映像クイズ・ア!知ッテレビジョン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
(映像クイズ・ア!)
知ッテレビジョン

クイズ!知ッテレQ
ジャンル クイズ番組
製作
制作 フジテレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
映像クイズ・ア!知ッテレビジョン
出演者 高島忠夫和田アキ子ほか
放送期間 1981年10月10日 - 1982年3月27日
放送時間 土曜 19:30 - 20:00
放送分 30分
知ッテレビジョン
出演者 高島忠夫ほか
ナレーター 内海賢二
放送期間 1982年4月10日 - 1982年10月2日
放送時間 土曜 19:00 - 19:30
放送分 30分
クイズ!知ッテレQ
出演者 高島忠夫、三波豊和鈴木彩子、大橋ひろみ、由紀さおり明石家さんまほか
ナレーター 内海賢二
放送期間 1982年10月9日 - 1983年9月24日
放送時間 土曜 19:00 - 19:30
放送分 30分

特記事項:
1983年3月までは富士フイルム(現・富士フイルムホールディングス)の一社提供、以後は複数社提供。
テンプレートを表示

映像クイズ・ア!知ッテレビジョン』(えいぞうクイズ・ア しッテレビジョン)は、1981年10月10日から1983年9月24日までフジテレビ系列局(一部の系列局を除く)で土曜 19:30 - 20:00 → 19:00 - 19:30 (JST) に放送されていたクイズ番組である。司会は高島忠夫が担当。当番組は富士フイルム(現・富士フイルムホールディングス)の一社提供。

なお、放送時間移動後は『知ッテレビジョン』、『クイズ!知ッテレQ』として放送された。ここではその両番組についても記す。

概要[編集]

1981年10月10日 - 同年12月19日[編集]

  • 過去から現在までのニュースやスポーツの決定的瞬間、名場面などニュース映像からクイズを出題。
  • 初期においては和田アキ子をパートナー司会に、一般出場者4人の対抗戦としてスタート。
  • クイズを出題する際には高島と和田が「知ッテレビジョン、アッ!」という言葉と共に映像が流れた。
  • 賞金は100点につき10,000円。
  • 優勝した解答者には、解答席の背後のランプが点灯する演出の中で、シンセサイザーを用いたファンファーレが流れ、天井に吊るされていたくす玉が割られて大量の紙吹雪と風船が降ってきた。
  • 3か月で応募者不足から視聴者参加をタレントオンリーへ変えざるを得なくなった。

1982年1月9日 - 同年3月27日[編集]

  • レギュラー解答者VSゲスト解答者のチーム対抗戦に形式が変わった。
  • 視聴者はどちらのチームが何点差(10 - 90点差、100点差以上)で勝利するまたは引き分けかを予想し、葉書で募集した。
    • 〔0-100〕という結果もこの期間内に存在した。このときも予想的中者がわずかながらいた。

1982年4月10日 - 1983年9月24日[編集]

  • 『知ッテレビジョン』に改題。国内のVTR取材から出題。
  • 芸能人解答者5人による個人戦。解答席にはアルファベットで表示されたものになっている。
  • 解答者は答えを解答席に取り付けられた筒に入れ、エアシューターを伝って司会者席まで飛ばしていた。
  • 正解者はポイントのボールが2個送り返される。ただし、司会者の裁量により1個送られるケースもあった。
  • 半年後、三波豊和鈴木彩子・大橋ひろみ(大橋巨泉の姪)の3人をリポーターに迎え『クイズ!知ッテレQ』と改題しリニューアル。
  • 番組最終コーナーは形式が2通り行われている。
    • 『知ッテレビジョン』…エアシューターに飛ばす形式は同じだが最初に正解を早く書いた人にボール4個送り返された。
    • 『クイズ!知ッテレQ』…早押しクイズ。「間違い探しクイズ」または「工場見学クイズ(何を製造しているかを当てる)」で正解した人にボール2個送り返された。
  • 優勝者には、放送回にちなんだ賞品を贈呈した。

主な出演者[編集]

司会[編集]

解答者(『クイズ!知ッテレQ』時代)[編集]

ナレーター(『知ッテレビジョン』以降)[編集]

スポンサーについて[編集]

番組スポンサーは、それまで日曜日に放送されていたクイズ番組『いい旅、ときめき本線〜チャレンジ20,000km〜』から移動した富士写真フイルムが一社提供していたが、『クイズ!知ッテレQ』の途中(1983年4月)で同社が撤退し、複数社提供となった。

ネット局[編集]

フジテレビ系列 (FNS)

クロスネット局
当時TBS系列とのクロスネット局だった福島テレビでは同時ネットで放送[1][2]テレビ山口では、月曜 17:00 - 17:30に放送日時を差し替えて放送していた。本来の放送時間帯に、やはりフジテレビの『オールスター家族対抗歌合戦』を遅れネットで放送していたため。
系列外局について
青森放送(当時日本テレビ系列・テレビ朝日系列とのクロスネット局)でも一時期土曜日の夕方に放送されていたが、1982年秋に打ち切りされた。岩手放送(現・IBC岩手放送、TBS系列)では、土曜12:30からの放送だった。テレビ高知(TBS系列)でも別枠で放送されたことがある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 本来同時間帯に放送されるはずである、毎日放送まんが日本昔ばなし』は、木曜19時に遅れネット。
  2. ^ 19時台後半時代の『映像クイズ・ア!知ッテレビジョン』は、『クイズダービー』同時ネットのため非ネット。
フジテレビ系 土曜19時台後半(1981年10月 - 1982年3月)
前番組 番組名 次番組
フーセンのドラ太郎

単発特番
(19:30 - 20:54)
映像クイズ・ア!知ッテレビジョン
フジテレビ系 土曜19時台前半(1982年4月 - 1983年9月)
知ッテレビジョン

クイズ!知ッテレQ
ローカル枠
【大半の局はパンチDEデートをネット】
フジテレビ 富士フイルム一社提供枠(1981年10月 - 1983年3月)
いい旅、ときめき本線
〜チャレンジ20,000km〜

(日曜10:30 - 11:00)
【複数社提供に変更して継続】
映像クイズ・ア!知ッテレビジョン

知ッテレビジョン

クイズ!知ッテレQ
【1983年4月以降は複数社提供】
(終了)