木曜洋画劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
木曜洋画劇場
ジャンル 映画番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ東京
出演者 解説者参照。
音声 二ヵ国語(洋画放送時)
ステレオ(邦画放送時、一部作品を除く。)
外部リンク 公式サイト
開始から1969年9月まで
放送時間 木曜日21:00 - 22:26(86分)
放送期間 1968年2月8日 - 1969年9月25日
1969年10月から終了まで
放送時間 木曜日21:00 - 22:56(→22:55→22:54)(116→115→114分)
放送期間 1969年10月2日 - 2009年3月26日

特記事項:
一部の作品では、時間帯を拡大して放送されることもあった。
テンプレートを表示

木曜洋画劇場』(もくようようがげきじょう、Thursday Movie Theater)は、テレビ東京系列木曜日の21:00 - 22:54(JST)に放送されていた映画番組枠。

概要[ソースを編集]

この番組は、当時財団法人日本科学技術振興財団テレビ事業本部だった1968年2月8日にスタートした。

スタートから1969年9月25日までは90分枠(21:00 - 22:26)だったが、1969年10月2日から22:56まで延長、その後は1974年10月より22:55まで、1975年10月より22:54までに短縮された(いずれも天気予報枠拡大のため)。アクションやSF、ホラー映画などを中心としたラインナップであった。

吹き替えによる放送で、作品の内容によりステレオ放送又は2か国語放送(デジタル放送ではステレオ2音声で放送の場合あり)となっている。また、字幕放送も行われている。

以前は21:00から『木曜洋画劇場 今夜の見どころ』と言う解説が存在し、21:02からのスタートだった(テレビ愛知では解説番組がなく21:00からスタートした時期があった)。しかし、2003年3月27日放送の『ロボコップ』(1987年アメリカ映画)を最後に解説が廃止され、その翌週の4月3日の『アンタッチャブル』(同)から21:00丁度からのスタートとなった。

CM明けでは、他局のように映画タイトルと番組名とを一緒に表示せず、映画タイトルのみを表示している。また、提供クレジット形式での送出ではなく初めから埋め込みにしている。

2001年から2003年までは邦画の1つである『男はつらいよ』シリーズ全48作が(本番組だけでなく、『日曜ビッグバラエティ』など他の枠を含めて)随時放送され、「寅さん全48作大放送」という番組名を与えられた(2006年2007年NHKが放映権を買い、BS2で全シリーズが放送)。

なお、邦画を放送する際は番組名を「木曜洋画劇場特別企画」に変更して放送した。場合によっては、番組と一切名乗らない事もあった。

2007年7月5日に放送回数が2000回を迎えた。時々放送が休止になる場合もあれば、放送時間を30分、あるいは1時間拡大する場合もある。なお、2008年9月4日は『TVチャンピオン2』の3時間スペシャルで番組自体が休止、通常の番組スポンサーは『TVチャンピオン2』3時間スペシャルの中に振り替え提供となっている。また、放送のある木曜日には、2008年8月7日放送分よりワンセグのみで実施していた連動データ放送が、地上波デジタル放送でも実施されるようになった。

2009年3月26日をもって放送を終了し、41年の歴史に終止符を打った。

放送時間の変遷[ソースを編集]

放送期間 放送時間 (JST)
1968.02 1969.09 木曜日 21:00 - 22:26(086分)
1969.10 1974.09 木曜日 21:00 - 22:56(116分)
1974.10 1975.09 木曜日 21:00 - 22:55(115分)
1975.10 2009.03 木曜日 21:00 - 22:54(114分)


オープニング映像[ソースを編集]

