ほいけんた

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ほいけんた
本名 塩田謙一
生年月日 (1965-07-07) 1965年7月7日(53歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
血液型 O型
身長 182cm
言語 日本語
方言 標準語
明石家さんまのものまねする時は関西弁
最終学歴 東京都立日野高等学校
事務所 フリー
活動時期 1982年
現在の代表番組 爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル
配偶者 既婚
公式サイト http://www7b.biglobe.ne.jp/~hoikenta/ 公式サイト

ほい けんた1965年7月7日 - )は、日本のピン芸人(お笑い芸人・ものまねタレント・バラエティーアーティスト)。ものまねトーク演技バルーンアートマジックパントマイムなど様々な芸を得意とするマルチタレントである。本名、塩田 謙一(しおた けんいち)。東京都出身(中野区生まれ、日野市育ち)。身長182cm、体重74kg。

映画の『Mr.BOO!』シリーズが好きで、芸名も『Mr.BOO!』シリーズ主演俳優のマイケル・ホイからとった[1]

芸歴[編集]

  • 1982年、アクションチーム「THE EIGHTEEN ARTS」に入り、芸能界への道を決断。
  • 1983年、劇団ひまわりに入団。俳優として芸能界デビュー。ドラマ、映画、CM、舞台…などに多数出演。出演した映画「Ronin/坂本竜馬」の公開番組にてオリジナルソングを発表〜音楽の才能も発揮。
  • 1985年、劇団スタジオライフに移籍し、舞台に多数出演。役者と平行してお笑いを始め、大阪のストリップ劇場で、お笑いデビュー。
  • 1986年、引田天功 (2代目)主演のミュージカルに出演、アシスタントを経て、マジシャンとしても活動[2]。マジックの特番などに多数出演。
  • 1988年、この年にオランダで行われた『FISM』に参加。六本木のショーパブを中心に活動。お笑いライブや、街頭パフォーマンスなどの活動を開始。
  • 1991年、オーストラリアで行われた『ジャパンフェスティバル』に、日本の芸人として招待された。イベント終了後もしばらくオーストラリアでパフォーマンスをしながら生活。この頃よりバルーンアートでオリジナル作品創作を開始する。
  • 1993年、『発表!日本ものまね大賞』に出演し、テレビで初めて明石家さんまのものまねを披露。キングレコードより、CDアルバム「るす電メッセージSHOW」を発売。
  • 1995年、お笑いコンビ「BARAKING」を結成。フジテレビ「北野ファンクラブ」などに出演。
  • 1996年、所属事務所が倒産したため、コンビ解散、フリーとなる。ピンでの活動を再開。
  • 1997年、衛星デジタルラジオで、冠ラジオ番組がスタート。
  • 1998年、千葉テレビ「らんらんランチバ」にレギュラー出演。テレビ東京の番組でバルーンの達人として紹介され、オリジナル作品を多数発表。
  • 1999年、原田ヒロシ座長公演に参加、芸人としてだけでなく俳優としての実力も発揮。バルーンオリジナル作品が商品化〜「ほいけんたバルーン作品集」が発売される。
  • 2000年、渋谷を中心としたライブ活動。俳優として再現ドラマやCFなど多数出演。
  • 2001年、パントマイム劇団にゲストとして参加する。東京ディズニーシー/ホテルミラコスタの披露宴のショーにレギュラー出演開始(この年から7年間出演する)
  • 2002年、『バラエティーアーティスト』というオリジナルの肩書きを発表。更に活動の範囲を広げる。
  • 2003年、幼稚園や保育園の卒園謝恩会向けのプログラムを発表。
  • 2004年、ブティック社より、初の著書「たのしいバルーン工作」が発売される。
  • 2005年、パントマイム劇団にゲストとして参加し、作品作りや演出なども手がける。赤坂『うさぎや』や銀座『BAR12時』などにマジシャンとしてレギュラー出演。
  • 2006年、パントマイム劇団にオリジナル作品「魔法でポン!」を書き下ろし提供。
  • 2007年、ブティック社より「たのしいバルーン工作」を更に豪華にした改訂版が発売される。
  • 2008年、全国のイベントに出演するだけでなく、イベントプロデュースやバルーン装飾なども行う。ブティック社より2冊目の著書「楽しく作ろう!バルーン工作」が発売される。
  • 2009年、フジテレビ『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』の1コーナー「全国ホンマに似てんのか?大集合」に出演、明石家さんまのものまねを披露し、以降番組レギュラーとなる。日本テレビ『24時間テレビ』などに出演。FM西東京『ほいけんたのクレイジー西東京/毎週水曜日オンエア』を半年間放送。麻布十番『リトモ・ディ・ブリブリブッスン』のスポットゲストで出演開始。
  • 2010年、TBS「さんまのSUPERからくりTV」、テレビ東京『やりすぎコージー』などに出演。ブティック社より「改訂版たのしいバルーン工作」を更に豪華にした増補改訂版が発売される。新宿『そっくり館キサラ』、土浦『歌芸夢者』、大宮『ボイスバーJ★ジェイ』にレギュラー出演開始。
  • 2011年、『めちゃ2イケてるッ!』、テレビ東京『ピラメキーノ』、読売テレビ『情報ライブ ミヤネ屋』などに出演。全国のホテルでディナーショーなども行う。年末に東京タワーで行われたイベント『今年の顔展 in TOKYO TOWER』を明石家さんまになりきって盛り上げ、フジテレビ『FNNスーパーニュース』などに出演。
  • 2012年、六本木『SHANK』にレギュラー出演開始。
  • 2013年、日本テレビ『SKE48のエビフライデーナイト』に出演。
  • 2015年、ほいと同じく明石家さんまのものまねを得意ネタとする原口あきまさとともに、関西テレビ『さんまのまんま』に出演。
  • 2017年、日本テレビ『PON!』に出演[2]

