野沢直子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
野沢 直子
本名 ナオコ・オークライヤー
生年月日 1963年3月29日(53歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
血液型 B型
身長 158cm
最終学歴 東京農業大学第一高等学校
事務所 吉本興業
活動時期 1983年 -
同期 ダウンタウン
清水ミチコ
象さんのポット
おかけんた・ゆうたなど
過去の代表番組 夢で逢えたら』、『森田一義アワー 笑っていいとも!』『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!
配偶者  既婚
公式サイト 吉本興業 プロフィール

野沢 直子(のざわ なおこ、1963年3月29日 - )は、日本お笑いタレント。本名、Naoko Auclairナオコ・オークライヤー、旧姓、野沢 直子)。

東京都出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。祖父は作家陸直次郎、叔父は声優演出家野沢那智、いとこは俳優野沢聡サンフランシスコ在住。

来歴・人物[編集]

東京農業大学第一高等学校在学時に、所ジョージが司会を担当していた素人参加番組『ドバドバ大爆弾』(テレビ東京系)に出演。その様子が、大御所お笑いタレントの目に止まり、スカウトされ、1983年に芸能界デビュー。一時期劇団テアトル・エコーに入団するも、芸風が合わなかった為にあっさり退団。その後、叔父の野沢那智が吉本興業の木村政雄に野沢を紹介したことがきっかけで吉本興業に入社。吉本興業に所属してからは、突拍子もない話術、奇抜な服装等で話題となり、同年代のダウンタウンウッチャンナンチャン清水ミチコと共演したコント番組『夢で逢えたら』(フジテレビ系)などの人気番組に出演する。清水や小川菜摘KABA.ちゃんとはプライベートでも大の親友である。

1991年3月、日本での芸能活動休止を宣言、それまで出演していた全てのレギュラー番組を降板。単身渡米する。バンド仲間で知り合ったギタリストのボブ・リンプと結婚した後は、日本からアメリカに活動の舞台を移し、アメリカで舞台をしながら年に1〜2度日本に帰国してゲスト、解答者としてテレビに出演し、大橋巨泉に次ぐ出稼ぎタレントとして有名である。日本滞在中は実家で過ごすが、2013年は実家が使えないため、友人の小川に誘われて浜田家に滞在し、浜田家に届く御中元を食べて生活していることを明かした[1]

現在は1男2女の母親である傍ら、年1度程(主に子供が夏休みに入る夏に)帰国して様々な番組に出演する。夫のボブと一緒にバンドとして出演した事もあったが、演奏はガレージ・サウンドを地でいく破天荒さだった。 一時期、春一番と交際していた事を2006年8月21日放送の『クイズ!紳助くん』(朝日放送)で激白。実際、1987年9月に春一番との交際記事が写真週刊誌『FLASH』によって報じられている。

日本テレビ系の人気クイズ番組だった『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』に約2年半2枠レギュラー解答者として出演。その素っ頓狂な言動と破天荒な解答で、周囲を笑いの渦に引きずり込んだ。特に司会を務めた逸見政孝は当時フジテレビアナウンサーからフリー司会者に転身したばかりで、野沢の言動に振り回されたが、同番組のレギュラー解答者だった山城新伍は「真面目一本だった逸見政孝を、あそこまで面白いキャラクターに育てたのは、野沢直子の功績が大きい」と評価していた。

小沢仁志とは同じ中学の同級で1年生の時は同じクラスだった。2016年7月9日放送の『特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル』(読売テレビ)で小沢と一緒にゲスト出演し、このことを話した[2]

出演番組[編集]

結婚後は日本では年に1〜2回、不定期に「出稼ぎ」と自称するゲスト出演を行っている。

過去の出演番組[編集]

関西ローカル[編集]

中京ローカル[編集]

CD[編集]

映画・舞台[編集]

小説[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Sponichi Annex2013年7月24日『野沢直子 浜田雅功の家に居候中「お中元バンバン食べてる」』
  2. ^ 野沢直子と小沢仁志、中学の同級生だった 「中1のとき同じクラス」”. デイリースポーツ (2016年7月9日). 2016年7月9日閲覧。