放送開始 - 1980年代前半
「木曜洋画劇場」と手で描かれた1枚絵のフリップに音楽をかぶせたタイトルが使用されていた。
1980年代前半 - 1989年3月
宇宙の星をバックに、名作映画の透明キャラクターが続々出て来て、その後に明朝体で書かれたタイトルが表示された。
1990年4月 - 1991年3月
宇宙の絵に「木曜洋画劇場」と書かれた映画フィルムが6コマ下から上に流れ、7コマ目が全面に広がり番組ロゴの下に映画タイトルが表示される。
1989年4月 - 1997年9月
街のビルが伸びたり縮んだりするアニメーション(『スーパーマン』『ジョーズ』などハリウッド映画の歴史的名作に似たキャラが出ていた。但し、スーパーマンの顔はのっぺらぼうにするなど著作権には配慮している。)。後続の『水曜シアター9』最終回のラストにも使用された。
1997年10月 - 2003年12月
フィルムそのものが映り、そのフィルムに英語の文字が浮かぶ(特別版の際には砂嵐の様な映像が流れる)。BGMはカチカチカチというフィルムが巻かれる音と無線を通した外国人男性の声だった。
2004年1月 - 2005年12月
天の川(?)をモチーフにしたCGに、「こ~よいあなたとみ~たい もくよ~よ~がげきじょ~」という男声のコーラスが流れていた。後続の『水曜シアター9』最終回のラストにも使用された。
2006年1月 - 2009年3月
冒頭に題字を表示させて、「今夜の木曜洋画劇場は、○○。ご覧ください」と放送内容を軽く紹介するのみで(但し、放送内容によっては番組予告に匹敵する程のナレーションがなされる場合もある。)、OP・EDのCGは事実上廃止された。ハイビジョン時は木曜洋画劇場の文字は白で、4:3映像の時は色付きとなる。なお、2007年7月のタイトルロゴ変更後もオープニング映像は変わっていない。

解説陣[ソースを編集]

  • ゴールデンタイムの映画解説者としては珍しく女性である。怖い映画を放送する時は「子供は寝ましょう」と言う事もあった。決め台詞は「あなたのハートには何が残りましたか?」。木村の降板で、民放キー局のゴールデンタイムの映画番組に専属の解説者は存在しなくなった。

特色[ソースを編集]

昔の本番組は他局に比べて古い作品やB級と言われる作品が多く、『エマニエル夫人』『さよならミス・ワイコフ』などのソフトコア作品を放送する時に予想外の高視聴率を稼ぐ、といった事が多かった。また、外国のミニTVシリーズ(『ファニア歌いなさい』『豪華客船ゴライアス号の奇跡』『第三次世界大戦』『大脱走!カウラ捕虜収容所』など)を一挙放送するなどの大胆な選定もあった。

地上波の洋画番組の中では日本語吹き替え版制作に力を入れており、公式サイトには主要声優キャストだけでなく吹き替え版が新規収録か既成の物かも明記する方針が採られている。また、1つの映画で幾つも吹き替え版が制作される中、独自に吹き替え版を制作する際は日曜洋画劇場やビデオ等で定番のお馴染みの吹き替えキャスティングを踏襲することも多く、ケヴィン・コスナー津嘉山正種(『アンタッチャブル』、『ウォーターワールド』、『ワイアット・アープ』)、シルヴェスター・スタローンささきいさお(『追撃者』、『ドリヴン』、『D-TOX』)、トミー・リー・ジョーンズ小林清志(『追跡者』、『ハンテッド』)、スティーブン・セガール大塚明夫(『沈黙の聖戦』)、ジャン・クロード・ヴァンダム山寺宏一(『ノック・オフ』、『レジョネア 戦場の狼たち』、『ヴァン・ダム IN コヨーテ』、『レプリカント』)、ロビン・ウィリアムズ江原正士(『インソムニア』)、メル・ギブソン磯部勉(『パトリオット』)、ロバート・デ・ニーロ小川真司(『ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ』)、チャーリー・シーン堀内賢雄(『プラトーン』)、アル・パチーノ野沢那智(『インソムニア』)最後に放送した洋画作品であるトム・クルーズの出世作トップガンでは近年で少なかった吹き替え版の新規収録を行い鈴置洋孝に代わりフィックスとなった森川智之を起用した。

他局の吹き替え洋画をそのまま流したり、リマスターしていない退色した映像をそのまま流していた時期もあった。また本番組で放送された作品が2週間後には1時間半枠の『2時のロードショー』(→『シネマサロン』、その後2時間枠化して『シネマタウン』→『午後のロードショー』)で放送されるケースもあった。

番組予告[ソースを編集]

木村奈保子時代の予告や番組宣伝は、他局の巧みな編集に対し、映画本編の見所を3カットほど貼り合せただけの予告映像に局アナのナレーションをかぶせただけのものだったが、2004年頃より独特の言い回しやフレーズ、明らかにネタに走った吹き替え字幕、声優による個性的なナレーションを使ったものとなった(時には、自局や他局の番組からネタを引っ張ることもあった)。携帯サイトでは着ボイスのダウンロードサービスも行われていた。2006年10月から2008年3月まで、「副副音声」として立木文彦による番組前の「予習」と番組後の「復習」(共に有料だが一部無料)解説サービスを行っていた。

