全員出動おじゃましま〜す!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
全員出動おじゃましま〜す!
ジャンル バラエティ番組
出演者 桂三枝
森田つぐみ
山城新伍
丹下キヨ子
ほか
製作
制作 テレビ朝日
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1977年4月17日 - 1977年7月17日
放送時間 日曜 20:00 - 20:54
放送分 54分
テンプレートを表示

全員出動おじゃましま〜す!』(ぜんいんしゅつどうおじゃましま〜す)は、1977年4月17日から同年7月17日までテレビ朝日系列局で放送されていたテレビ朝日製作のバラエティ番組である。放送時間は毎週日曜 20:00 - 20:54 (日本標準時)。

概要[編集]

前番組『いたずらカメラだ!大成功』に替わってスタートした後継番組で、当時各局の特番でたびたび放送されていたドッキリ企画の変形版「指令ドッキリ」を初めてレギュラー化した番組だった。番組は毎回「おじゃまマン」と呼ばれる5人の芸能人たちが自らに課された無茶な指令を遂行し、それを審査員役である「ドクダンズ」(「独断's」の意味)が審査するという形式で進行。ドクダンズから最も高い評価を得たおじゃまマンには番組特製メダルが授与された。

出演者[編集]

司会[編集]

この両者は、『いたずらカメラだ!大成功』から司会を務めていた。

ドクダンズ[編集]

おじゃまマン[編集]

進行[編集]

まずおじゃまマンが1人呼び出され、本人に課された指令内容がナレーションで告げられた。そして、指令を実行する様子を収めたVTRが放送された(その間におじゃまマンは元の椅子に戻る)。VTRの終了後、ドクダンズがおじゃまマンの実行内容について批評し、「成功した」と思ったらその分だけドクダンズがおじゃまマンの座っている椅子を操作して上昇させた(『クイズタイムショック』と同じ方式)。逆に、「失敗した」と思ったら椅子を下降させた。

全員のVTRの放送が終わった時点で一番椅子が上まで行った(つまり一番成功した)おじゃまマンは「おじゃま大賞」に認定され、番組特製メダルを授与された。逆に、椅子が下がった(失敗した)おじゃまマンは「オオダメマン」となり、放送週ごとに内容が変わる罰ゲームを受けた。鶴光がオオダメマンになることが多かった。

備考[編集]

番組の終了後、『あの手この手お隣りさん!』がスタートするまで2週にわたって18:30からプロ野球中継が行われていた。その2週分では雨傘番組として本番組の総集編が放送される予定だったが、放送されることはなかった(毎日新聞より[どれ?][要ページ番号])。


テレビ朝日系列 日曜20:00枠
前番組 番組名 次番組
いたずらカメラだ!大成功
(1976年4月11日 - 1977年4月10日)
全員出動おじゃましま〜す!
(1977年4月17日 - 1977年7月17日)
あの手この手お隣りさん!
(1977年8月7日 - 1977年9月25日)