ええにょぼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ええにょぼ
ジャンル ドラマ
脚本 東多江子
出演者 戸田菜穂
榊原利彦
板東英二
的場浩司
濱田万葉
和田アキ子
丹阿弥谷津子
香山美子
柴田恭兵
ナレーター 室井滋
オープニング 中山美穂幸せになるために
時代設定 平成元年~現代
製作
制作 NHK大阪
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1993年4月5日 - 10月2日
放送時間 連続テレビ小説
放送枠 連続テレビ小説
放送分 15分
回数 全156[1]
テンプレートを表示

ええにょぼ』は、1993年平成5年)4月5日から同年10月2日まで放送された、NHK連続テレビ小説の49作目である。

特徴[編集]

神戸の医大を卒業し研修医となった、宇佐美悠希(戸田菜穂)が主人公。

悠希は大学病院に残ろうとして提出した配属願が仇になり、愼(榊原利彦)との結婚早々にもかかわらず、実家のある京都府伊根町に程近い舞鶴市舞鶴中央病院の内科に配属され、単身赴任状態になる。しかし、上司となった内科部長の高柳から医療の何たるかを学ぶ。その後、遠距離夫婦故のすれ違いや嫁姑問題から離婚の危機などを迎えながらも、医師として成長していく姿を描いた。

京都市舞台が多い京都府舞台の連続テレビ小説では異色の丹後地方メインの作品である。

伊根町独特の、住居の一部に小舟を格納できる「舟屋」が撮影された貴重な映像ともなっている。また、脚本を担当した東多江子が自ら書き下ろしたノベライズ本が角川書店から出版された(後に絶版)。

2003年6月22日には、NHKアーカイブスにて、第144回のみ再放送された。

なお、タイトルの「ええにょぼ」は丹後弁で「美人」を意味する言葉である。

平均視聴率は35.2%、最高視聴率は44.5%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)[2]。全156回。

完全版・総集編共にDVDは未発売。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

朝倉家・宇佐美家[編集]

朝倉(宇佐美)悠希
演 - 戸田菜穂
主人公。
朝倉春江
演 - 香山美子
悠希の母。
朝倉源太郎
演 - 板東英二
悠希の父。
朝倉トキ
演 - 丹阿弥谷津子
悠希の祖母。
朝倉靖男
演 - 今井雅之
悠希の兄。源太郎との血のつながりはない。一時そのことに悩み、遠洋漁業に出る。
朝倉佐和子
演 - 綾瀬るり
朝倉健次郎
演 - 三品守
悠希の弟。
宇佐美愼
演 - 榊原利彦
悠希の夫。結婚早々悠希と別居を余儀なくされる。新婚当初は神戸に住み、一時、仕事の関係で伊根に住んだりしたのだが…。
宇佐美千鶴代
演 - 朝丘雪路
愼の母。
宇佐美潤
演 - 春田純一
愼の兄。

舞鶴中央病院[編集]

医師[編集]

高柳方人
演 - 柴田恭兵
悠希の指導を担当する医師(内科部長)。
梶山房之介
演 - 阿藤海
高橋恵吾
演 - ぜんじろう
市川伸行
演 - 藤原孝一

看護婦・看護士[編集]

岩井初子
演 - 和田アキ子
婦長。
影山悦子
演 - 麻生えりか
井上美保
演 - 神谷けいこ
塚原ゆり
演 - 村崎ゆか
園竜也
演 - 大久保了

その他[編集]

西部奏子
演 - 濱田万葉
元は悠希の患者で自暴自棄になっていたが、悠希と触れ合ううちに落ち着きを取り戻し、看護婦を目指すようになる。
山中小鉄
演 - 的場浩司
悠希の幼なじみで、伊根の漁師。
山中みね子
演 - 末成由美
小鉄の母。
西澤教授
演 - 林与一
悠希の医大の教授。
松宮
演 - 西岡秀記
悠希の医大の同級生。
真理子
演 - 成田恵
悠希の親友。
皆川翔太
演 - 乾圭吾
今井薫子
演 - 吉沢梨絵
水野
演 - 桂小米朝
その他
演 - 翁華栄上村香子多賀勝一南条好輝升毅彦摩呂戸田麻衣子志乃原良子織本順吉丹阿弥谷津子

ほか

その他[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

NHK 連続テレビ小説
前番組 番組名 次番組
ええにょぼ
NHK BS2 連続テレビ小説・アンコール
ええにょぼ