これらの特徴的な予告は、水曜シアター9にも途中から引き継がれている。

ジャン=クロード・ヴァン・ダム主演の映画の放送回数が多く、その番組予告にも以下の通りな特徴がある。映画の大筋にあまり関係ないシーンをフィーチャーする事が多く、なぜかヴァンダムの尻が映るシーンが多い。

2012年10月20日公開の映画エクスペンダブルズ2のweb限定予告編で、「木曜洋画劇場風」と銘打った予告編が当時のスタッフを再結集し製作された。出演者にジャン=クロード・ヴァン・ダムもいるため、「ジャンジャンジャジャン、ジャン=クロード、ヴァンヴァンヴァヴァン、ヴァンヴァヴァンダム!」のフレーズも復活した。

  • レプリカント
    • 「ハッスルマッチョが、ニバーイニバーイ!! これが究極、ダブルゼータヴァンダム!!」(ナレーターは立木文彦
    丸八真綿のCMに於ける高見山のセリフ、後半は『機動戦士ガンダムΖΖ』の主役メカダブルゼータガンダムのパロディ。
    • 「同じ筋肉、大激突!! どっちが勝っても…、ヴァンダボー!!」(ナレーターは千葉繁
  • ダブルチーム』(ナレーターは中田譲治
    • 「うーん、ヴァンダム…」
    化粧品マンダムのCMに於けるチャールズ・ブロンソンの有名なセリフ「うーん、マンダム」のパロディ。
    • 「ハッスルマッチョ、三つ巴!!」
  • ノック・オフ』(ナレーターは玄田哲章
    • 「ジャンジャンジャジャン、ジャン=クロード、ヴァンヴァンヴァヴァン、ヴァンヴァヴァンダム!」
    なお、このフレーズは「午後のロードショー」でのヴァンダム主演映画特集・『ヴァンダミング4』の予告にも用いられ、そのラインナップに本作も含まれている。
    エクスペンダブルズ2のweb限定予告編でも使用された。
    • 「ヴァンダムが香港で、筋肉…フィーバー!! WOW!! 全身の毛穴で受け止めろ!!」
  • レジョネア 戦場の狼たち』(ナレーターは鈴木英一郎
    • 「戦うヴァンダム、恋するヴァンダム、涙のヴァンダム、究極のジャン=クロード・ヴァン・ダム!! スーパーヴァンダミングアクション、行くぜ!!」

