997年6月25日 Sympathy
16th 1997年11月26日 なにがいま僕にできるだろう
17th 1999年2月1日 Heart
18th 1999年11月20日 Feeling
19th 2000年12月22日 WHITE NIGHT
20th 2003年11月19日 I wish〜I hope
21st 2011年12月21日 departure!
22nd 2014年7月16日 KNOCK ON YOUR GATE!

オリジナルアルバム[編集]

発売日 タイトル
1st 1992年9月9日 VOICE of HEART
2nd 1993年4月21日 M.ONO
3rd 1993年12月12日 With All My Heart
4th 1994年11月21日 Tenderness
5th 1996年8月1日 X・CROSS
6th 1997年12月17日 Fragments
7th 2003年5月21日 REBIRTH
8th 2004年11月24日 冬色物語〜Winter Stories〜

コンピレーションアルバム[編集]

発売日 タイトル
1995年10月21日 The Best Single Selection
2008年11月26日 GOLDEN☆BEST 小野正利

カバーアルバム[編集]

発売日 タイトル
1994年6月1日 For Pure Lovers
2011年10月5日 The Voice -Stand Proud!-
2017年12月13日 VS

ライブアルバム[編集]

発売日 タイトル
2013年8月7日 PUBLIC RECORDING BIRTHDAY LIVE 2013「TAKE ONE」

ビデオ・DVD[編集]

発売日 タイトル
1 1992年12月12日 VOICE of HEART
2 1993年10月1日 LIVE in VOICE III TOUR
3 1995年11月22日 The Single Selection
4 2003年2月 REBIRTH 〜10th anniversary〜
5 2009年10月 小野正利 BIRTHDAY LIVE @ duo MUSIC EXCHANGE

書籍[編集]

発売日 タイトル
1 2012年5月25日 限界を超えるハイ・トーンが出せる本

タイアップ一覧[編集]

楽曲 タイアップ 時期
ピュアになれ コニカ「コニカカラーXG400」CMソング 1992年
虹〜ろくでなしBLUES〜 アニメ映画『ろくでなしBLUES』主題歌[17] 1992年
You're the Only… フジテレビ系テレビドラマ『君のためにできること』主題歌 1992年
オリンピアCR機『めぞん一刻〜あなたに会えて、本当によかった〜』CMソング 2009年
Fly Away 日本航空「JAL SKI '93」CMソング 1993年
Forever My Love テレビ朝日系テレビドラマ『ホテルドクター』主題歌 1993年
Keep on Shining アサヒビール「エール6」CMソング 1993年
もっと美しくなれ TDK「SUPER CDing」CMソング 1993年
夏の色、君の色 鈴丹CMソング 1993年
Believe フジテレビ系テレビドラマ『ジルドラ・ラブ』主題歌 1993年
もう君しか見えない NTT「バースデー電報」CMソング 1993年
いつのまにか君を サッポロビール「生づくり」CMソング 1995年
いつでもどこかに 大同生命保険CMソング 1995年
キレイだね 日本石油「ワーキレーガソリン」CMソング 1995年
いつのまにか君を(アコースティック・バージョン) テレビアニメママはぽよぽよザウルスがお好きエンディングテーマ[17] 1995年
二人だけのSTORIES 日本酪農乳業協会「J-MILK」CMソング 1996年
Loving You ポーラ化粧品「デイアンデイ プラッサ」CMソング 1996年
君に来た夏 明治乳業「アクアブルガリア」CMソング 1996年
Sympathy サンスター「薬用APホワイト」CMソング 1997年
Power of Sun ミキハウスCMソング 1997年
なにがいま僕にできるだろう テレビ朝日系『紺野美沙子の科学館』テーマソング 1997年
Heart テレビ朝日系『AXEL』エンディングテーマ 1999年
愛をいまどうしたい ドリームキャストゲーム北へ。』キャンペーンソング 1999年
始まりは君の勇気 田代・かぐら・みつまたスキー場CMソング 1999年
WHITE NIGHT/MOON TEARS PCゲーム『吸血殲鬼ヴェドゴニア』オープニングテーマ/エンディングテーマ 2000年
I wish 〜I hope 映画『アイ・ラヴ・ピース』主題歌&挿入歌 2003年
Departure! テレビアニメ『HUNTER×HUNTER』オープニングテーマ [17] 2011年
KNOCK ON YOUR GATE! テレビアニメ『カードファイト!! ヴァンガード レギオンメイト編』オープニングテーマ 2014年
Fight It Out!! テレビアニメ『ドラゴンボール改 魔人ブウ編 海外版』オープニングテーマ 2014年

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d 小野正利の新着ニュース・新曲・ライブ・チケット情報(プロフィール・バイオグラフィ・リンク)”. BARKS. ジャパンミュージックネットワーク株式会社. 2019年9月1日閲覧。
  2. ^ a b 小野正利(プロフィール)”. CDJournal. 株式会社音楽出版社. 2019年9月1日閲覧。
  3. ^ Galneryus”. オールミュージック. All Media Guide. 2014年9月1日閲覧。
  4. ^ http://ameblo.jp/nakata-chisato/entry-10642771308.html
  5. ^ a b c d http://www.mousa-net.com/news/00472.html
  6. ^ http://ameblo.jp/tanabe-miku/entry-10874021217.html
  7. ^ https://plus.google.com/105842454176256413407/posts/gm1MLysAZVF
  8. ^ a b c d 荒金良介 (2017年12月13日). “小野正利│激ロック インタビュー”. 激ロック. 激ロックエンタテインメント株式会社. 2019年9月1日閲覧。
  9. ^ 紅白歌合戦出場 ハイトーンボーカリストの小野“SHO”正利が加入して六年。GALNERYUS(ガルネリウス)LIVEレポート”. 2015年9月20日閲覧。
  10. ^ a b c d ミリオン歌手小野正利 ヘヴィメタバンドに加入した理由語る”. NEWSポストセブン (2017年1月2日). 2018年10月5日閲覧。
  11. ^ a b 小野正利 紅白もレコ大も「アパート6畳間」から行っていた”. NEWSポストセブン. 株式会社小学館 (2016年12月30日). 2019年9月1日閲覧。
  12. ^ “小野正利、メタルバンド・GALNERYUSに正式加入”. ORICON NEWS (オリコン株式会社). (2009年9月4日). https://www.oricon.co.jp/news/68918/full/ 2019年9月1日閲覧。 
  13. ^ 小野"SHO"正利 カヴァー・アルバム特集!!”. 激ロック. 激ロックエンタテインメント株式会社. 2019年9月1日閲覧。
  14. ^ “小野正利が歌う「HUNTER×HUNTER」主題歌シングルにDVD同梱!”. OKMusic (株式会社オウケイウェイヴ). (2011年10月19日). https://okmusic.jp/news/12988/ 2019年9月1日閲覧。 
  15. ^ “小野正利によるヴォーカル教則本『限界を超えるハイ・トーンが出せる本 (CD付き) 』が発売”. amass. (2012年5月3日). http://amass.jp/4757/ 2019年9月1日閲覧。 
  16. ^ 神谷弘一 (2017年12月16日). “小野正利が語る、25年の音楽人生とシンガーとしての変化 「今は歌そのものをしっかり歌いたい」”. リアルサウンド. 株式会社blueprint. 2019年9月1日閲覧。
  17. ^ a b c 2011 Hunter x Hunter Anime's New Theme Songs Listed”. Anime News Network (2012年3月14日). 2012年9月4日閲覧。

外部リンク[編集]