趣味・特技[編集]

芸風[編集]

  • 明石家さんまのものまねが得意で、容姿、声色、台詞、身振り手振りなどの動き、更には本物のさんまなら取るであろうリアクションまで完璧に再現している。きっかけは1993年頃、お笑い芸人として六本木のショーパブでステージに立ち、当時ブレイクしていたMr.マリックのパロディーコントをしていた頃、マリックの髪型が『おそ松くん』のキャラクター、イヤミの髪型に似ていたため、振り返るとイヤミになっているというボケをショーの中でやっていたが、出っ歯をつけた姿が明石家さんまに似ていることに気付いたこと。最初は声出しはなく形態模写から始めた[3]。『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』などのものまね番組でさんまの出演番組のパロディネタを披露している。さんまのモノマネと言えば原口あきまさと認識されているが、さんま本人の前で披露しているのは、ほいけんたが先であったが、その後事務所が倒産したため仕事が来ず、後輩の原口が後にブレイクしてしまっている。その後、明石家さんまの再現VTRでさんまを演じている。なお、その後の訓練により声真似もしているが、本人曰く「テレビ出演時のさんまさんが発している音域で声を張り続けると、喉が潰れ」てしまうため、さんま本人からも「もっと声を張れ」と言われるものの、テンションの高いテレビ出演時のさんまのトーンではなく、ラジオの時のさんまのトーンで定着したとのこと[4]
  • 大竹しのぶのモノマネをする中垣みな、IMALUのモノマネをする寛香と「さんま一家」として共演する。(2018年3月18日放送『行列のできる法律相談所』でゲストである大竹しのぶ本人と初共演)
  • バルーンアートが得意で、ショーイベントなどで各種パフォーマンスを行うことが多い。

主な出演[編集]

テレビ番組[編集]

書籍[編集]

『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』で披露したものまね[編集]

