快傑熟女!心配ご無用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

快傑熟女!心配ご無用』(かいけつじゅくじょ しんぱいごむよう)は、1997年4月15日から2000年9月まで、TBS系全国ネットで放送された人生相談番組である。放送時間は、毎週火曜19:00 - 20:00(JST)。

概要[編集]

様々な悩みを持つ一般女性(時には一般男性の相談も受け付けた)に対し、経験豊富な「熟女」が解決のアドバイスをする番組。息子と超えてはいけない一線を超えた、嫁姑問題、不倫をやめたいなど、かなり赤裸々な悩みが多かったことも特徴であった。

熟女たちの中心だった野村沙知代が不祥事で1999年9月に降板。同年10月以降からは、山城新伍若林正人デーブ・スペクター大仁田厚などの男性パネラーが加わった。

2000年9月をもって3年半の放送終了。2001年3月22日に特番が放送された[1]

司会者[編集]

熟女一覧[編集]

スポンサーに関して[編集]

1999年に野村沙知代の脱税疑惑や学歴詐称の説で、筆頭スポンサーのP&Gが一時期提供クレジットを自粛。その後、P&Gと同じ筆頭スポンサーだった日本リーバ(現・ユニリーバ)とニトムズも一時期提供クレジットを自粛し、野村降板の9月までは各社扱いのブロックドラッグジャパン(現・グラクソ・スミスクライン)とデ・ビアスだけになった。また、この年の夏の2時間スペシャル編成時は8時の『学校へ行こう!』のスポンサー(日本リーバ・P&Gのほかに大塚製薬カルビーアース製薬)も自粛された。

コカ・コーラは野村降板と同時期にレギュラー時のスポンサーを降板。野村降板後のこの年の秋に放送された2時間スペシャルでは概ねのスポンサーも提供クレジットも復帰したが、『学校へ行こう!』のスポンサーのコカ・コーラは自粛した。

エンディングテーマ[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

TBS 火曜19時枠
前番組 番組名 次番組
快傑熟女!心配ご無用