他にも肉体派のアクション俳優が主演する作品では、テンションは高いが本編と無関係なフレーズや、特徴的な当て振り仮名を使用した予告が多い。

  • シルヴェスター・スタローン - 内容とは無関係に「男の○○」と銘打たれる事が多い。
    • 「男の教科書」「ナンパの参考書(共演のミッキー・ローク)」「猫パンチの痛みに耐えろ!スタローン(ミッキー・ロークがKO勝ちした際のパンチをネタにしている)」「そんなパンチじゃ何発食らわせても、スタローンにゃ効かねえな(スタローンが殴られてダウンしたシーンに被せている)」「ナンパなチャラ坊はスタローンに土下座」(『追撃者』)
    • 「男のリトマス試験紙(コブラのタイトルは赤と青の二色で構成されている)」「頼りになるのはゴリラよりコブラ!(1986年に同時公開されたアーノルド・シュワルツェネッガー主演の「ゴリラ」をネタにしている)」(『コブラ』)
    • 「男のカーナビ」「走りゃマトモじゃいられねえ・・・CRASH上等・まっすぐ<G轟O>!(放映された2007年に前月まで同局で放送されていた深夜アニメ「がくえんゆーとぴあ まなびストレート!」のパロディ)」「俺、今度優勝したら結婚するんだ」「死んでも観ろ!!(でも死んだら観らんないよ・・・)」また本編のシリアスなシーンに、デタラメな字幕をつけた映像が最後に入る(『ドリヴン』)
    • 「生き残(サバイバ)れ!!」(『デイライト』)
  • ウェズリー・スナイプス - 内容とは無関係に「○○番長」と銘打たれる事が多い。
    • 「アクション番長」「番長を怒らせた罪により全員…死刑!」「生まれながらの…《地獄之鬼》(「BANG-CHOW」とルビが振ってあり、「ばんちょう」と読む)だぜッ!」(『ブレイド』)
    • 「アクション特急、重量編成通過待ち」「電車番長」「電車痛筋!!」(『マネー・トレイン』)
    • 「秘密番長(エージェント)は見た!!(「家政婦は見た!」のパロディ)」(『アート・オブ・ウォー』)
    • 「ハルマゲ番長(又は汎用人型決戦番長)」(『ブレイド3』)
  • アーノルド・シュワルツェネッガー - 番組放送時、カリフォルニア州知事2003年2011年)であることや、ビルドアップされた体がアップになるシーンをことさら強調する。
    • 「カリフォルニアからやってきた鋼(あいつ)」「闘う州知事、シュワちゃんは公約します」「1つ、超現場主義の徹底!」「2つ、宇宙人不法滞在の撲滅!!」「力こぶれ、肉密度1000%!!!(シュワルツェネッガー本人が出演していたカップヌードルのCM -キャッチコピーが『ちからこぶる。』だった- のパロディ)」「「これがシュワ流、拳のマニフェスト!!!!」など(『プレデター』)
    • 「怪力!!鉄骨州知事」「鉄骨州知事はタフネス設計」(『コマンドー』)
    • 「あの大物州知事も電撃参戦」(『ランダウン ロッキング・ザ・アマゾン』クレジットには名前が無く、通り過ぎるだけのカメオ出演)
  • スティーヴン・セガール - セガールが関西弁を話せたことから、予告のみ吹き替え字幕が関西弁になっている。また父親であることも強調されている。
    • 「オヤジの拳固は死ぬほど痛い」「言うたやろ、怒らせンなや!」「理想の父親像No.1 スティーヴン "パパ・ザ" セガール主演。」(『沈黙の断崖』)
    • 「お父ちゃんコワイ・・・人類みんな・・・滅んでしまうん?(火垂るの墓の節子のセリフのパロディ)」「安心せぇ、お父ちゃんが絶対! お前と人類、救うたるッ!!」「戦闘医師(バトルドクター)セガール先生!孤島どころか世界があぶない!(放送日の前週までは放送時間が被る木曜夜10時からは「Dr.コトー診療所」が他局で放送されていた)」(沈黙の陰謀

主な企画[ソースを編集]

テレビ東京開局20周年記念
  • 1988年頃にジャッキー・チェン主演の「神拳 ヤング・ボディーガード」が放送された。
20世紀名作シネマ
30周年特別企画
35周年特別企画
闘魂祭4番勝負
  • 2005年7月1900回突破記念として、『フレディVSジェイソン』『レプリカント』『追撃者』『ビロウ』の4作品を放映した。いずれもややB級映画に属し、同時期に他局が当時の劇場公開作に連携した『スター・ウォーズ』シリーズ一色だったのに対し、独自色を出しており、番組予告も特徴的だった。
  • タイトルロゴは現在ゴシック体で、ナレーションは立木文彦(ラインナップの予告コマーシャル・『フレディVSジェイソン』予告・『ビロウ』予告及びアバンタイトル)・レニー・ハート(『フレディVSジェイソン』タイトルコール・2週目以降の予告タイトルコール)・千葉繁(『レプリカント』予告及びアバンタイトル)が担当した。
陽春成龍祭(春のジャッキー・チェン祭り)
特別企画 植木等さん追悼
2000回記念

スタッフ[ソースを編集]

エンディングテーマ曲[ソースを編集]

  • 『Fのロマンステーマ』-「小さな恋のメロディ」のサントラに収録されている。(放送開始頃から1989年3月まで)

ネット局[ソースを編集]

以下は、放送終了時の同時ネット局。

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]

東京12チャンネル 木曜21:00 - 22:26枠
前番組 番組名 次番組
木曜洋画劇場
(1968年2月 - 1969年9月)
木曜洋画劇場
(枠拡大)
東京12チャンネル→テレビ東京系列 木曜21・22時台
木曜洋画劇場
※21:00 - 22:26
プロ野球展望
※22:26 - 22:30
おとぼけ娯楽版
※22:30 - 23:00
木曜洋画劇場
(1969年10月 - 2009年3月)