  • 2009年4月7日 - 番組初出演。1コーナー「全国ホンマに似てんのか?大集合」に出演して、明石家さんまのものまねを披露。
  • 2009年9月29日 - 白組で出演。もっぷんと共に明石家さんま・木村拓哉のものまねで『さんまのまんま』のパロディネタを披露。
  • 2010年1月5日 - 紅組で出演。もっぷんと共に明石家さんま・木村拓哉のものまねで『恋のから騒ぎ』のパロディネタを披露。
  • 2010年3月30日 - 紅組で出演。ものまねSMAPと共に明石家さんま・SMAPのものまねで『SMAP×SMAP』の「BISTRO SMAP」のパロディネタを披露。
  • 2011年1月7日 - 紅組で出演。松村邦洋と共に明石家さんま・ビートたけしのものまねで『さんまのまんま』のパロディネタを披露。
  • 2011年3月18日 - 白組で出演。楽しんごと共に明石家さんまのものまねで『さんまのまんま』のパロディネタを披露。
  • 2011年9月27日 - 紅組で出演。島田ひでとしと共に明石家さんま・中居正広のものまねで『FNS27時間テレビ』の「さんま・中居の今夜も眠れない」のパロディネタを披露。
  • 2011年12月31日 - 白組で出演。高橋真麻と共に明石家さんまのものまねで『明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー』のパロディネタを披露。
  • 2012年3月24日 - 紅組で出演。おおともりゅうじミラクルひかると共に明石家さんま・小林克也YOUのものまねで『ベストヒットUSA』のパロディネタを披露。
  • 2012年9月21日 - 白組で出演。松村邦洋・おおともりゅうじと共に明石家さんま・ビートたけし・矢沢永吉のものまねで『オレたちひょうきん族』のパロディネタを披露。
  • 2013年2月1日 - 紅組で出演。ミラクルひかると共に明石家さんまのものまねで「さんちゃんの週刊グルメニュース」を披露。
  • 2013年10月29日 - 8つのチーム対抗戦で「今夜はありえない不思議なオーダーが続々登場! ものまねビストロSMAP」チームで出演。ものまねSMAPなどと共に明石家さんま・SMAPなどのものまねで『SMAP×SMAP』の「BISTRO SMAP」のパロディネタを披露。
  • 2014年4月13日 - 白組で出演。我が家と共に明石家さんま・タモリのものまねで『笑っていいとも!』の「テレフォンショッキング」のパロディネタを披露。
  • 2014年11月4日 - コージー冨田・松村邦洋と共に明石家さんま・タモリ・ビートたけしのものまねで『笑っていいとも!』の「テレフォンショッキング」のパロディネタを披露。
  • 2015年5月8日 - 1コーナー「顔もネタも15秒でSHOW!!」に出演して、北条ふとしと共に明石家さんま・マツコ・デラックスのものまねを披露。
  • 2016年5月6日 - 1コーナー「顔もネタも15秒でSHOW!!」に出演して、北条ふとしと共に明石家さんま・マツコ・デラックスのものまねを披露。
  • 2017年6月2日 - 1コーナー「ものまね大好きさん!大集合」に出演して、中垣みな・寛香と共に明石家さんま・大竹しのぶIMALUのものまねを披露。
  • 2017年9月8日 - 1コーナー「ものまね大好きさん!大集合」に出演して、中垣みな・寛香と共に明石家さんま・大竹しのぶ・IMALUのものまねを披露。
  • 2018年5月11日 - 2回ものまねを披露。1回目は白組で出演して、1コーナー「下克上決戦! 最強新人大集合」で、郷ひろみのものまねで「よろしく哀愁」を披露。2回目は紅組で出演して、中垣みな・寛香と共に明石家さんま・大竹しのぶ・IMALUのものまねで「明石家ファミリー漫才」を披露。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ さんま公認!?ほいけんた/気になリスト”. 日刊スポーツ (2014年1月11日). 2013年1月24日閲覧。
  2. ^ a b c “さんまモノマネのほいけんた、地声は驚きのクリス・ペプラー”. デイリースポーツオンライン. 神戸新聞社 (デイリースポーツ). (2017年2月2日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/02/02/0009881186.shtml 2017年2月2日閲覧。 
  3. ^ ほいけんた、明石家さんま公認ものまねタレントが語る「憑依」の瞬間(1/4)”. 週刊女性PRIME. 主婦と生活社 (2018年4月29日). 2018年7月13日閲覧。
  4. ^ ほいけんた、明石家さんま公認ものまねタレントが語る「憑依」の瞬間(4/4)”. 週刊女性PRIME. 主婦と生活社 (2018年4月29日). 2018年7月13日閲覧。

外部リンク[編集]